深田恭子適応障害で活動休止発症は?出演ドラマは?代役起用か?復活はいつ?

ニュース

5月26日に突然の発表があり、驚いた方も多くいると思います。10代の頃から芸能界で活躍し、アラフォーになった今も変わらぬ美貌を保ち続けている深田恭子さん。今もCMやドラマに引っ張りだこで見ない日は無いというほど。

そんな彼女が適応障害だったことを明かし、芸能界をしばらく休職することが明らかになりました。いったいいつから病を抱えていたのでしょうか?深掘りしていきたいと思います!!

スポンサーリンク

適応障害いつから発症?

1996年、中学2年生の時に、歌手の華原朋美さんに憧れて第21回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRLオーディション」で2万人近い応募者の中からグランプリを受賞し、芸能界入りを果たした深田恭子さん。10代から現在までほぼ毎年のようにテレビドラマや映画に出続け、CMにも沢山起用されています。

今回のことについて所属事務所は「私ども所属の女優深田恭子ですが、昨年春ごろから体調を崩しがちとなり、今月に入り医師より“適応障害”と診断されました。これにより当面の間、治療を優先し、お仕事をお休みさせていただきます。

これに伴い、予定されていた7月期のフジテレビの連続ドラマを降板することになりました。関係者の皆様には大変なご迷惑をおかけすることを心からお詫び申し上げるとともに、私共としましても、深田恭子を出来る限りサポートしてゆきたいと存じます。」と発表しています。

そもそも適応障害というのはどういう病気なのでしょうか?
→ストレスによってその人の感情面や行動面に様々な症状が出て、生活が大きく障害されている状態であるが、ストレスとは嫌なことや辛いことだけを指すわけではない。

とあります。ストレスには例えば、天気や騒音、地震などの環境による刺激、疲労や睡眠不足などの身体が受けた影響、恐怖や不安など心の中で受けている影響、仕事で休みがないほど忙しい、人間関係など社会生活による刺激など、生活の中で起こる様々な変化がストレスを引き起こします。

私も適応障害に近い状態に陥ったことがありますが、本当に些細なことが引き金となり今まで何ともなかった環境でも生きずらく感じてしまうものです。ですが、心の病気と言うのは目に見えるものではなく、わかりづらいものです。

またうつ病とも違うもので、うつ状態になると楽しいことがあっても楽しむことが難しくなるうつ病とは違い、ストレスを除けばうつ状態になっても楽しいと思ったことは他の人同様に楽しむことが出来ます。そのため、側から見たら怠けていると思われてしまうこともあります。

実際に適応障害にならないと見えてこないものはたくさんあります。もちろん他の病気でもそういったことはあると思いますが。

とにかく優しく見守ることが大切だと思います。

スポンサーリンク

復活はいつ?出演ドラマはどうなる?

では深田恭子さんの復帰はいつぐらいになるのでしょうか?

一般的には、ストレスが解消してから6ヶ月以内に症状が改善すると言われていますが、ストレスが長く続く場合には長期間続くこともあり、適応障害からうつ病と診断されてしまうことも。

そのためネット上では、半年ほどで復帰するのではと言う意見も多く見受けられますが、深田さん本人には時期を気にせずゆっくりとして欲しいものです。適応障害の方に見られるのは、精神的に弱い人ではなく、周りからしっかりしているとか頑張り屋さんと言われる方が多くいるようです。

深田さんの心は深田さん自身にしかわからないものですが、きっと深田さんのような方は休むのにもすごく勇気のいることだったのではと思います。だからこそ、休んでいる自分をマイナスに捉えず伸び伸びと過ごして欲しいと思います。

SNS上でも、深田さんの今までの活躍ぶりを見てゆっくり休んでくださいと言う暖かいコメントがたくさんありました。

そしてドラマ情報ですが、上記にも記したように7月期から放送予定だったドラマは降板となっています。7月放送の場合、通常6月初旬までにクランクインするのが一般的なようで、5月末に休養を発表ということはそれほど切羽詰まっていたのでしょうか。

医師からの診断で休養ということになっていますから、本人的には働き続けるつもりだったのかも知れません。

ドラマはまだ代役は決まっておらず、このままだと放送開始時期が遅れることもあるとドラマ関係者は説明しています。

また、19年と20年に放送された深田さん主演の連続ドラマの映画化作品『ルパンの娘』は、既に撮影を終えていて、当初の予定通り10月15日公開予定としています。他にも撮影中だった新作映画もあるようですが、こちらは延期となっています。

売れっ子女優というのは、私たち一般人が知らないだけで同時に何作品にも携わっているということでしょうか。

ここ最近の芸能人の訃報など考えると芸能界の抱える闇はどこまでも深いように感じます。小さな一歩ですが少しずつ働き方改革がされていく中で、プライベートを削ってまで仕事をすることが減っていけばいいなと思います。

もちろん深田さんの休養になった直接的な原因は公表されていないので、仕事と決めつけるのは良くないことですけどね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は深田恭子さんが適応障害で休養するというニュースでした。私もこのニュースを見た時はとても驚きましたが、SNSでは最近の深田さんは痩せすぎているとか様子が少し変とか違和感に気づいた方が多くいるようです。

本当に普段の何気ない出来事がストレスにつながり適応障害になるのは、誰にでも起こりうることなので気をつけたいところです。時には自分を甘やかし自分の心の声にすぐに耳を傾けられるよう、贅沢ではなくても余裕のある生活を心がけたいものですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました