東京都内飲食店酒類提供のルールとは?提供禁止になる条件は?路上飲みは?

ニュース

ワクチン接種は始まりましたが、未だに新型コロナウイルスに悩まされていますね、、。
回復の兆しが見えず、気持ちが落ちてしまっている方も多いと思います。何も解決していない回復していない。不安しかない。そんな中でもオリンピックはありますしね、、。

オリンピックが始まってからの感染拡大も心配ですね。今回の記事では、そんな新型コロナウイルスが原因で経営がままならい飲食店の現状。

酒類提供のルールや提供禁止となる条件をまとめていきます。

コロナワクチン一番安全なのは?ファイザーモデルナアストラゼネカ日本で接種可能なのは?
2021.5.24 2021年5月24日午前8時から、東京と大阪において大規模接種センターにおけるコロナワクチン接種が始まりました。東京都千代田区大手町の会場には、午前6時半頃から高齢者が集まっています...
コロナワクチン若年層の副反応の可能性は?リスクあるのか接種すべき?
2021.6.7. 現在接種を進めているコロナワクチンは、高齢者に対しても高い発症予防効果があり、副反応は若年層の方が、高齢者より出やすいことが分かりました。 従来のワクチンは、高齢者に対して効果...
スポンサーリンク

飲食店酒類提供のルールとは?

今回の緊急事態宣言解除の後、飲食店での酒類提供や営業時間がどう変化するのか調べていきましょう。

何度も、緊急事態宣言が発令され、解除されを繰り返す中で飲食店への影響はかなり大きいです、、。

厳しい制限の中で閉店を余儀なくされた店舗もたくさんあるようです、、。

今後の酒類提供のルールですが、東京都でも自粛要請が緩和されます。

「2人以内で90分まで」や「感染防止徹底宣言ステッカーを店舗に掲示する」などいくつかの条件が定められています。

果たして今後どのような対応になっていくのでしょうか、、。

約2ヶ月間も続いた緊急事態宣言が6月20日をもち9都道府県で解除されました。

そのうちの7都道府県では「まん延防止等重点措置」に移行、発令されます。

そして気になる飲食店の営業時間や酒類提供のルールですがどのようになっているのでしょうか?
酒類提供のルールに関しては自治体によって異なってきますが、この記事では主に東京都でのルールについてまとめていきます。

東京都では引き続き、飲食店に対して時短営業を要請しています。

・まん防区域→5時~20時まで
・まん坊区域外→5時~21時まで

居酒屋を含んだ飲食店、喫茶店、スナックなどの遊興施設、結婚式場など集会場。が対象となり、
宅配やテイクアウトのサービスは対象外となっています。

東京都の発表では、まん防区域での酒類提供に関しては
・アクリル板等の設置
・座席の間隔の確保
・手指の消毒を徹底
・食事中以外のマスク着用の推奨
・換気の徹底
・「感染防止徹底宣言ステッカー」の掲示
・「コロナ対策リーダー」に登録、研修ができている
・都が定める感染拡大防止のチェックリストにチェックの上、店舗に掲示
・1グループにつき2人以内の来店
・酒類提供は11時~19時まで
・利用者の滞在時間は90分以内

が、ルールとなっています。

なお、感染状況が悪化しステージ4相当の状況が視野に入った場合、専門家の意見を参考として直ちに酒類提供・持ち込みの全面停止を要請するとしています。

スポンサーリンク

提供禁止になる条件は?

次に酒類の提供禁止となる条件ですが、上記にも記載した

・アクリル板等の設置
・座席の間隔の確保
・手指の消毒を徹底
・食事中以外のマスク着用の推奨
・換気の徹底
・「感染防止徹底宣言ステッカー」の掲示
・「コロナ対策リーダー」に登録、研修ができている
・都が定める感染拡大防止のチェックリストにチェックの上、店舗に掲示
・1グループにつき2人以内の来店
・酒類提供は11時~19時まで(まん防区域外は20時まで)
・利用者の滞在時間は90分以内
この条件が守れない店舗は酒類の提供が禁止となっています。

この他にも自治体によってルールは異なってきますが、大阪府のルールをまとめていきます。
大阪府の吉村知事は「リバウンドは絶対に防がないといけない。飲食店への要請として原則、酒類の提供は自粛を続けるべきだ。

しかし例外として、感染対策を徹底し「ゴールドステッカー」を取得した店舗は19時まで1グループ2名の客に限ってお酒の提供を認めるべき。」と話しています。

そして、まん防対象区域に指定された33の市は
・府の「ゴールドステッカー」の交付を受けている
・「ゴールドステッカー」の申請を行っている

店舗には1グループ2名が上限、11時~19時までをルールとして酒類の提供を認めています。

飲食店の営業時間に関しては引き続き、20時までとしています。
このように上記に記載したルールをベースとして各地域で独自のルールをプラスしているようです。

観客を入れて開催されることが決まった、2021年7月23日~8月8日東京オリンピックでも
会場内での酒類の提供は見送り、飲酒も禁止となるようです。
オリンピック自体、開催を反対する声がかなり多いのでこの決断に関しては当たり前だなと思いました、、。

話し合いをする内容ではないですよね、、考えなくても禁止ですよね、、。

飲食店のルールに関しては今度変わってくる可能性もあるので気になる方は是非確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は緊急事態宣言解除後の飲食店、酒類提供についてまとめました。大きくはないですが、地域によって少しルールは変わってきますのでご自身の地域に関しては確認してみてください。

私自身、この条件を見てみて本当に意味があるのか、解除して大丈夫なのか。不安なことの方が多いので、不必要な外食控え家で過ごすのが一番ですね。

私は今後も家でゆっくり過ごしたいと思います。皆さんも自宅映画鑑賞なんていかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました