横浜DeNA自力優勝消滅何が起きた?どうなれば優勝可能?5月中に自力V消滅はいつ以来?

スポーツ

先日、横浜DeNAが自力優勝消滅となった事が報道されていました。

まだプロ野球シーズンは始まったばかりなので、あまりにも早い段階での自力V消滅に驚きの声が集まっています。

いったい何が起きて自力優勝消滅となってしまったのかも気になりますし、どうすれば横浜DeNAが優勝できるのかも気になりますね。

さらに歴代のプロ野球で5月中に自力V消滅となったのがいつ以来なのかも気になるところです。

今回の記事では
・横浜DeNA自力優勝消滅について
・5月中に自力V消滅はいつ以来なのか
について紹介していきます。

スポンサーリンク

横浜DeNA自力優勝消滅何が起きた?どうなれば優勝可能?

現在最下位の横浜DeNAの自力優勝の可能性が消滅しているのは先日の広島戦での惨敗が原因だと思われます。

さらに現在阪神タイガースが首位を勝ち取っているため42試合目にして自力優勝の可能性が消滅という結果になってしまいました。

現時点でクライマックスシリーズへの進出は可能なのですがセ・リーグでの優勝はなくなってしまったのです。

2021年5月14日の広島戦では3失点し、4回から6回までは無失点という結果になっています。

しかも、この日は横浜DeNAと広島が2-9となる惨敗となっていて、横浜DeNAにとって
は4連続敗退となっていたのです。

今回の結果に関してネットでは悲しみの声が飛び交っていて、早すぎるという声が目立ちました。

また今年度は新型コロナウイルスの影響によって外国人選手が開幕から出遅れたと言われています。

さらに現在横浜DeNAはチームの防御率が4.62となっておりリーグワーストも免れない状況です。

現状だけを見ると横浜DeNAの優勝は難しいです。

先日の試合を見てみると先発であるロメロ選手が悪送球2つで負けてしまい、その後のリリース選手も崩れてしまい惨敗に終わっています。

もともとロメロ選手は実力もあり期待の選手です。

しかし一部の情報によるとランナーが出てしまったり点数を取られてしまうと投球の精度が悪くなってしまう傾向があるようです。

また先日の広島戦ではチームのコンディションが悪く、試合結果に出てしまったという事も考えられます。

実際のところ現状がどうなのかは選手や監督にしか分からない事ですが、試合を見ているとみんなピリピリとして殺気立っているように感じますね。

また、今季は外国人選手の到着が遅れてしまったり編成に振り回されているように見えるので改善も必要なのだと思います。

スポンサーリンク

5月中に自力V消滅はいつ以来?

セ・リーグで5月中に自力V消滅という結果になるのは2008年以来、13年振りです。

ちなみに13年前に自力V消滅した時は最終的に48勝94敗という結果に終わっていました。

また、シーズンの1/3にも満たない42試合目に自力V消滅という結果になったのは1989年以来だと言われています。

さらに横浜DeNAが5月14日での自力V消滅となるのは球団史上最速という記録となってしまいました。

今回の自力V消滅に関して三浦監督は
「数字の上での問題はあるかもしれません。
でも1戦1戦やっていくだけです。」
と発言していました。

確かに現時点で自力V消滅が確定していても試合を終わりにする訳にはいきません。

そのため横浜DeNAは残りの試合をこなしていくという選択肢しか残されていませんね。

しかし、毎年たくさんのドラマがあるのがプロ野球の面白いところなので今後の活躍にも注目が集まるのは間違いないです。

今回のような結果になってしまった要因はいろいろと憶測が広がっています。

中には監督が変わったばかりだから仕方ないという声もありました。

確かに監督が変わると試合のパフォーマンスや結果が変動する事もあるので、これに関してはなんとも言えないところですね。

また先日の広島戦で降板してしまったロメロ選手は
「制球が安定せず有利なカウントを作れなかった。」
と明かしていました。

また今回は試合前の練習の際、打撃練習の時間が短かったと言われています。

通常よりも練習時間が短かった事が横浜DeNAが惨敗してしまう要因の1つになったという考えもあります。

しかし今回、横浜DeNAが自力V消滅となったのは試合で惨敗してしまっただけではありません。

現在首位の阪神タイガースが巨人に勝った事も関係があります。

そのため一概に横浜DeNAだけを責める事はできません。

言ってしまえばタイミングが悪かったのかもしれないですよね。

ずっと調子の良い球団や選手なんていませんし、横浜DeNAがちょうど今季スランプに陥っている可能性も考えられます。

スランプの時期は悪い事が立て続けに起こるものなので一言で言ったら「運が悪い」とも言えますね。

いずれにせよ試合はまだ残っているのでこれからも頑張って欲しいところです。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では
・横浜DeNA自力優勝消滅について
・5月中に自力V消滅はいつ以来なのか
について紹介しました。

横浜DeNAが自力優勝消滅となったのは5月14日の広島戦で2-9で敗れた事と阪神タイガースが首位で巨人に勝った事が原因でした。

5月中に自力V消滅となったのは2008年以来で、13年振りの自力V消滅という事が分かりました。

自力V消滅となってしまった今、選手をはじめ球団全体の空気は重くなってしまったのですが今後の動きに注目を続けたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました