バッハ歓迎会関係者参加者は?人数は?なぜ森喜朗が参加?スピーチも?

ニュース

2021年7月18日に、東京五輪・パラリンピック組織委員会は、東京都港区の迎賓館でIOCのトーマス・バッハ会長ら約40人を招いて歓迎会を開きました。

新型コロナウイルス感染防止のため飲食を伴わずに実施し、約1時間半で終了しました。菅首相はあいさつで1964年東京五輪の「東洋の魔女」の思い出話を披露しました。

バッハ会長歓迎会の参加者を調べました。

東京オリンピック中止宣言されない理由は?委員会の中枢役員の思惑は?五輪強行開催か?
いよいよオリンピック開催まで3ヶ月を切りました。 そんな中で多くの方が行っているのが「なぜ、東京オリンピックを中止にしないのか」です。 新型コロナウイルスが流行している現状を考えると真っ先に中止にするのが当然だと思うのですが、現...
スポンサーリンク

バッハ歓迎会参加者は?

バッハ会長歓迎会の参加者名簿は公表されていません。菅義偉首相、小池百合子東京都知事、橋本聖子東京オリンピック組織委員会会長、森喜朗組織委員会前会長、丸川珠代五輪相、山下泰裕日本オリンピック委員会会長など約40人が出席しました。

歓迎会は橋本聖子会長、菅義偉首相、小池百合子知事らが挨拶し、辻井信行さんのピアノ演奏がありました。アルコールなどの飲食物は提供されず、約1時間半で終了しました。

バッハ会長は、ワクチン接種をして7月8日に来日しました。ホテルで3日間待機し、東京五輪の始まる23日まで東京オリンピック組織委員会とのリモート会議や選手村での関係者との会合など多忙な日程をこなしています。17日にはIOC理事会に出席しています。

バッハ会長は菅義偉首相との会談のさいに感染状況の改善時に観客を入れて開催することを求めました。尾身茂新型コロナウイルス感染症対策分科会会長は7月16日の記者会見で「2週間後に有観客というようなことは、普通の判断ではないと思う」と述べました。バッハ会長の求める有観客開催より感染拡大を防止する対策が重要だとの考えを示しています。

バッハ会長は、7月16日に被爆地の広島市を訪問し、平和記念公園の原爆慰霊碑に献花し、癌爆資料館を視察しました。バッハ会長は「今回の東京2020オリンピック・パラリンピックは、より良い、より平和な未来への希望の光になると確信しています」と話しました。

原爆慰霊碑の前で黙とうするバッハ会長に対して、公園周辺に集まった市民団体が英語でシュプレヒコールを上げました。7月16日は国連で採択された「五輪休戦決議」の期間の初日でした。

鳩山由紀夫元首相が、7月17日にTwitterへ投稿し、広島市を訪れたバッハ会長に対し「バッハ会長が広島記念公園を訪れて献花をした。私は広島を訪れたこと自体を批判するつもりはない」とした上で、「核爆弾を落とした米国に対する批判も核廃絶に向けての強い意志も感じられなかった」として、「パフォーマンスと言われても仕方ない」とコメントしています。

俳優の武田鉄矢さんは7月18日のフジテレビ系「ワイドナショー」で「この状況でオリンピックができる国を世界で探すと日本しかありません。他の国でやってたら内乱が起こったり、首の絞め合いが起こったり、反対運動が渦巻いて。こんなに穏やかにのどかに盛り上がらないオリンピックを平然と待てるのは日本人しかいません」とコメントしました。

カズレーザーさんはTBS系「サンデー・ジャポン」に生出演し、バッハ会長が小池百合子知事や菅義偉首相と会談したことに関して「この会合は、今まで小池さんや菅さんとか重要な会合であってもリモートで代用しようと推進してきた人たちが参加するから、絶対に集まらなければいけない理由があるんですよね。それをアピールすればいいんですけど、それに関して何の説明もないのに進めているのはよくわからないですよね。納得しないんじゃないですか」とコメントしています。

バッハ会長歓迎会に森喜朗元会長が参加した理由を調べました。

スポンサーリンク

なぜ森喜朗が参加?スピーチも?

7月18日に迎賓館でIOCバッハ会長の歓迎会が開催されたことに関して、SNSでは「自粛を都民は強いられているのに、五輪貴族は歓迎会」「これこそ不要不急だろ」など怒りの声が溢れました。

2月に不適切発言で辞任した森喜朗前会長の出席に対して、立憲民主党の連坊参議院議員は、Twitterで「歓迎会? 本気ですか」とあきれていました。そのほかTwitterには「食事や酒類の提供が無くても、これ自体やる意味あるのか? あと森は辞めてるのに何故出席? ツッコミどころが多くて呆れる」という意見も見られました。

森喜朗前会長がバッハ会長の歓迎会に出席した理由を説明した書き込みは見つかりませんでした。森喜朗前会長は辞任するときに「皆さんが、邪魔だと言われれば、老害、粗大ごみになったのかもしれないから、そうしたら掃いてもらえればいいんじゃないですか」と話しました。

IOCと東京都、日本政府の間で交渉ができる人間、各スポーツ競技団体に抑えがきく人間は森喜朗前会長以外にいないという自信とバッハ会長の森喜朗前会長への個人的信頼関係によりバッハ会長歓迎会に出席したと思われます。

バッハ会長の歓迎会が開催された迎賓館周辺には、多くの警察官が配置され、厳戒態勢の中、五輪中止のデモがありました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は迎賓館で開催されたバッハ会長の歓迎会について調べました。約40人の参加者がいて、飲食物の提供が無く、1時間半で終了したことが分かりました。

東京オリンピックが安全に行われることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました