高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト卒業メンバーは?理由は?メンバーの実力は?

女性芸能人

今回は高嶋ちさ子さんプロデュースで話題となっているユニット『高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト』について紹介していきます。

多くのテレビ番組で取り上げられたことで、普段クラシックを聞かない人達にも、関心が集まっていると思います。格式が高い、なかなか触れる機会の少ないクラシックが、クラシック好きにはもちろんのこと、初心者にも楽しめる舞台として人気となっています。今回はそんなメンバーのことについて深掘りしていきたいと思います。

スポンサーリンク

12人のヴァイオリニスト 卒業メンバーは?理由は?

「クラシックをより身近に」をテーマに2006年より誕生したプロジェクト『高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト』“観ても、聴いても、美しく、楽しいヴァイオリン・アンサンブル”として、長年多くのファンに愛されてきたユニットです。

クラシックの名曲を中心にジャンルに囚われず、名曲を12本のヴァイオリンにアレンジして演奏しています。会場にきたお客様自身も参加することが出来るコーナーもあり、幅広い年代に楽しめるコンサートは他にも類をみないものになっていると思います。

中心的存在でもあるちさ子さんを始め、個性派で実力者揃いのメンバーたち。毎年様々な理由があり卒業してしまうメンバー。メンバーが足りなくなり、オーディションをしている光景をメディアで見ることが多々ありますね。卒業制度があるからこそ新しい風が吹き、よりパワーアップして毎年豪華なコンサートができているのでしょう

では卒業したメンバーを見ていきたいと思います。

今年の4月に卒業したメンバーは、但馬有紀美さんと、赤星鮎美さんです。但馬さんは5年間、赤星さんは7年間在籍した後、卒業を発表。ヴァイオリニストでもなかなか体験できることのない濃密な時間にとても感謝していたり、貴重な体験をしたりと様々なことがブログには綴られていますが、卒業理由や卒業後のことは詳しくは書かれていませんでした。

このプロジェクトに参加することで、知名度も上がり1人でもコンサートなど呼ばれることが増えたり、教室を開いている方も多いですから集客にもつながりそうです。ちさ子さんのキツい性格と女子特有の十数人集まった時のギスギスした空気などから辞めるということが無ければいいですけどね…。

これは本人達にしかわからないものがあると思いますから、一般人があまり推測してはいけないと思いますが、今後どういった活躍を見せてくれるのか気になります。

他にも、以前紹介した岡部磨知さんや、松本蘭さん。石崎諒子さんなど、数多くの方が卒業し、卒業後も幅広く活躍しています。

スポンサーリンク

メンバーの実力は?賞受賞者か?

高嶋ちさ子さんとのオーディションを経て、ユニットのメンバーになったわけですから実力者揃いのはず。現在『高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト』に所属している彼女達の詳しい経歴を見ていきましょう。

●岡本侑里子さん

桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽部ヴァイオリン科卒業。
サントリーホールのブルーローズにて開催される、第76回TIAA全日本クラシック音楽コンサートに選出。

●鎌田亜美さん

都立芸術高等学校を経て、東京芸術大学音楽学部卒業。その後、フランスに留学しパリ エコールノルマル音楽院にてディプロマを取得。
第57回全日本学生音楽コンクール東京大会入選、日本クラシック音楽コンクール全国大会入選、2006年YBP国際音楽コンクール第1位。

●小谷泉さん

兵庫県立西宮高校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部を首席で卒業。
第8回ベーテン音楽コンクール第1位、第24回全日本クラシック音楽コンクール最高位、第5回クオリア音楽コンクール第1位及び大賞。

●里永莉果子さん

2010年桐朋学園大学音楽部門入学、2014年同大学卒業後、桐朋学園大学研究科修了。
これまでに、日本クラシックコンクール全国大会入選。

●芹田碧さん

幼少期から数々のコンクールにて入賞。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部を卒業。同研究科、推薦生としてオーケストラアカデミーを修了。
在学中、第12回九州音楽コンクール弦楽器部門最優秀賞、第22回日本クラシック音楽コンクール全国大会4位など多数受賞。

●橘ひとみさん

2007年東京音楽大学に入学し、2013年同大学院を卒業。
2012年ソロリサイタル開催、第6回横浜音楽コンクール第3位。

●甚目和夏さん

桐朋学園大学音楽学部卒業。
第10回横浜国際コンクールにて第3位及びパリエコールノルマル音楽院の奨学金賞を受賞。パリエコールノルマル音楽院の演奏高等課程ディプロムをソロ、室内楽共に審査員満場一致で取得。

●福田ひろみさん

2016年第85回日本音楽コンクール第3位入賞。東京音楽大学及び大学院を全額免除特別特待奨学生として在籍及び首席で卒業。
全日本学生音楽コンクール大阪大会にて第1位、ABC新人オーディションに最年少で合格。また、IMA音楽賞、松方ホール音楽賞奨励賞を受賞など多数のコンクールや賞を受賞。

●藤田花観さん

第7回千葉県管弦打楽器ニュー位あーコンペティション 最優秀賞。第22・24回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。第18回日本演奏家コンクール大学生の部 協会賞。第20回長江杯国際コンクール大学生の部 第2位。

●三上のどかさん

第12回全日本芸術コンクール音大の部優秀賞。第12回ベーテン音楽コンクール大学生の部優秀賞。

●盧佳那さん

幼少期の頃から数々のコンクールにて入賞。第56回鎌倉学生コンクール第2位。第13回日本演奏家コンクール全国大会入賞。第23回日本クラシック音楽コンクール全国大会入賞。

やはり実力者揃いでしたね。容姿端麗でヴァイオリンの演奏力も優れている彼女達を尊敬します。

スポンサーリンク

まとめ

今回は『高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト』について深掘りしていきました。クラシックは全くと言っていいほど無知ですが、少しだけ楽器を習っていたことがあるので、ただただすごいなあと感心してしまいます。

よくあるクラシックコンサートは初心者にはレベルが高すぎて躊躇ってしまいますが、ちさ子さんのコンサートには行ってみたくなります。数々の経験を経て、このユニットに参加することになった精鋭達にも注目ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました