小山田圭吾学生時代のいじめ謝罪どうゆうこと?オリンピックはどうなる?

ニュース

間もなく開催される東京オリンピック開会式で楽曲を作っている小野田圭吾さんが過去に悪質ないじめをしていた事を謝罪していました。

彼のいじめが発覚したのは過去の雑誌インタビューでの暴露が原因ですが、オリンピック関係者という事もありネットでは大炎上となっています。

今回の記事では
・小山田圭吾の学生時代のいじめ
・小山田圭吾のいじめ騒動でオリンピックはどうなる?
について紹介していきます。

小山田圭吾炎上続く理由は?なぜ収束しない?オリンピック参画は辞退
2021年7月19日に、東京オリンピック開会式で作曲担当していたCorneliusこと小山田圭吾が、楽曲制作への参加を辞退することを公表しました。 小山田圭吾は自身のTwitterで文書を公開し、「関係各所にて調整をさせて頂き、組織委...
小林賢太郎もオリンピック辞退の理由は?小山田圭吾も関係か?
2021年7月22日に、東京五輪・パラリンピック組織委員会は、開閉会式の制作・演出チームで統括役を務めていた小林賢太郎の解任を発表しました。 問題になったのは、小林賢太郎が1998年に発表したビデオに収録されているコントで、中に「ユダ...
いじめ騒動小山田圭吾の後任は?東京五輪開会式に間に合うのか?
東京オリンピックで楽曲制作を担当している小山田圭吾さんの辞任が決定しました。 しかし東京オリンピック開催式まで残り僅かとなっており後任が誰になるのか気になりますね。 さらに東京五輪開会式まで残りわずかなので式までに新しい楽曲がで...
小山田圭吾過去の障がい者いじめの内容は?いつの話?何の記事?
東京オリンピック・パラリンピック大会の開会式で音楽を担当するコーネリアス・小山田圭吾が、学生時代に障害者に対するいじめを行っていたことに関してSNSが炎上しました。 2021年7月14日に、東京オリンピック・パラリンピックの開会式に起...
サッカー南アフリカ戦どうなる?U-24日本代表の初戦不戦勝はあるか?
東京オリンピックで2021年7月22日のサッカー競技で予選リーグ初戦において、日本と対戦する予定の南アフリカ代表チームの選手ら3人が新型コロナに感染し、濃厚接触者が21人発生したことが確認されました。 組織委員会によると、濃厚接触者の...
スポンサーリンク

小山田圭吾学生時代のいじめ謝罪どうゆうこと?

どうして今さら謝罪?と思った方も多いでしょう。

まずは小山田圭吾さんが話していたいじめについて紹介していきます。

小山田圭吾さんは1994年に音楽雑誌のインタビューの際、学生時代に同級生をいじめていた事を明かしています。

いじめの内容はそのまま掲載されていて、同級生を箱に閉じ込めた事を悪びれなく話していました。

さらには障害のある同級生を全裸にして紐でグルグル巻きにした事やバックドロップしたことを話しています。

話を聞くだけでも相手の子がどれだけ辛く悲しかったのかが分かる内容ですし、それを平気で話す小山田圭吾さんもどうかしていますよね。

20年以上も前に雑誌のインタビューで話したことが今になって謝罪騒動となってしまった理由は2つ考えられます。

1つはSNSなどのネットで情報が挙げられたことです。

小山田圭吾さんが東京オリンピックで楽曲を作ることが決定したというのはメディアでも発表されています。

そのため多くの方が小山田圭吾さんについて調べる機会が増え、彼が過去にインタビューを受けた際に発言していた内容が明るみになったと予想されます。

今はSNSが情報源となる時代ですし、彼の悪事なども一気に浮上してしまったのでしょう。

もう一つ考えられるのは関係者や被害者からのリークです。

今回の騒動は小山田圭吾がいじめを行っていた事が明るみになっているので、オリンピックで楽曲制作を行うと決まった時点で誰かがリークした可能性もあります。

いじめた側は対して気にしていなくてもいじめられた側は深く傷つき、一生忘れられないものです。

そのため小山田圭吾さんにいじめられた本人もしくは彼のいじめを当時見ていた方などが関係者に話したのかもしれません。

いずれにせよ小山田圭吾さんの印象が悪くなってしまったのは間違いありません。

最近では彼のいじめに対してニュースで報道されていましたし、多くの芸能人が彼のいじめに対して言及している姿も見受けられます。

ましてや、いじめをしていた人間が東京オリンピックで楽曲制作をしていたとなると尚更でしょう。

スポンサーリンク

オリンピックはどうなる?参画できない?

今回、小山田圭吾さんが過去にいじめを行っていた事が明るみになった事で辞任させて欲しいとネットでは炎上しています。

しかし組織委員会総長は小山田圭吾さんを辞任させる考えはないと発言しています。

組織委員会総長の話しによると小山田圭吾さんは十分に反省しており謝罪もしているので引き続き参加して欲しいとの事でした。

オリンピック開会式のイベントでは以前、企画と演出を担当していた佐々木宏さんが侮辱発言をした事で辞任しています。

そのため今回の小山田圭吾さんに対しても辞任が妥当だと思われていましたが、結果的には小山田圭吾さんが謝罪のコメントを出して終了となっています。

多くの方は今回の決断に納得いっていないのが事実です。

しかし小山田圭吾さんを辞任させない理由はタイミングなのではないでしょうか?

東京オリンピック開会式まですでに1週間を切っています。

そのため今から新しく楽曲制作をするとなれば開会式までに間に合いません。

さらに楽曲を作る人間を探す手間もあります。

どう考えても間に合わないと思えば厳重注意をして継続させるほうが良いと考えるのは当然ですね。

もし今回の騒動がオリンピック開催間近でなければ小山田圭吾さんが辞任となっていた可能性は高いでしょう。

過去のいじめが明るみになってしまった小山田圭吾さんは自身のTwitterで謝罪ツイートをしています。

しかし謝罪の投稿はパソコンで入力した文章を写真でアップしているためコメント欄を見てみると
「本人かどうか分からないから信用できない」
「この程度の謝罪文で許されることではない」
「言い訳にしか見えないし辞退する気はないんですね」
といった意見が多く見受けられました。

特に多かったのは小山田圭吾さんがターゲットとしていた障害者を子に持つ親の方でした。

さらに2021年7月18日現在、Twitterでは「小山田圭吾の辞職を求めます」という言葉がトレンド入りとなっていました。

予定通りオリンピックでは小山田圭吾さんが制作した楽曲が流れますが、それに対するクレームも大量に起こる事は言うまでもないですね。

森喜朗五輪名誉最高顧問就任復帰は本当か?なぜこの話が浮上?
2021年7月23日に、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会内で、森喜朗前会長を「名誉最高顧問」に就ける案が浮上していることが分かりました。 組織委員会や政府の関係者の話によると、東京五輪・パラリンピックへの貢献を考慮して、「名誉最...
スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では
・小山田圭吾の学生時代のいじめ
・小山田圭吾のいじめ騒動でオリンピックはどうなる?
について紹介しました。

小山田圭吾さんはオリンピックで楽曲制作が決定していますが、過去に雑誌のインタビューで学生時代にいじめをしていた事が明るみとなっています。

小山田圭吾さんは同級生や障害者に対していじめをしていた事で大炎上となっていますが、現時点で辞任の意向はありません。

オリンピック開催まで間もないので辞任はせず、引き続き制作陣として活動していくことが分かっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました