ワクチン接種後死亡事例は?安全性が高いのは?ファイザーモデルナ危険なのは?

ニュース

新型コロナワクチンの接種が始まってから4か月が経過し、2021年7月5日現在、日本国内で1回目接種者3255万人(全人口に占める割合:25.60%)、2回目接種者1832万人(全人口に占める割合:14.41%)に達しています。

7月5日現在の全国65歳以上の高齢者の接種割合は、1回目:67.62%、2回目:35.86%に達しています。厚生労働省からコロナワクチン接種後の副作用や死亡例について報告されています。

ワクチン接種後の死亡事例について調査しました。

コロナ感染自宅療養中に注意するべきことは?フォローアップセンターは何?
2021年8月28日現在、新型コロナの感染急拡大により病床が逼迫し、自宅療養者が急増しています。全国の自宅療養者が約12万人に達しました。 自宅やホテルなどの宿泊施設で療養中に死亡した人が、少なくとも45人出ていると報道されています。...
国産コロナワクチンの供給の可能性はある?研究は進んでいるのか?
2021年9月6日現在、国内の新型コロナワクチンの接種実績は、1回以上接種者が59.3%、2回接種完了者が47.9%に達しました。厚生労働省によると8月8日現在で2月から接種開始したファイザー製で0.02%(9065万1661回中2万492...
アストラゼネカ社ワクチンは危険か?副反応副作用は?メリットデメリット
アストラゼネカ社ワクチンの公的接種が始まっています。政府が確保しているワクチンは、ファイザー製が1億9400万回分(9700万人分)、モデルナ製が5000万回分(2500万人分)、アストラゼネカ製が1億2000万回分(6000万人分)です。...
スポンサーリンク

ワクチン接種後死亡事例は?

2021年6月23日に厚生省の専門部会で報告されたワクチン接種後の死亡事例はファイザー製354人、モデルナ製1人で計355人でした。ファイザーは2月17日から6月18日までの報告です。モデルナは5月24日から接種が始まりました。

ファイザー製ワクチン接種後に死亡した人は、年代別にみると80代(139人)、90代(93人)、70代(68人)で、高齢者から接種が始まっているので、高齢者の死亡が多い結果になっています。

医療ガバナンス研究所・上昌広理事長は「高齢になるほど体力が低下し、臓器の持つ生存力を示す『予備力』が低くなります。そのため高齢者ほど強めの副反応が出た際に体が持ちこたえられず、結果的に死に至りやすくなります」と、高齢者特有の弱点を指摘しています。

上昌広理事長は1993年東京大学医学部卒業、1999年同大学大学院修了、医学博士、虎ノ門病院、国立がんセンターにて造血性悪性腫瘍の臨床および研究に従事し、2016年から特定非営利活動法人・医療ガバナンス研究所理事長を務めています。

7月4日に、高知県南国市の集団接種会場でファイザー製ワクチンを接種した60代の男性が、接種直後に倒れ、搬送先の病院で死亡しました。死亡例に対して、多くの場合、専門家の評価は「情報不足によりワクチンとの因果関係が評価できない」と因果関係が分かっていません。

こびナビ副代表の木下喬弘さんは「例えばワクチンを接種した後に死亡した事例があれば、ワクチンが原因で亡くなったのではないかと考えてしまうのは当然です。しかし、このようにさまざまな仕組みを用いて、ワクチン接種との因果関係というのを全世界的に調査しているということは、ぜひ知っていただきたいと思います。」と因果関係を調査していることを説明しています。

木下喬弘さんは2010年大阪大学医学部医学科卒業、大阪の救命救急センターで9年間勤務後、2019年にハーバード公衆衛生大学院に入学、日本のHPVワクチンに関する研究で2020年にハーバード公衆衛生大学院卒業賞を受賞しました。

4月23日に、新潟県でワクチン接種した病院勤務の25歳の男性が4日後に自殺しました。接種と自殺の関係について、厚生労働省の報告書は「否定も肯定もできず、同様の有害事象の収集に努めるべきと考える」と報告しています。

5月28日に兵庫県神戸市の73歳の女性が、ワクチン接種後に呼吸が荒くなり、病院へ搬送されましたが、接種後3時間半で死亡しました。女性には糖尿病の持病があることが分かりました。

医療経済ジャーナリストの室井一辰さんは「コロナワクチンは接種後に血栓が生じるリスクが指摘されます。生活習慣病は動脈硬化が起こりやすく、血栓が生じた際に血管が詰まりやすいので注意が必要です」と持病を持つ人に注意しています。

室井一辰(むろい いっしん)さんは、石川県金沢市生まれ、東京大学農学部獣医学課程修了、大手出版社を皮切りに医学専門メディアや経済メディアなどで全国の病院や診療所など、海外取材も行い、医療・バイ技術の取材を行っている。

多くの専門家が、高血圧や糖尿病、脂質異常症、肥満などの生活習慣病を持つ人のワクチン接種に注意を促しています。血液内科医の中村幸嗣さんは「仮に接種による反応で軽度の出血が起きれば、脳出血などは止まらないなどのリスクが増す可能性があります」と生活習慣病を持つ人は注意するように言っています。

中村幸嗣(なかむら ゆきつぐ)さんは、防衛医科大学校卒業、元陸上自衛隊医官、血液内科専門の内科医です。

スポンサーリンク

安全性が高いのは?ファイザー―モデルナ危険なのは?

ニッセイ基礎研究所の調査「第4回 新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」で、新型コロナワクチン接種意向を尋ねたアンケート(20~69歳の男女対象)では「しばらく様子を見てから」が51.2%、「あまり接種したくない」15.9%、「絶対に接種したくない」7.5%と、ワクチン接種を受けたくない人が、かなり存在します。

若者がワクチン接種を受けたくない理由は「いまの若者はインフルエンザやツベルクリンなどの集団接種を受けた経験がありません。また報道で集団接種によるB型肝炎や子宮頚ワクチンの副反応を後々まで引きずっているケースを見聞きし、集団のワクチン接種に警戒心を持っていますね」とニッセイ基礎研究所の村松容子准主任研究員が話しています。

日本では、新型コロナワクチンとして、ファイザー製とモデルナ製が接種されています。

メーカーからの報告によると、アナフィラキシーの発生は、ファイザーが100万回に4.7回、モデルナが100万回に2.5回でした。アメリカの有名病院で約65000人にワクチン接種(ファイザー社40%、モデルナ60%)してアナフィラキシーの頻度は、1万人あたりファイザー社2.7人、モデルナ社2.3人でした。

ファイザー社とモデルナ社の間に、安全性において有意な差は認められていません。ペニシリンのアナフィラキシーは、1万人あたり1-5人程度と言われていて、コロナワクチンが他の薬剤と比較して安全性に劣るとは言えません。

コロナワクチン接種後副反応に効く解熱剤は?品薄状態で薬局で買える?
新型コロナワクチンの接種が進みつつあり、1回目よりも2回目の接種後のほうが高熱や倦怠感を訴える方が増えています。 厚労省ではコロナワクチン接種後に服用する解熱剤としてカロナールを推奨しています。 また、解熱剤を購入する方が多く現...
ワクチン三回目接種日本はいつから?副反応はどうなる?
米国ファイザーと独ビオンテックは、日本において新型コロナワクチンの三回目の追加接種を行うための薬事手続きを始めることが分かりました。同社は海外でも臨床試験データを提出していて、日本でも追加の三回目接種の準備を進めています。 2021年...
日本コロナワクチンいつ打ち終わる?ワクチン不足問題はどうなった?現状
2021年8月2日現在、厚生労働省のデータによると新型コロナワクチンの累計接種回数は8911万回になりました。1回接種した人が3794万人で総人口の4割を越えました。3回接種した人は29.8%になっています。 65歳以上の高齢者の接種...
ファイザーワクチンの副反応副作用は?ファイザーデルタ株への効果は?
ファイザーワクチンの医療従事者、高齢者への接種が広がり、ファイザーワクチンの副反応副作用について多くの知見が得られています。 ファイザーワクチンの主な副反応には、接種部の痛み、赤み、腫れ、体全体の疲労、頭痛、筋肉痛、悪寒、発熱、吐き気...
日本コロナワクチン接種完了はいつ?コロナ禍はいつ終わる?
2021年7月5日現在の日本国内のワクチン接種状況は、全部で5087万963回と報じられています。内訳は高齢者を含む一般の人が3976万1523回(うち2回目は1325万2904回)、医療従事者は1110万9440回(うち2回目は506万7...
モデルナワクチンは危険?副反応副作用は何?モデルナ社のメリットは?
2021年6月8日にモデルナワクチンを接種した94歳の男性が、翌日にくも膜下出血で亡くなったことが分かりました。神奈川県川崎市中原区の大規模接種会場でモデルナワクチンを接種し、帰宅後に接種部の痛みを感じながら普通に生活していました。 ...
スポンサーリンク

まとめ

今回はコロナワクチンによる死亡例について調査しました。日本においてワクチン接種後に死亡した人は355人いることが分かりました。しかし死亡した人のワクチン接種と死亡の間の因果関係は分かっていません。

既往症のある場合は、副作用が激しくなり、死亡する可能性があります。コロナワクチンの副作用について十分に理解して、ワクチン接種しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました