コロナ第5波はいつくる?東京オリンピック終了後の日本はどうなる?

ニュース

東京オリンピック開催日まで残り僅かとなった中、第5波についての警戒レベルが高くなっています。

現に東京では日に日に感染者が増え、ワクチンの在庫も少なくなっています。

さらにはオリンピックに参加するボランティアの方も2度目の接種を受けられないままオリンピック開催となります。

東京オリンピック終了後、感染者が拡大する可能性が高く今後の日本がどうなるのか不安も大きいですね。

今回の記事では
・コロナ第5波はいつくる?
・東京オリンピック終了後の日本はどうなるのか
について紹介していきます。

コロナワクチン若年層の副反応の可能性は?リスクあるのか接種すべき?
2021.6.7. 現在接種を進めているコロナワクチンは、高齢者に対しても高い発症予防効果があり、副反応は若年層の方が、高齢者より出やすいことが分かりました。 従来のワクチンは、高齢者に対...
コロナワクチン一番安全なのは?ファイザーモデルナアストラゼネカ日本で接種可能なのは?
2021.5.24 2021年5月24日午前8時から、東京と大阪において大規模接種センターにおけるコロナワクチン接種が始まりました。東京都千代田区大手町の会場には、午前6時半頃から高齢者が集まっています。 大規模接種センターでは...
スポンサーリンク

コロナ第5波はいつくる?飲食店だけがターゲット?

先日、大阪の吉村知事は会見を開きすでに第5波の入り口に入っている事を示唆していました。

東京でも感染者は増え続けている状況ですが、デルタ株の感染が増えている事から他の都道府県でも感染者は急増しています。

以前の新型コロナウイルスでは外出や県外への旅行が原因で感染拡大が起きていましたね。

最近の感染状況を見ていると外出や旅行ではなく感染力の強いデルタ株が日本でも増えている事が原因と考えられます。

さらに7月23日からは東京オリンピックの開催が始まるのでさらに警戒しなければなりません。

現時点で第5波がいつくるのかは情報がありません。

しかし様々な専門家や知事は現状を見た状態ですでに第5波に入っている事を明かしています。

感染者が何人以上で第5波になるという定義はありませんが、前日や1週間前を比べて感染者が急増しているのであれば第5波が近いという認識になりますね。

東京では7月12日に4回目の緊急事態宣言を発令しています。

現在、東京都では22日連続で新規感染者が増えていて平均すると1日あたりの新規感染者数は700人を超えています。

そして昭和大医学部の教授は感染を疑うターゲットについても言及しています。

新型コロナが流行してから現在までターゲットとされているのは接待を伴う飲食店や酒類を提供する場所です。

そのため居酒屋やクラブなどは緊急事態宣言やまん延防止措置のたびに時短営業や休業を義務付けられています。

しかし現在見つかっている感染者の半数以上が感染経路不明です。

そう考えると一概に飲食や飲酒の場が良くないとも言い切れないですね。

私もよく新規感染者の情報をSNSで見かけますが
「○○店で従業員1名の感染確認」
という投稿は多いものの、その人がどこで感染したのかは明らかになっていません。

そのためどこかのお店で感染者は出たけれど、その人がどこで感染したのかは分からないという事です。

感染経路が明らかになっていない状況で飲食店だけ我慢を強いられているのは、なんだか間違っているように感じます。

スポンサーリンク

緊急事態宣言の意味はある?オリンピック終了後の日本はどうなる?

緊急事態宣言は飲食店や娯楽施設などを対象とし休業や時短営業が義務付けられています。

しかし2021年に入ってからは休業や時短営業に応じない店舗が出てきたり、外で缶チューハイを片手に飲酒している方も見受けられます。

居酒屋が営業していなくても外で飲めばいいと考える方が増え、外出している方も増えてきました。

そのため前回の緊急事態宣言では最初の頃と比べると感染減少の波が小さかったですね。

これは悪く言えば気の緩みや諦めが原因です。

新型コロナウイルスは最初は誰もが恐れていたものの最近では感染してもしょうがないと考えている方が多いです。

さらに短時間なら、少しだけならという気の緩みが感染拡大の原因となっています。

また間もなく開催される東京オリンピックでも感染の危険性はあります。

次々と無観客の競技は増えつつありますが、まだまだ感染予防対策は少ないです。

ましてや観客だけでなくボランティアの方がコロナワクチンの接種が完了していない状況を見ると、オリンピック終了後に感染者が増えるのは目に見えますね。

オリンピック開催前に第5波に入りつつあり、あと1週間ほどで開催となっていても感染者が減るという事は考えられません。

そのためオリンピック終了後には東京だけでなくオリンピックに参加している都道府県では感染拡大が予想されます。

現時点で感染拡大する可能性は高いのですが、その上でワクチンの在庫が少ないとなると重症者も増える事が予想されます。

現時点で医療崩壊が起きていますから感染者が急増してしまったらどうなってしまうのかと考えると恐ろしいですね。

日本の医療体制は海外に比べてしっかりしていると言われています。

しかしオリンピック後に毎日100人単位で感染者が増え続けたら入院できない重症者もさらに増える事でしょう。

さらに感染拡大した地域に大きな病院がなかったり受け入れできる病院がなければ、自宅待機の方も増えます。

そうなってしまえば治療を受けずに自宅で苦しい思いをする方も増えるのは当然です。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では
・コロナ第5波はいつくる?
・東京オリンピック終了後の日本はどうなるのか
について紹介しました。

政府や専門家によると新型コロナウイルスはすでに第5波に突入しており、東京都では緊急事態宣言を発令しています。

緊急事態宣言では飲食店がターゲットになっていますが、現時点でおよそ半分の方が感染経路不明となっています。

さらに東京オリンピックの開催が近づいている中、ワクチン供給が少なくなり接種できない方が急増する恐れがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました