クレイジージャーニー奇怪遺産佐藤今回(5/19放送)はどこに行った?過去の実績経歴は?

バラエティ

2021年5月19日に、TBS系「クレイジージャーニー」ゴールデン2時間スペシャル(夜9時から10時57分)が放送されます。

クレイジージャーニーやらせ番組打ち切りはどれ?ジャーニー死亡の噂も?
最近では本当に多種多様な番組が増え視聴者を楽しませてくれるテレビ番組。 ですが、最近ではスマホが主流となりテレビ離れが進んでいるという話も聞きます。少しでも視聴者を惹きつけられるよう製作陣も躍起になっているのか、度々“やらせ”をいかに...
クレイジージャーニーやらせ番組打ち切りはどれ?ジャーニー死亡の噂も?
最近では本当に多種多様な番組が増え視聴者を楽しませてくれるテレビ番組。 ですが、最近ではスマホが主流となりテレビ離れが進んでいるという話も聞きます。少しでも視聴者を惹きつけられるよう製作陣も躍起になっているのか、度々“やらせ”をいかに...
クレイジージャーニー丸山ゴンザレスの現在とは?裏社会潜入の理由は?過去の経歴は?
今回はジャーナリスト「丸山ゴンザレス」についてまとめていきます。 1977年10月30日生まれ、宮城県仙台市出身、「丸山佑介」のペンネームも用いています。大学院修了後、出版社勤務を経て独立しフリーのジャーナリストとして活躍。 日...

TBS系「クレイジージャーニー」は、2015年4月17日から2019年9月4日まで水曜版「テッペン」枠で放送されていた紀行番組・バラエティ番組です。世界を巡る狂気の旅人(クレイジージャーニー)が、体験を語ったり同行ロケをします。

「クレイジージャーニー」の出演者は、冒険家、ジャーナリスト、写真家、作家などの日本人で、最も出演が多かったのは佐藤健寿さんでした。2017年6月1日に、第54回ギャラクシー賞を受賞しました。

2019年9月11日に、8月14日放送分で、珍しい生物を捕獲する旅で、前もって準備していた生物を、その場で発見したようにした、やらせが発覚し放送休止することを発表しました。

「クレイジージャーニー」の司会は、松本人志、設楽統、小池栄子の3人です。

松本人志さんは、1963年9月8日生れ、兵庫県尼崎市出身、兵庫県立尼崎工業高等学校卒業、NSC大阪校1期、ダウンタウンのボケ担当のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督です。

松本人志さんは、1982年に小・中学校の同級生・浜田雅功とコンビを組み、1983年にコンビ名「ダウンタウン」に決めました。1988年に東京へ進出しました。2009年5月に元タレント・伊原凛さんと結婚し、2009年10月6日に長女が生まれました。

設楽統(したら おさむ)さんは、1973年4月23日生れ、埼玉県秩父郡皆野町出身、バナナマンのボケ担当、埼玉県立秩父農工高等学校卒業、ホリプロコム所属のお笑いタレント、俳優、司会者です。

設楽統さんは、高校卒業後、西武鉄道に就職し、池袋線小手指駅で駅員をしました。駅員を辞め、フリーターを経て渡辺正行の付き人として芸能界に入り、1993年10月に、日村勇紀に出会い、バナナマンを結成しました。

設楽統さんは、19歳の頃から7年間交際して、1999年に26歳のときに1歳年下の一般女性・路子さんと結婚しました。2002年に長女・奈々葉さんが生まれました。

小池栄子さんは、本名:坂田栄子、1980年11月20日生れ、東京都世田谷区出身、和洋九段女子高校卒業、イープロダクション(個人事務所)所属の女優、タレントです。

実家はパチンコ店を経営していました。イエローキャブ社長の野田義治にスカウトされ、芸能界入りしました。2007年に格闘家の坂田亘(さかた わたる)さんと結婚しました。

2021年5月19日放送のTBS系「クレイジージャーニー」ゴールデン2時間スペシャルの出演者は、奇界遺産フォトグラファーの佐藤健寿さんと危険地帯ジャーナリストの丸山ゴンザレスさんです。

佐藤健寿「バーニングマン」

同番組で最も出演回数の多い佐藤健寿さんは、世界最大級の奇妙なイベントと呼ばれる「バーニングマン」を訪れます。

「バーニングマン」は、人里離れた、米国・ネバダ州リノ市の北北東にあるブラックロック砂漠の乾湖で、年に一度、8月最終月曜日から9月第一月曜日までの一週間にわたって行われます。

電気、水、ガス、ガソリンスタンドなどのライフラインの一切ない砂漠の中で、参加者は約1週間にわたって、新たに出会った隣人たちと共同生活を営み、多種多様なイベントを行います。

参加者は、自分でテントを張ったり、キャンピングカーに住んで、新規に友人を作り、問題を解決し、コミュニティを形成します。会場で行われるイベントは、絵画や彫刻の制作、舞台演劇、ミュージカル、大道芸、仮装、スカイダイビング、遊具の設置など多岐にわたります。

佐藤健寿さんは、1978年生まれ、法政大学中退、武蔵野美術大学卒業の写真家です。アメリカ留学中に、エリア51の撮影に関わり、UFOやUMAに関する執筆活動を始め、世界中の奇妙な事物や風景を撮影・記録する「奇界遺産」を発表しています。

丸山ゴンザレス「大麻&ドラッグ最前線」

丸山ゴンザレスさんは、アメリカ・カリフォルニア州を訪れ、娯楽用大麻が合法化している最前線へ行って、人とドラッグの関わりの変化を取材します。

アメリカ・カリフォルニア州では、2018年1月より、嗜好・娯楽用の大麻の売買、所持が合法化されました。カリフォルニア州公衆保険局は、大麻が体や心、健康にどのような影響を及ぼすのか公開しています。

カリフォルニア州では、21歳以上の成人は、有効な医師の推薦状、医療用マリファナカードがなくても大麻を購入、使用、所持または栽培できます。カリフォルニア州の大麻による税収が、1000億円を超えています。

カリフォルニア州で大麻を体験するのにおすすめの地域は、エメラルド・トライアングル、サンフランシスコ・ベイエリア、ロサンゼルス、コーアチェラ・バレー、サンディゴなどがあります。

丸山ゴンザレスさんは、大麻を嗜む人、栽培農家への転職者、巨大な大麻農場などを訪問し、大麻合法化の影響を探ります。

丸山ゴンザレスさんは、1977年10月30日生れ、仙台市出身、国学院大学文学部、同大学大学院修了後、出版社に勤めました。独立し、フリージャーナリストになり、海外危険地帯の取材を行っています。丸山ゴンザレスさんは、「クレージージャーニー」の佐藤健寿とともにトップクラスの出演者です。

まとめ

「クレージーシャーニー」のゴールデン2時間スペシャルに対して、松本人志さんは「収録が始まってみると、そんなにブランクを感じない気がしました。」と語っています。

設楽統さんは「収録が始まったら、「この感じで先週も撮っていたな」と思うくらい、自然でした。久しぶりで楽しかったですし、「あ、そうだ、『クレイジージャーニー』のスタジオって寒かったんだ」と思い出しました(笑)」と話しています。

小池栄子さんは「また松本さんと設楽さんとこうやって集まって番組をやらせていただけてすごく楽しかったので、視聴者の方にもぜひ応援していただきたいです!」と述べました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました