イチケイのカラス第8話ロケ地潮川事件現場の河川敷や万引きしたスーパー、川添痴漢疑惑の路地は?

ドラマ

竹野内豊さん主演でお届けしている、フジテレビ月9ドラマ「イチケイのカラス」。

脱税事件が明るみに出たことをきっかけに、開かれた12年前の事件につながる扉。入間が弁護士を辞め、裁判官となるきっかけとなったこの事件。日高が自身のキャリアと引き換えに、真実を告発したことにより解決を迎えました。

こうして迎えた第8話は少し違った形での物語となりそうです。どんな展開となっていたのか、ロケ地情報と共にご紹介していきます。

スポンサーリンク

イチケイのカラス 第8話あらすじ


みちお(竹野内豊)たちが所属する『イチケイ』に、事務官から書記官になるための研修生として、前橋幸則(渡辺佑太朗)と磯崎由衣(夏目愛海)がやってくる。部長の駒沢(小日向文世)は、合議制で扱う案件があるから立ち会うよう、ふたりにも指示する。

案件は傷害事件だったが、その起訴状を見た坂間(黒木華)と浜谷(桜井ユキ)は驚く。被告人の潮川恵子(真凛)は、坂間が裁判長、浜谷が書記官を務めている窃盗事件の被告人だった。

万引きの前科があった恵子は、再びスーパーマーケットで万引きをして保安員に捕まっていた。恵子の万引きを目撃し、店側に伝えたのは、山寺史絵(朝加真由美)という女性だった。恵子には6歳になる娘がおり、商社マンの夫は海外単身赴任中。恵子は、育児と義母の介護の疲れから軽いうつ状態で服薬していた。そんな恵子と話した浜谷は、子どもを預ける当てがない彼女は罪を認めて逃亡の恐れもないことから、在宅からの審理がいいのではないかと坂間に進言したという。ところが恵子は、その間に史絵に暴行を加え、加療約1年のケガをさせていた。

窃盗事件と傷害事件が併合されて開かれた第2回公判。恵子は、被害者の史絵が小学校時代の恩師だったことに触れ、4ヵ月前に万引きで逮捕されたときのことは恨んでいないと証言する。史絵にケガをさせてしまったのは、実は彼女が万引きをしたところを目撃し、それを止めようとした際に襲われて抵抗したからだと言うのだ。恵子は取り調べの段階からそう主張していたが、虚偽の発言として取り上げてもらえずにいた。一方、検察の井出(山崎育三郎)は、史絵が万引きをしたという証拠がないこと、そして恵子から暴行を受けた後、市会議員をしている夫の信吾(大谷亮介)に電話し、逆恨みで元教え子に襲われたと助けを求めていることを指摘するが……。

<引用>イチケイのカラス 公式

スポンサーリンク

イチケイのカラス 第8話のロケ地

明治神宮外苑 いちょう並木 東京都港区北青山

川添が書類をまき散らしてしまったいちょう並木

公式HP:

明治神宮外苑 Meijijingu Gaien
明治神宮外苑は明治神宮の外苑として大正15年に創建され聖徳記念絵画館を中心に神宮球場をはじめ各種スポーツ施設と四季折々の自然を満喫することができる。特にいちょう並木はよく知られている。

飛田給の住宅地 東京都調布市飛田給1丁目

川添が痴漢と間違えられた住宅街

新鮮市場なかや 座間入谷店 神奈川県座間市入谷西5-3-32

潮川恵子が万引きしたスーパー

公式HP:

店舗案内 | 新鮮市場なかや

多摩川河川敷 石田大橋の下 東京都日野市石田1丁目

潮川恵子が山寺史絵ともみ合いの末、石で殴ってしまった河川敷
山寺史絵が万引きした品を捨てた場所

スポンサーリンク

イチケイのカラス 第8話撮影協力一覧(エンドロール)

富士の国やまなしフィルムコミッション 映画のまち調布 三鷹市
新鮮市場なかや座間入間店 合同会社ハーミットクラブ 三鷹フィルムコミッション

イチケイのカラス 第8話感想

第7話で12年前の殺人事件に区切りがついたことで、少し物語の変化を感じた第8話。裁判官目線の物語ではなく、書記官という職務に視点を置いた展開となっていました。

書記官研修生を迎えることとなったイチケイ。とはいっても、入間のペースが変わるわけではなく、それに振り回される川添の姿が研修生に晒されてしまうような状態。

しかも、直前には痴漢の疑いで職質を受けてしまう事態になっていたこともあり、少々バツが悪そうでもありました。でも、最後には、ちゃんと縁の下の力持ちであることが証明され、書記官という仕事の魅力をしっかりと伝えることが出来ていました。

事件そのものは、「クレプトマニア」という病気が背景にあったということもあり、判決を下すうえでの難しさを感じさせてくれるものだったように思います。

執行猶予中の再犯は実刑が基本である中で、必要なのは適切な治療環境という答えを出したイチケイ。

共にこの病を抱える万引き常習犯の元教師とその教え子。互いに自分を重ね、その罪を上塗りさせることがないようにとした行動が、引き起こしてしまった事件のようでした。

その背景には、自分がこの病を抱えていることを家族に打ち明けられず、自分だけで抱えてしまっていたからということも関係していたのでしょう。

判決と共に、言葉で想いを伝えることの大切さを説いた入間の言葉で、その先にある、輝かしい家族の形が見えたような気がしました。

そして最後に登場した、入間の甥っ子。実は架空の甥っ子なのではと思っていたので、実在したこと自体がビックリでしたが、まさかの成人男性(武井壮さん)で二度ビックリでした。

次回は裁判員裁判がテーマ。また新たなイチケイの様子が描かれそうで、楽しみです。

イチケイのカラス 第9話予告


みちお(竹野内豊)や坂間(黒木華)たち“イチケイ”が扱うことになった「世田谷家政婦殺人事件」が、裁判員裁判で審理されることになった。書記官の川添(中村梅雀)を中心にさっそく裁判員の選任手続きが行われ、その結果、塾講師の大前正一(山崎銀之丞)、結婚相談所勤務の落合清美(池津祥子)、土木作業員の田部公平(山口森広)、主婦の立原理沙子(太田順子)、証券マンの西園寺勝則(永田崇人)、大学生の小中渚(羽瀬川なぎ)の6名が選ばれる。補充裁判員として選ばれたのは、派遣社員の新村早苗(行平あい佳)、「みちおを見守る会」メンバーでもある自由業の富樫浩二(明樂哲典)だった。

事件の被告人は高見梓(春木みさよ)、被害者は桐島優香(八木さおり)。梓は家政婦として桐島家で働いていたが、ある時、柵が破損していることを知りながら3階のバルコニーで優香と争い、突き飛ばして転落させたという。梓は、転落後もまだ息があった優香をそのまま放置。たまたまやってきて異変に気づいた配達員が救急車を呼んだが、優香は命を落としていた。また優香は、梓に多額の遺産を残すことを1年前に弁護士に書面で伝えていたという。

優香の娘・希美(松風理咲)も見守る中で行われた第1回公判で、梓は、自分は殺していない、あれは事故だと主張。遺産の件も知らないと証言する。実は梓は、5年前に火災事故で夫と娘を亡くし、譲り受けた夫の会社を売却して多額の資産を得ており……。

<引用>イチケイのカラス 公式

イチケイのカラス 今すぐ無料で見る

「イチケイのカラス」を今すぐ無料で見れるのは、
フジテレビの動画配信サービス「FODプレミアム」です。
第一話から最新話までフル動画で配信されています。
今すぐ お試し
「FODプレミアム」は、2週間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし
ボタン一つの簡単解約可能。

「イチケイのカラス」の原作漫画をお得に読む方法

「イチケイのカラス」の原作漫画は、浅見理都による漫画作品。『モーニング』(講談社)で連載されました。

U-NEXTだと2冊無料で読むことができます。お試し登録は31日間無料で利用することができ、登録時に600ポイントを無料でもらうことができます。月ごと更新時には1200ポイントもらえますので、全部読むことができますね。

今すぐ 無料おためし

イチケイのカラス第1話ロケ地?物語の舞台である東京地裁や官舎、現場検証を行った踏切は?
2021年4月期にフジテレビ月9ドラマ枠で放送されるのは、民放連ドラ初となる刑事裁判官に視点を置いたドラマ「イチケイのカラス」です。 主人公・入間みちおを演じるのは、2010年放送の「流れ星」以来11年ぶりの月9出演となる竹野内豊さん...
イチケイのカラス第2話ロケ地?地裁VS地検野球対決するグラウンドや井出が走る橋、瑤子娘と再会した並木道は?
2021年4月期のフジテレビ月9ドラマとして放送がスタートした「イチケイのカラス」。 11年ぶりの月9出演となる主演の竹野内豊さんをはじめ、キャストの皆さんが作り出す雰囲気は、過去のリーガル作品を思い起こさせるようでもあり、SNS上に...
イチケイのカラス第3話ロケ地藤代のガラス工房や奈緒藤代別れ話をした公園、入間坂間みちこを散歩する堤防は?
竹野内豊さん主演のフジテレビ月9ドラマ「イチケイのカラス」。裁判官の視点から事件を追うことで、過去のリーガル作品とも異なる魅力を発揮し、性別・年代問わず高評価を得ています。 前回放送の第2話では、前田敦子さんが、幼児虐待を疑われ“鬼女...
イチケイのカラス第4話ロケ地博人が逃走する飲み屋街や事故にあった遊園地、育った児童養護施設は?
フジテレビ系月9枠で好評放送中のドラマ「イチケイのカラス」。ただ判決を下すというだけの裁判官ではなく、自らも現場に赴き、事件を深く知ることで真の判決を下すという入間の姿勢。 それを無駄だとみていた坂間も、次第に裁判官としての在り方を見...
イチケイのカラス第5話ロケ地恭子が所属するバレエ団や槇原が目撃された橋、元木が食事した高級寿司店は?
竹野内豊さん主演のフジテレビ系月9ドラマ「イチケイのカラス」。 着任当時は、件数を消化することを目指し、淡々と裁判をこなすことを最良としてきた坂間でしたが、自身が裁判長を務めた合議制裁判で職権を発動するほどに、入間の影響を強く受け始め...
イチケイのカラス第6話ロケ地検証に訪れた事件現場や釣りする桟橋、井出城島初心思い出すバッティングセンターは?
真実を突き止めることを常に意識して事件と向き合う裁判官の姿を描いた、フジテレビ系ドラマ「イチケイのカラス」。 自らが動き真実を突き止めようとする姿勢には、見ているこちらも強く心が動かされ、視聴率も2桁を維持し続ける好調さを見せています...
イチケイのカラス第7話ロケ地報道陣群がる階段や志麻元妻の洋品店、仁科の眠る霊園は?
主演の竹野内豊さんと親交のあるバカリズムさんがゲスト出演した、5月10日放送の第6話の視聴率が13.4%を記録するなど、好調さをキープし続けているフジテレビ系ドラマ「イチケイのカラス」。 この時の事件をきっかけに、12年前の事件の扉が...

コメント

タイトルとURLをコピーしました