尾身会長東京五輪は自主研究なのか?オリンピックに対して何を思う

ニュース

先日、感染症対策分科会の尾身会長が東京五輪開催に対して
「パンデミックの中でやるのは普通ではない」
と発言していました。

しかし尾身会長の発言を受け、田村厚労相は自主研究の発表という見解をしています。

そこで気になるのは尾身会長の発言が自主研究なのかやオリンピックに対して何を思うのかです。

今回の記事では
・尾身会長の東京五輪否定発言は自主研究なのか
・尾身会長はオリンピックに対して何を思うのか
について紹介します。

尾身会長の経歴プロフィール若いころは何をしていた?奥さんは?コロナ会見での発言
今回は地域医療機能推進機構理事長の尾身茂会長についてまとめていきます。 2019年の新型コロナウイルス感染症の流行にともない新設された新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の副座長を務めました。 専門家会議の副部長である尾身会長...
オリンピック中止の違約金はいくら?国や都が負担するのか?中止のデメリットは?
2021.5.26. 2021年5月25日に、米国の国務省が、米国民に対して日本への渡航中止を勧告しました。米国の疾病予防管理センター(CDC)が日本に対する渡航警戒を最高のレベル4(Do Not Travel)に引き上げました。7月...
菅総理オリンピックに対して明言を避ける理由は?東京五輪開催方向なのか?
2021.5.31 2021年5月29日に、菅義偉首相は東京五輪・パラリンピックまで60日を切ったなか、6月20日まで緊急事態宣言を再延長することを決定しました。 総理政府の見解 政府は東京五輪・パ...
東京オリンピック開催中止延期の基準は?政府はなぜ五輪中止を決めないのか?
開催まで残り僅かとなっているのに未だに東京オリンピックの話しは進まず、IOCは断固として開催を諦めません。 そもそも何がどうなれば東京オリンピックの開催中止や延期となるのでしょうか? そして危機的状況にも関わらずなぜ日本政府が五...
スポンサーリンク

尾身会長東京五輪否定発言は自主研究なのか?

感染症対策分科会の尾身会長は東京五輪について否定的な意見を述べていましたが、これは感染の恐れを第一に考えているからでしょう。

今回の否定発言については分科会として発言をするべきか専門家として発言するべきか検討している部分もあったようです。

言葉だけを聞くと、単に東京五輪開催を否定しているように聞こえてしまいます。

しかし田村厚労相は今回の発言は尾身会長の自主的な研究成果の発表として受け止める事を発言していました。

尾身会長はこれまでに東京五輪の開催や新型コロナウイルスについて多くの発言をしています。

そして誰よりも五輪開催について反対してきた人物です。

しかし今回、田村厚労相が自主研究と発言した事で尾身会長の名前はさらに話題となりました。

さらに自主研究と発言した田村厚労相に対してネットでは炎上となり、SNSのトレンドになるほどの出来事でした。

炎上が起きたのはおそらく尾身会長が熱心に発言した事を「自主研究の発表」と言ってしまった事が原因です。

尾身会長は感染症について多くの事を知っているからこそ専門家としての意見で発言をしています。

そのため東京五輪に関しても先々の事を見越しての発言でした。

しかし今回、自主研究という捉え方があったから大ごとになってしまったのだと思われます。

また、尾身会長は新型コロナウイルスの感染が拡大してから度々会議で発言しているので自主研究という目線で考えるのは難しいでしょう。

もし今回の五輪否定が自主研究の発表なのだとすれば否定するだけでなく、これまでに取れたデータも発表するからです。

先日の発言では「東京オリンピックを開催するべきではない」という発言だったのでデータに関しては発表されていません。

おそらく尾身会長なりの考えがあり、現状とこれまでのデータを元に東京五輪や国民についてこれからコメントされるのでしょう。

スポンサーリンク

尾身会長はオリンピックに対して何を思う

今回の発言を含めて気になったのは尾身会長はオリンピックに対して何を思うのかです。

おそらく尾身会長は現状を考えると東京五輪の開催はするべきでないと考えています。

逆に新型コロナウイルスのワクチン接種がいつでもできる状況で治療薬もできていればここまで否定もしなかったのです。

さらにコロナ患者による医療のひっ迫で通常の医療が行えないという面で考えてもオリンピック開催は今ではないですね。

現に新型コロナウイルスの患者で溢れてしまい、持病を持っている方や手術を行えない患者も急増しています。

さらに今までなら熱がでたら病院に行って診察してもらえるのが当たり前の日常でした。

しかし新型コロナウイルスの感染が拡大してからはその「当たり前の治療」もできなくなっています。

私も以前、扁桃炎になってしまい病院をたらい回しにされた経験がありました。

扁桃炎で高熱が出てしまった事でかかりつけの病院では断られ、新型コロナウイルスの相談窓口に電話をしました。

そのご急患センターに案内されるものの、発熱があるため受け入れを拒否され自宅で様子を見るようにと言われました。

それだけ今は病院も限界なんです。

また、以前のニュースでは発熱が原因で病院に行けなかった妊婦の方が治療を受けられない事で流産してしまったというニュースもありました。

今回の尾身会長の発言はこういった医療崩壊の現状を知っているからだと思います。

さらに東京オリンピックを開催する事で感染が増え、医療が崩壊するのを防ぐために否定的な意見になっているのです。

現に、東京オリンピックまで残り数か月なのにいまだにワクチン接種が遅れています。

現時点では医療従事者と高齢者が接種可能となっていますが、一般接種が開始されるのは2021年7月以降です。

7月以降というのはすでに東京オリンピック開催の月で、国民のほとんどがワクチン接種を受けずにオリンピック開催となってしまいます。

オリンピック出場選手はワクチン接種をしてから大会に出場します。

しかし選手を招き入れる日本がワクチン接種を完了していない状態でオリンピック開催をするのは間違っているように思えます。

これまで長きにわたってオリンピック開催を待ちわびているのも理解できます。

しかし、せめてオリンピック選手に安全な場所を提供できる状態になってから開催となっても良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では
・尾身会長の東京五輪否定発言は自主研究なのか
・尾身会長はオリンピックに対して何を思うのか
について紹介しました。

尾身会長が東京五輪について否定したのは自主研究ではなく、これまでの感染状況を見据えての発言です。

自主研究であれば実際のデータや研究結果を提示するはずですが、今回の発言時はそのような物は一切公表していませんでした。

また、オリンピック自体を嫌っているのではありません。

新型コロナウイルスのワクチン接種や医療のひっ迫など様々な状況を踏まえて開催するべきでないと考えているのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました