Bybitは詐欺か?金融庁からの警告内容は?青汁王子ヒカルも加担か?

ニュース

2021年5月、Bybitが金融庁から警告された事が分かりました。

Bybitは海外の取引所として利用する方も多く青汁王子もTwitterでオススメしていましたが、今回の警告がキッカケで怪しいと思った方も多いでしょう。

しかも青汁王子はYouTuberのヒカルさんにBybitを進めている動画もあります。

今回の記事では
・Bybitは詐欺なのか?
・金融庁からの警告内容
・青汁王子もBybitに加担していたのか
について紹介していきます。

青汁王子三崎優太自殺未遂騒動の原因は?みねしまと越山晃次のでっち上げ誹謗中傷が理由か?
青汁王子こと三崎優太さんが、5月20日に、東京・渋谷の自宅から昏睡状態で救急搬送されました。 多くの人がネット上で心配していましたが、命の別状はなく、病院から自宅へ帰った三崎優太が騒動に至った真相を激白しました。 青汁王子三崎優...
スポンサーリンク

Bybitは詐欺か?金融庁からの警告内容は?

金融庁からの警告によってBybitが詐欺なのではないか?と不安に思う方が急増しています。

確かに金融庁から警告があったとなるとブラックな部分が多いのではないかと不安になりますよね。

ましてや自分はBybitを利用いていたのであればなおさら不安は大きくなります。

今回Bybitは無登録で仮想通貨を行っているとして警告を受けています。

詳しい警告内容に関しては金融庁の公式Twitterで投稿されていました。

金融庁の公式TwitterによればBybitは無登録で仮想通貨交換業を行った事で警告という結果に至ったようです。

Bybitは2020年8月から日本円に対してのサポートが開始しています。

日本円でのサポートを開始している事が裏目にでてしまい、日本人をターゲットに詐欺行為を働く危険性があると認識されてしまったのです。

またBybitの警告のキッカケとなったのは日本の投資家とターゲットとしたキャンペーンが原因だった事が分かっています。

Bybitの日本版サイトでは地元の投資家がプラットフォームへのアクセスを許可していません。

またBybit同様に海外の取引所では過去に8か所も金融庁から警告を受けています。

金融庁から警告を受ける企業の特徴は
・日本人を限定とした海外の取引所
・ICOを目的に勧誘の多い場合
・セミナー活動によって目立っていた場合
などが指摘されやすいです。

何か商品を購入する時も海外製品は危険だとか、保証がない物もあるので海外というだけで危険視されているのかもしれませんね。

Bybitが対象となったのも日本人をターゲットにした事が大きな原因だったと予想されます。

また海外の取引所を個人で使用する場合サポートを受けられない可能性のほうが高いです。

海外の場合、急に取引所がなくなってしまったり場合によっては桁外れの大暴落が起きる事もあります。

そのため今回の警告でも金融庁は海外取引所を避けたほうが良い事や国内取引所のレバレッジを下げるように言っていたようです。

仮想通貨はもともと得をする方よりも損をする方のほうが多いとも言われていますしデメリットも多いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

青汁王子ヒカルも加担か?

起業家やインフルエンサーとして大人気の青汁王子こと三崎優太さんもBybitを利用している事で話題となっています。

もともと知名度の高い青汁王子ですが実は2021年6月半ばにYouTube動画でBybitについて触れています。

動画の内容ではYouTuberのヒカルさんに400万円分のビットコインをプレゼントするというものでした。

さらにはオススメの仮想通貨取引所としてBybitを紹介する投稿もあります。

もともと青汁王子がヒカルさんに400万円のビットコインをプレゼントしたのはヒカルさんの誕生日プレゼントだったようです。

ヒカルさんのYouTube動画を見ると、30歳の誕生日を記念して427万円相当のビットコインをプレゼントしています。

さらに1億まで増やせるかもしれない方法もレクチャーしていました。

日本の仮想通貨用口座の場合は審査に時間がかかるためすぐに使用できる取引所としてBybitを進めています。

さらに海外の取引所のほうが手数料も安いという事もあってBybitに決めたようです。

動画内では口座開設の仕方や取引までを紹介していてヒカルさんは短時間でおよそ30万円の利益を上げていました。

2人の動画がキッカケでBybitを検討する方も多かったのは確かです。

その後、金融庁がBybitに対して警告を出したという流れでしたが、青汁王子の公式SNSでは今回の騒動には触れていません。

さらに青汁王子からBybitを進められ、取引を行ったヒカルさんも自身のTwitterなどでは金融庁の警告に関して触れていませんでした。

2人とも今回の警告について一切触れていない事からSNSでは心配する声や不審に思う声が飛び交っています。

「2人とも大丈夫?」という声も多いのですが中にはステマとして受け取った方も多く、賛否両論なのが現状です。

しかし違法な取引を行ったわけでもなく、警察沙汰になる内容でもないのであえて何も発言しない可能性もあります。

これがもし脱税や違法取引であれば大問題ですが、今回はBybitを利用していたというだけなので2人が問題を起こしたわけではありません。

しかしBybitに関しての動画や、Bybitを勧めた直後に金融庁からの警告という形になってしまったので怪しまれたんですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では
・Bybitは詐欺なのか?
・金融庁からの警告内容
・青汁王子もBybitに加担していたのか
について紹介しました。

今回Bybitは無登録で仮想通貨の取引を行っていた事で金融庁から警告を受けていました。

Bybitはもともと海外の取引所のためサポート体制が整っていません。

最近では日本人をターゲットとしたキャンペーンも行っている事から詐欺ではないかと怪しまれていました。

インフルエンサーとして有名な青汁王子がYouTuberのヒカルさんにBybitを進めていた事がキッカケで不安の声も広がっていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました