コロナワクチン不妊はデマ?ワクチンに関する噂は?安全に接種できる?

ニュース

高齢者以外でもコロナワクチンを接種できる自治体が増える中で、コロナワクチンを接種すると不妊になるという噂が流れています。

コロナワクチンの接種が開始してからはこういった噂も多く、デマも頻繁に流れています。

そのためコロナワクチンが安全に接種できるのか不安で「コロナワクチンを接種しない」という方も存在します。

今回の記事では
・コロナワクチンで不妊になるという噂
・ワクチンに関する噂と安全性
について紹介します。

コロナワクチン若年層の副反応の可能性は?リスクあるのか接種すべき?
2021.6.7. 現在接種を進めているコロナワクチンは、高齢者に対しても高い発症予防効果があり、副反応は若年層の方が、高齢者より出やすいことが分かりました。 従来のワクチンは、高齢者に対して効果...
コロナワクチン一番安全なのは?ファイザーモデルナアストラゼネカ日本で接種可能なのは?
2021.5.24 2021年5月24日午前8時から、東京と大阪において大規模接種センターにおけるコロナワクチン接種が始まりました。東京都千代田区大手町の会場には、午前6時半頃から高齢者が集まっています...
スポンサーリンク

コロナワクチン不妊はデマ?

先日、河野規制改革担当相がコロナワクチンを接種して不妊になるというのはデマだと発表していました。

コロナワクチンは臨床試験がなく、データも少ないのでワクチン接種をする事が不妊に繋がるという噂も流れています。

しかし何の根拠もなく河野大臣をはじめ、あらゆる産婦人科医の院長もデマだと発表しています。

東京都内の産婦人科ではコロナワクチンが半年という短い期間で開発が行われた事でデータが揃っていない事を述べています。

そして、ワクチン接種をしたことが原因で不妊になる確率は0ではないと明かしています。

確かに通常のワクチンや薬であれば、あらかじめ臨床試験をして副反応や変化をしっかり調べてから使用を許可しています。

コロナワクチンの場合は危機的状況をなんとしても打破するために短期間で作られ、接種が開始しています。

そのためデータがなくて当然ですね。

不妊という情報がデマだと言いつつも、絶対ないとも言えないので現段階では多くの産婦人科で注意喚起をしています。

コロナワクチンで不妊するというのはデマではありますが、接種をしてからの人工授精や子宮に器具を注入する手術などは中止となっています。

他にもワクチン接種の対象についても期間がありました。

妊娠して間もない4週目までの間はワクチン接種を避けなければならないという事です。

さらに日本産婦人科学会の資料では以下のような記載がありました。

・コロナワクチンは現時点で妊婦に対する安全性、特に副反応や胎児への安全性は確立していない
・妊娠12週目まではワクチン接種を避ける
・感染リスクが高い医療従事者、重症化リスクのある肥満や糖尿病などの基礎疾患を合併している場合はワクチン接種を考慮する
・妊婦のパートナーは家庭での感染を防ぐため、ワクチン接種を考慮する
・妊娠を希望される方は可能であれば妊娠をする前にワクチン接種を受ける

このような記載があり、コロナワクチンについて現段階では未確定な事が多い事などが発表されています。

スポンサーリンク

ワクチンに関する噂は?安全に接種できる?

コロナワクチンに関しては接種が開始してから現在まで様々な噂が流れています。

1つはコロナワクチンが短期間で作られた物だから安全ではないという噂です。

現在接種が行われているコロナワクチンは実は臨床試験が行われています。

ただ、海外製のワクチンなので被験者が海外の人だったのです。

被験者以外にも動物実験が行われていて臨床試験がしっかり行われたのちに日本で摂取可能となりました。

海外で承認された物で日本では臨床試験を行っていない事が理由で、安全ではないという噂が広がってしまったと予想されます。

さらにSNSでは新型コロナウイルスによる感染拡大が嘘だと投稿している方もいて、大阪駅ではデモが行われた事もありました。

デモの首謀者によると新型コロナウイルスは感染拡大するものではないと明かしています。

さらには世界の黒幕がワクチンで人類を管理すると言う内容でした。

ワクチンを使用して体にマイクロチップを埋め込むのが本当の目的だと言っており、SNSだけでなくYouTubeで動画を投稿する方もいたのです。

千葉大学院の谷口医師は自身のwebサイトでコロナワクチンに関する情報を発信していましたがデモが起きた事で批判が殺到した事もあったようです。

もちろん彼は医師であり多くの人にコロナワクチンの情報を知ってもらうために発信していました。

しかしデモが起きたおかげで「嘘つき」、「ワクチンは安全じゃない」などの批判が殺到してしまったのです。

実際のところコロナワクチンは100%安全なわけではありません。

インフルエンザの予防接種と同じで、ワクチン接種をしたから感染しないというわけではありません。

しかし海外でも臨床試験を行い、日本でもコロナワクチンを接種した事がキッカケで病気になった人はいません。

そのため安全性は高いのではないでしょうか?

現在感染が増えている変異種の有効性についても、今はまだデータが少ないですが今後の調査によって有効性のデータが取れると思います。

さらにコロナワクチンによる試験のデータやコロナウイルスをもっと細かく調べる事ができたら治療薬も開発されていくでしょう。

コロナワクチンは危険なのではなく、まだデータが揃っていないから根拠が少ないだけに思えます。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では
・コロナワクチンで不妊になるという噂
・ワクチンに関する噂と安全性
について紹介しました。

噂になっている不妊はデマだという事を河野規制改革担当相が発言しており、多くの産婦人科医が呼びかけを行っています。

中にはコロナワクチンによってマイクロチップが埋め込まれるという噂もあり、大阪ではデモまで起こっていました。

現時点ではデータが少なく安全ではないという意見も多いのですが、コロナワクチンによる病気の発症なども起こっていません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました