アジアン解散理由は?吉本退社するのか?馬場園隅田は今後何をするのか?

芸人

2021年6月3日に、女性お笑いコンビ「アジアン」が同日付で解散することを、吉本興業が発表しました。「アジアン」は、隅田美保さんと馬場園梓さんの女性漫才コンビです。

アジアン

女性お笑いコンビ「アジアン」は、NSC大阪校20期生の隅田美保さんと馬場園梓さんが2002年2月に結成しました。二人ともアジア雑貨が好きで、コンビ名を「アジアン」にしました。二人は1回解散したことがあります。隅田さんがブサイクなことをネタに漫才しようと言われて激昂し解散しました。その後、隅田さんが「舞台でブサイクと言わなければコンビを続ける」と言って仲直りしました。

「アジアン」は2005年のM-1グランプリで決勝進出し、女性同士のコンビで決勝進出したのは史上初でした。結果は8位でした。2017年に女芸人No.1決定戦THE Wで決勝進出し3位になりました。

2005年第26回ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞、2006年第36回NHK上方漫才コンテスト優秀賞、2006年第41回上方漫才大賞新人賞、2007年第37回NHK上方漫才コンテスト優秀賞、2007年第5回MBS新世代漫才アワードグランプリ、2008年第38回NHK上方漫才コンテスト優秀賞などの受賞歴があります。

隅田美保さんは、1975年11月29日生れ、兵庫県伊丹市出身、「アジアン」のツッコミ担当、立ち位置は向かって右です。2015年から婚活のためにバラエティ番組への出演を休止しました。復帰して2017年12月にTHE Wに出演し3位になりました。兵庫県湊川女子高校卒業です。高校時代はダンス部に在籍し、全国大会への出場経験があります。趣味は創作ダンスです。

隅田美保さんは、宝塚ファンで宝塚女優の通う喫茶店「パスタ」で7年間アルバイトをしました。22歳でNSC20期生に入学しました。芸能界を一時休業したときに「昔からの夢だった「結婚」がどうしてもしたくて、婚活に専念するために、2015年4月からテレビの仕事を休みました。とにかく出会いの時間を優先したいからです」と婚活で休むと言っていました。

しかし、隅田美保さんの2015年の休養の原因は婚活でなかったと暴露されています。馬場園さんによると「休むきっかけはお酒」で、隅田さんの飲酒による遅刻癖が原因で、吉本の劇場を無期限出入り禁止になったためでした。ひどいときは、13時出番に18時に起床したことがあったそうです。マネージャーから「プライベートを取るか仕事一本でここからやるかどっちかにせぇ」と迫られ、話し合った結果、休業理由として「遅刻癖から婚活にすり替え」発表したといわれています。

解散の理由

隅田美保さんは、「アジアン」を解散時に「アジアンとして22年間活動して参りましたが、今後は、昔からの夢でもあった演劇の世界で芝居やミュージカルに本格的に挑戦していきたいと思っています!」と言いました。女優として演劇の世界でソロ活動をすると言っています。

隅田美保さんは、舞台では2012年6月、大阪なんばグランド花月「吉本百年物語」、2014年4月、草月ホール「逆転裁判~逆転のスポットライト~」、2018年8月、TBS赤坂ACTシアター「八王子ゾンビーズ」などに出演しました。

馬場園梓さんは、1981年3月1日生れ、大阪府堺市出身、「アジアン」のボケ担当、立ち位置は向かって左です。家族は母親と妹1人の3人家族です。両親は馬場園さんが3歳のときに離婚し、堺市の団地に住み、母親が女手でスナックなどで働いて子供を育てました。

馬場園梓さんは、堺市立原山台中学校から明浄学院高校を卒業しました。高校2年生でNSC大阪校に入学しました。高校3年生で隅田美保さんとコンビを結成しました。2010年から3年連続で「吉本べっぴん・ぶちゃいくランキング」の1位を獲得し、殿堂入りしています。

馬場園梓さんが、2010年春ごろから交際していたWエンジンのチャンカワイとの関係が、2013年に破局しました。関係者によると、両者とも忙しくて、すれ違いが多く、二人で話し合った結果、今後はお笑い仲間として付き合うことを決めました。

馬場園さんは「兼ねてからお付き合いさせていただいておりましたチャンカワイさんとこの度芸人仲間に戻りました」と交際を終えたことを報告しています。「芸歴も年も同じだからこそいつからか同じ釜の飯を食う仲間、親友になっていました。そしていつも通り笑いながら話して結論が出ました」と破局を告白しました。

チャンカワイは、TV番組「スクール革命」の婚活バスツアーで出会った「めぐみ」さんに、2014年12月20日、三重県伊勢市の夫婦岩の前でプロポーズし、4カ月後の2015年1月31日に結婚しました。
チャンカワイは本名:河合正悟、1980年6月15日生れ、三重県名張市出身、拓殖大学政経学部政治学科卒業、NSC大阪校18期です。

馬場園梓さんは今回の解散について「今や一日一日が貴重な時代。限りある時間を全力で好きなことに使ってもらいたいので全力で送り出すことにしました」とコンビ解散の理由を話し、「気持ちは一生漫才師として初心に返ってまた楽しい事を求めていきたいと思います。アジアンとして漫才ができて最高でした」とコメントしています。

馬場園梓さんはテレビドラマでは、2013年、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」、2020年「ハケンの品格 第二シーズン」、2020年10月TBS「恋する母たち 第1話」などへの出演があります。映画では2014年12月27日「海月姫」などに出演しました。

まとめ

今回は2021年6月3日に解散を発表した女性お笑いコンビ「アジアン」について調べました。
吉本興業は「隅田美保(すみだ・みほ、45歳)と馬場園梓(ばばぞの・あづさ、40歳)は弊社所属のまま、それぞれの道を歩んでいくことになりました」と報告しました。

今後は、隅田美保さんと馬場園梓さんは、吉本興業に所属して、ピンになって、それぞれの目指す分野で活動することが分かりました。

隅田美保さんと馬場園梓さんの今後の活躍をお祈りします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました