岡田晴恵教授の現在は?なぜテレビで観なくなった?不安を煽りすぎたか

女性芸能人

今回は日本の公衆衛生学者の岡田晴恵教授について書いていきます。

専門は感染症学、公衆衛生学、児童文学で学校で流行する感染症の予防や対策を研究しています。
感染症学を専門としていることもあり新型コロナウイルスの流行以来、ワイドショーやニュースに引っ張りだことなっていました。

普段のイメージとは打って変わって穏やかで優しい雰囲気だと話題になっていました。

ここでは、岡田晴恵教授の現在や過去、テレビ出演での情報等をまとめていきますのでゆっくり見ていってください!

スポンサーリンク

岡田晴恵教授の過去、現在は?

岡田晴恵教授は1963年生まれの58歳、出身は埼玉県です。
・千葉工業大学工学部応用化学科卒業
・慶應義塾大学薬学部大学院薬学研究科修士課程修了
・順天堂大学大学院医学研究科博士課程中退
・ドイツのマールブルク大学医学部ウイルス学研究所
・厚生労働省国立感染症研究所ウイルス第三部研究員
・日本経済団体連合会21世紀政策研究所、シニアアソシエイト
・白鷗大学の教授
など華々しい経歴の持ち主です。

母親が教育熱心で外に遊びに行くことやテレビは禁止し、勉強や読書をしなさいと厳しく言われていたようです。

理系の学問を志したのも母から「手に職をつけなさい。」「大学までが義務教育」だと言われていたことも関係しています。

2020年の7月1日付で渡辺プロダクション傘下の芸能事務所であるワタナベエンターテインメントとマネジメント契約を結びます。

現在は白鷗大学教育学部教授、専門は感染免疫学、公衆衛生学。感染症対策の専門家として、テレビやラジオへの出演。専門書や絵本、小説など幅広い分野の執筆活動を行っています。
・「鳥インフルエンザの脅威」
・「人類VS感染症」
・「新型インフルエンザの学校対策」
・「新型インフルエンザ完全予防ハンドブック」
・「うつる病気のひみつがわかる絵本」
・「おしえて!インフルエンザのひみつ」
・「怖くて眠れなくなる感染症」
・「どうする!?新型コロナ」
・「新型コロナ自宅療養完全マニュアル」
・「感染症サバイバル どっちを選ぶ?クイズで選ぶ!」

他にもたくさんの作品がありますが、このように感染症をわかりやすくまとめた作品をたくさん執筆しています。

調べてもわからないことはたくさんあるのでこのように簡単に分かりやすくまとめてもらえると助かりますね!

さらに新型コロナウイルスを始めとする感染症対策に関する情報も積極的に発信し続けています。
2020年1月からは猛烈な忙しさに見舞われ、睡眠時間が3時間しか取れない日々が約8ヶ月も続いたそうです、、。

スポンサーリンク

なぜテレビで観なくなった?

新型コロナウイルスが流行したことによりテレビに引っ張りだことなった岡田晴恵教授。ただ、最近テレビで観なくなったという声もちらほら見かけます。果たしてどうなのか?調べていきましょう!!

2020年8月22日のTBS系のトーク番組「サワコの朝」に岡田晴恵教授がゲスト出演しました。

すると、SNSには岡田さんへの応援メッセージが次々と投稿され、岡田さんは日本人のコロナ観に最も影響を与えた人物と称賛されています。

20年上半期のテレビ番組出演数は276回で、芸人ハリセンボン・近藤春菜と並んで女性1位でした。

しかし、SNS上での声とは打って変わって現場の医師や専門家たちからは称賛どころか怒りの声が上がっていました。

「岡田さんは医療や診断検査の基礎も知らない。それなのに検査を増やせと主張している。怒りを超えてむなしさが募った。」

「コロナ禍の中、ワタナベエンターテインメントに所属したらしいが何が目的なのか全く理解できない。」

「岡田さんの目的はコロナは怖いと過剰に煽ることだ。」

などという声が飛び交っていました。

7月14日放送のモーニングショーで岡田晴恵教授は「若い人でも急に悪くなることはあります。海外では20代でも500人に1人は亡くなっています。」と訴えていますが、現場の医師や専門家の意見では「コロナの実態は少なくとも若者が恐れるような病ではない。20代で新型コロナウイルスで亡くなった日本人は、力士の勝武士(28歳)だけで、さらに糖尿病の持病もあった。」と話しています。

岡田晴恵教授の発言を真に受け、コロナを過剰に恐れる人は増加していく一方です。そんな中でも岡田晴恵教授は「さらに酷いことになる」と予言を連発しています。

「今のニューヨークは2週間後の日本です。地獄になります。」という言葉に聞き覚えはありませんか?これも岡田晴恵教授の言葉です。

このように必要以上に不安を煽る発言もあり、周りからの批判の声も多くなりテレビ出演が減ったのでは、、。と思います。

スポンサーリンク

まとめ

以上、今回は日本の公衆衛生学者の岡田晴恵教授について簡単にまとめました。

たしかに新型コロナウイルスが流行したと共に、テレビで毎日のように見かけていましたが
最近見ることはなくなってきていたな、、と改めて思いました。

感染症について詳しい方ではありますが専門家ではないので、人々を過剰に不安にさせる発言は控えるべきだったかもしれません。

現場の医師や専門家が同じような内容を話しているのであれば別ですが、、、。

今後、テレビ出演するのかはわかりませんが、ネット等も確認していければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました