緊急事態宣言下でも五輪開催の理由は?IOCバッハ会長の思惑とは?感染拡大を恐れないのか?

スポーツ

日に日に東京オリンピックが近づいていますが連日のように緊急事態宣言が発令されています。

しかし先日、緊急事態宣言下でも五輪開催と言われておりその理由が話題となっています。

さらにIOCバッハ会長の来日も中止ではなく延期という形になっているので疑問に思う部分も多いです。

今回の記事では
・緊急事態宣言下でも五輪開催をするのはなぜか
・バッハ会長の思惑
・なぜ感染拡大を恐れないのか
について紹介していきます。

東京五輪は開催する?中止延期か?外国人受け入れやボランティアなどの問題は?
2021年4月16日現在、東京五輪まで100日を切っています。聖火リレーが始まり、日本各地で行われていますが、大阪ではコロナ禍のため公道での聖火リレーを中止し、万博記念公園内で見物客を入れずに実施されました。 新型コロナウイルス感染症...
今回の緊急事態宣言解除はいつになる?宣言地域追加もあるのか?
2021.5.1. 2021年4月25日から、3回目の緊急事態宣言が始まりました。5月11日までの短期間(2週間余り)の間で、緊急事態宣言を解除する水準まで、感染を抑制できるのか心配されています。 3回目の緊急事態宣言の対象は、...
東京オリンピック中止にできない理由は?違約金発生か?中止署名の方法中止はいつ決まる?
2021.5.18 2021年5月になり、東京オリンピック・パラリンピックまで約2カ月になりました。新型コロナ感染症の感染拡大があり、緊急事態宣言が延長されながら、政府は開催中止について議論していません。東京オリンピックを中止にできな...
東京オリンピック中止宣言されない理由は?委員会の中枢役員の思惑は?五輪強行開催か?
いよいよオリンピック開催まで3ヶ月を切りました。 そんな中で多くの方が行っているのが「なぜ、東京オリンピックを中止にしないのか」です。 新型コロナウイルスが流行している現状を考えると真っ先に中止にするのが当然だと思うのですが、現...
緊急事態宣言延長都道府県は?追加地域もあり得るのか?いつまで延長?
2021.5.27 2021年5月27日に、菅総理大臣と関係閣僚が協議し、東京大阪などに発出されている緊急事態宣言の延長について方針を決めて、28日の専門家による分科会で決定することになりました。 延長地域は?いつまで? ...
東京オリンピック開催中止延期の基準は?政府はなぜ五輪中止を決めないのか?
開催まで残り僅かとなっているのに未だに東京オリンピックの話しは進まず、IOCは断固として開催を諦めません。 そもそも何がどうなれば東京オリンピックの開催中止や延期となるのでしょうか? そして危機的状況にも関わらずなぜ日本政府が五...
菅総理機動的に緊急事態発動の基準は?五輪開催中も発令される?
2021.6.20 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が、20日の期限で沖縄を除く9都道府県で解除されますが、東京では五輪を控えて感染者の減少ペースが鈍化し、増加の兆しが見られます。 2021年6月17日に、西村経済再生担当相...
スポンサーリンク

緊急事態宣言下でも五輪開催の理由は?

新たに緊急事態宣言の対象となった都道府県が増える中でIOCのジョンコーツ調整委員長は緊急事態宣言発令されていてもオリンピックを開催すると発言しています。

現在日本ではメイン会場となる東京をはじめとした10都道府県で緊急事態宣言が出ています。

そのような中でもジョンコーツ調整委員長は緊急事態宣言下でも競技のテストイベントが実施され、成功してきたと発言しています。

すでに5つの競技でテストイベントが終了していてIOCによる計画は全部、最悪の自体を想定しているとの事でした。

今、日本の世論調査ではおよそ8割の方が東京オリンピックを中止または延期するほうが良いと考えています。

その中でも中止を望む声は6割と、半数以上の意見が出ているのです。

さらに日本政府では東京オリンピックに対して命や安全を第一に考えた大会を強調しています。

この時点で少し矛盾のようなものを感じるのは私だけでしょうか?

命や安全を第一に考えるのであれば感染が広まっている状況でのオリンピックは開催するべきではないと思うはずです。

だって日に日に感染者が増えて医療もひっ迫している状況なのに、人が密になってしまうオリンピックを開催してしまったら感染拡大となるのは目に見えているからです。

それなのにオリンピック委員会では絶対に開催すると言っていて、日本がそれに従い開催という結果になってしまうのはおかしいですね。

「命や安全はどうでもいいの?」
と思う方が出てきてもおかしくないですね。

さらに海外ではワクチン接種が進んでいても日本では一般接種が7月以降となっていて、すでにオリンピックが開催してしまいます。

また新型コロナの薬はまだ開発されていないため、ワクチンで予防できたとしてもコロナウイルスに感染してしまった場合に専門の治療はないのです。

そう考えるとオリンピック開催は今ではないですよね。

スポンサーリンク

IOCバッハ会長の思惑とは?感染拡大を恐れないのか?

先日バッハ会長が競技会場や選手村の医療スタッフに対して支援する方向を示していました。

東京を始めた日本の都道府県には現在、緊急事態宣言が発令されてる場所があります。

さらに先日、沖縄県が新たに追加されました。

現状を考えると緊急事態宣言下でオリンピックを開催すると感染拡大の恐れがあります。

それでもオリンピック開催となってしまうのはバッハ会長に何かしらの考えがあるのでしょうか?

先日のバッハ会長のコメントでは
「日本はユニークな粘り強さという精神がある。逆境に耐えられる能力を持っている。
7月23日の開会式では全世界が共に祝う」
ということを明かしています。

コメントを見る限りでバッハ会長はオリンピック開催を中止する気はないように思えます。

さらに「日本なら大丈夫」と思っているように見えますね。

これはあくまでも憶測ですが、バッハ会長はコロナウイルス感染が拡大する今の時代だからこそオリンピックを開催する事が美徳だと思っているのではないでしょうか?

極端に言うとコロナウイルス感染拡大の時代にも関わらず「オリンピックを開催する=コロナに打ち勝つ人間の精神やたくましさ」という観点で見ているように思えます。

しかもバッハ会長は7月には来日する予定となっています。

おそらく今は緊急事態宣言の真っただ中で来日できる状況ではないのでスケジュールに余裕を見て7月への来日へと変更したのだと予想されます。

さらに、東京オリンピックまで残り僅かとなっているので今さら中止にはできないという意地のような物もあるのかもしれません。

現状を考えれば早めに中止や延期の決断をしていただきたいところなのですが、すでにオリンピック開催に向けての準備も整っています。

さらに選手へのワクチン接種やオリンピックに関わる医療従事者への支援も決定しているので、後に引けない状況ですよね。

東京オリンピックの開催国は日本ですが、参加する選手やオリンピックを楽しみにしているのは世界中の方です。

そのため、どんなに日本でオリンピック開催を中止するべきだと言っていても中止にする事は難しいですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では
・緊急事態宣言下でも五輪開催をするのはなぜか
・バッハ会長の思惑
・なぜ感染拡大を恐れないのか
について紹介しました。

IOCのジョンコーツ調整委員長は緊急事態宣言下であってもオリンピック開催するという事を明かしていました。

しかし日本政府は命と安全を第一に考えたオリンピック開催を目標としているため少々矛盾が出ている事が分かりました。

バッハ会長の思惑としては日本に対して逆境に耐え抜く国という意識が強く、感染が広がっている現状を見ても引くに引けないのだと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました