TOKYO MER第1話ロケ地?MER発足式典会場や出動した事故現場、喜多見の自宅マンションは?

ドラマ

2021年7月期、TBS日曜劇場でお届けするのは、医療の最前線で懸命に戦う医師たちの姿を描いたドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」です。

死者ゼロを目指し、最新医療機器搭載のオペ室搭載車(通称:ERカー)で現場へと出動するというミッションを課せられた主人公・喜多見幸太。

演じる鈴木亮平さんは、これまでも数多くの日曜劇場にご出演されていますが、この作品が同枠初主演作となるとのことです。

どんな命も必ず救うという思いのもとで始動したMER。そこで今回は、第1話のロケ地情報や視聴後の感想などお届けしていきたいと思います。

スポンサーリンク

TOKYO MER~走る緊急救命室~ 第1話予告動画


事故・災害・事件の現場へと駆けつけて、患者を救命するために発足した“TOKYO MER”。
救命救急チーム”TOKYO MER”のメンバーは、7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木亮平)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師・ホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)。そして、厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)。その誰もが救命医療のスペシャリストたちだ。

発足記念式典の最中、バス事故で重篤患者が出ているとの通報を受けて、チームは現場へと急行する。そこには、何人もの命の危機に瀕した患者が待ち受けていた!複数の患者を危険極まりない事故現場でオペをするという前代未聞のミッションに挑む。

そして、医師の常識を超越した喜多見の救命行為は、厚生労働省で問題視されてしまう。
発足早々に解散の危機を迎るTOKYO MERに、工場爆発というさらなる試練が待ち受けていた…!喜多見とメンバーに難しい決断が迫られる!

<引用>TOKYO MER~走る緊急救命室~ 公式

スポンサーリンク

TOKYO MER~走る緊急救命室~ 第1話に登場するロケ地・撮影場所は?

BIG HOP Garden Mall Inzai 千葉県印西市原1-2

1992年、喜多見が巻き込まれた銃乱射事件が起きた、アメリカ ペンシルベニア州のショッピングモール

公式HP:

【BIGHOP(ビッグホップ)ガーデンモール印西】千葉県印西市、印西牧の原駅前のショッピングモール
BIG HOP(ビッグホップ)ガーデンモール印西の公&...

マレリ株式会社本社 埼玉県さいたま市北区日進町2-1917

TOKYO MER 発足記念式典会場

公式HP:

https://www.marelli.com/jp/

立飛リアルエステート東地区 東京都立川市高松町1丁目

トラックと路線バスの衝突事故が発生した「芝みらい公園前」バス停

東京臨海病院 東京都江戸川区臨海町1-4-2

東京海浜病院外観

公式HP:

東京臨海病院 日本私立学校振興・共済事業団|江戸川区
東京臨海病院 日本私立学校振興・共済事業...

帝京科学大学 千住キャンパス 東京都足立区千住桜木2-2-1

音羽と弦巻が話をしていた東京海浜病院の食堂

公式HP:

千住キャンパス | キャンパス紹介 | 大学概要 | 帝京科学大学
帝京科学大学の大学案内です。建学の精神、沿革、諸規則、組織図、事業・財務概要、資産構成、第三者評価やキャンパスマップを掲載しています。

サロンラシーヌ 東京都新宿区荒木町15 サンシャトー四谷 8 階

喜多見が暮らすマンション

公式HP:

8F サロンラシーヌ | サロンガイヤール -新宿 四谷のレンタルスペース GAILLARD -
新宿 四谷のレンタルスペースGAILLARD(ガイヤール)の8F サロンラシーヌ。アットホームかつモダンな内装、そして各国の雑貨で装飾された室内は、撮影にもってこいです。新宿区のビルの8階にあるので、見晴らし、日当たりもとても良く、正に開放的なスペースです。1LDKの室内は、仕切りが無く、多彩な用途でご利用頂けます。2...

深谷市衛生センター 埼玉県深谷市樫合

ガス爆発事故が発生した工場の解体現場外観

東京夢の島マリーナ 東京都江東区夢の島3-2-1

ガス爆発事故のための救護所を設営した駐車場

公式HP:

東京夢の島マリーナ

スポンサーリンク

TOKYO MER~走る緊急救命室~ 第1話撮影協力一覧(エンドロール)

MARELLI 深谷市 深谷フィルムコミッション 深谷市消防本部
栃木県フィルムコミッション 東京臨海病院 千葉大学病院 行徳総合病院 東鷲宮病院
帝京科学大学 ジャパンウェルネス 立飛ホールディングス 立飛リアルエステート
サロンラシーヌ BIG HOP Garden Mall Inzai ハーミットクラブ 東京夢の島マリーナ
株式会社東海運輸 枝川支店 千葉県フィルムコミッション

TOKYO MER~走る緊急救命室~ 第1話の感想

死者を1人も出さないことを目指し、医師とオペ室を現場に派遣するという取り組み。そのお披露目式典の最中に、早速出動要請がかかるという、ドラマあるあるな流れで幕を開けたこの物語。

緊迫した現場であっても、手慣れた様子でトリアージを進めていく医師・喜多見。演じている鈴木さんは、前クールでの漫画家のイメージとは180度違った、逞しい男性という印象でした。

これほどの思いの中で働く彼らは、目指すところがみな同じなのかと思いきや、衝突事故の現場では、居眠りという過失があるとされた加害者側の救出を優先するかのような行動に、疑問を投げかける場面も。

相手が誰かを問題とせず、命を救うことだけを目的に動く喜多見は、レスキューとも対立。死者ゼロを目指すなら、この辺の連携は欠かせないはずです。

喜多見の行動は、一歩間違えれば二次災害や患者を増やすという結果にもなりかねなかっただけに、ドラマ上助かるのだろうとは思っていても、かなりドキドキするシーンでしたね。

このピンチを2度とも救ったのが、MERを潰すことを目的に潜り込まされた音羽。動機はどうであれ、医師としての腕も信念も確かなようで、喜多見とも上手くやっていけそうな雰囲気を感じました。

初回から大事故が続くものの、奇跡的に死者ゼロを達成したMER。発案者である都知事・赤塚の評価も期待できそうな結果でしたが、彼女の功績を認めたくない厚労省との対立は、深刻さを増していきそうな気がしますね。

そもそもこのMERに喜多見が任命されたことにも、何か秘密があるようです。単に医療ドラマというだけでなく、その背景には様々な人間模様の絡み合いが隠れていそうなだけに、今後の展開から目が離せませんね。

TOKYO MER~走る緊急救命室~ 第2話公式予告


工事現場での鉄骨落下事故に出動したTOKYO MER。自身を危険にさらして現場でオペするチーフの喜多見幸太(鈴木亮平)に、研修医の弦巻比奈(中条あやみ)は反発するが、比奈の起こしたミスにより患者は命の危険に陥ってしまう。大きく自信を失った比奈に、夏祭りでの爆発事故の出動命令が下る。多数の重症患者を前に「医師の命を守る責任の重さ」に立ちすくんでしまう比奈。喜多見からたった一人での重大オペを任された比奈は、「命という試練」を乗り越えられるのか?

<引用>TOKYO MER~走る緊急救命室~ 公式

TOKYO MER~走る緊急救命室~ 今すぐ無料で見る

TOKYO MER~走る緊急救命室~」は、
動画配信サービス「Paravi」で
第1話から最終話までフル動画で配信。
見逃しても大丈夫!
今すぐ おためし無料
Paravi」は、2週間無料
無料期間の解約で違約金なし
ボタン一つで、簡単解約可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました