コロナウイルスの第五波は東京五輪か?四回目の緊急事態宣言地域拡大はあるか?

ニュース

今回は新型コロナウイルス感染症の第五波に関することや、四回目の緊急事態宣言は地域拡大の可能性があるのか、、調べていきます!

新型コロナウイルの感染の拡大が止まらない中での東京五輪。今以上の感染拡大が目に見えてますよね、、。なぜ、開催を決断したのか。

そして、現在発令している四回目の緊急事態宣言の地域拡大はあるのか、、。心配なことが盛りだくさんですが、今後の日本はいったいどうなっていくんでしょうか。

詳しく調べていきますので、よかったらゆっくり見ていってください!!

コロナワクチン一番安全なのは?ファイザーモデルナアストラゼネカ日本で接種可能なのは?
2021.5.24 2021年5月24日午前8時から、東京と大阪において大規模接種センターにおけるコロナワクチン接種が始まりました。東京都千代田区大手町の会場には、午前6時半頃から高齢者が集まっています。 大規模接種センターでは...
スポンサーリンク

コロナウイルスの第五波は東京五輪か?

首都圏では新型コロナウイルス感染拡大の第五波への危機感が広まっています。

17日には国内で新たに3886人の新型コロナウイルス感染者が報告されました。東京では1410人。神奈川県では539人。大阪府では380人。

東京は4日連続で1000人を超え、神奈川県が500人を超えるのは1月24日以来です。埼玉でも300人前後が続いており、深刻な状態となっています。

厚生労働省が発表した全国の感染状況を示す指標では、東京が人口10万人当たりの新規感染者数と療養者数、感染経路不明割合の3つで、神奈川県は新規感染者数と感染経路不明の2つでステージ4相当となってしまいました。

沖縄は病床使用率などの4つでステージ4相当と厳しい状況が続いています。

そんな厳しい現状の中、東京五輪オリンピックの開幕が目前に迫っています。

第四波でもかなりの地域差がありましたが、第五波も同じような傾向がありそうです。第四波では関西圏・沖縄・北海道が厳しい医療難に陥りましたが、第五波の舞台は関東圏になるかもしれません。

すでに関東で第五波の明確な立ち上がりが観測されています。東京都の新規感染者数の増加によって、すでに自宅や宿泊施設での療養者と軽症中等症の入院患者数が第五波を脅かしています。

大阪ではこうした動きは目立っておらず医療難とは程遠い圏内にあり、すでに地域差が出始めています。

関東圏に住む医師からは、「だんだん入院患者数が増えてきた」「波が来ているのを実感する」という声が挙がっています。

ワクチンの効果が出てきているのか、高齢者の入院は少なくなってきているものの糖尿病や肥満を有する中高年の入院が多く、若者者でもデルタ型変異ウイルスの影響もあり、肺炎症例が多い状況となっています。

ここから先は、重症病床が満床にならないように注視する必要があります。

東京五輪オリンピックが開幕となると、たくさんの人が東京を訪れることになります。

感染が拡大する可能性はかなり高いですね。かなりのリスクを背負ってまで開催の必要があったのか、開催が決まってしまったのは仕方ないので、一人ひとりの注意が必要になってきます。

スポンサーリンク

四回目の緊急事態宣言地域拡大はあるか?

関西圏の第四波はアルファ型変異ウイルスにより、医療難に陥りました。

①重症病床が早い段階で満床となる。
②転院できなくなった重症患者を軽症中等病床で管理することになる。
③軽症中等病床さえも救急搬送ができなくなる。
この3点が主な理由となります。

「重症病床の想定が甘かった」という批判をよく耳にしませんか?結果的にはその通りなのかもしれませんが、なんだか少し後出しだなぁ、、と思いますよね。私は思いました。

大阪府に関しては、重症者が増える想定を早い段階から立て、コロナ重症センターなどを2020年初夏から先手を打ちましたがその予想をはるかに超える重症患者数が発生してしまいました。

重症病床というのは集中治療管理のことで、人工呼吸器やECMO(体外式膜型人工肺)を装着し、多数の医療従事者で一人の患者と向き合う病床です。

最近では新型コロナウイルスの接種が広まり、全体の重症患者数の制御には一定の効果があるものだと期待されています。

しかし、デルタ型変異ウイルスの重症化リスクについては中高年以降だけでなく若年者でも高くなっています。第四波で関西圏を苦しめたアルファ型変異ウイルスと比べて入院リスクは約2倍だとされています。

たくさんの原因はあると思いますが、四回目の緊急事態宣言の地域拡大はやむを得ないと思います。今後、ワクチン接種を終了した方が多く出てくると思いますがその方々がどのように生活を送るのかがポイントのなってくると思います。

ワクチン接種をしたことで安心し、新型コロナウイルス感染症が拡大する前のような生活を送ってしまうと緊急事態宣言の地域拡大は可能性が高くなってきてしまいます。

このままだと何度も緊急事態宣言の発令と解除を繰り返し、新型コロナウイルスの感染拡大は収束することなく悪化していく一方です。収束する前に解除し、感染者が増えて発令する、、。本当に意味があるのか。今後の政府の動きに期待したいですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回はコロナウイルスの第五波は起こってしまうのか。

四回目の緊急事態宣言地域拡大はあるか?を調べてきました。やはり、この段階で東京五輪オリンピックを開催するのは間違っているのではないでしょうか。

この状態だと四回目の緊急事態宣言の地域拡大は近々ありそうですね。まぁないにこしたことはないので、拡大されないことを願います。今後、ワクチンを接種した方は過ごし方を考えてみてくださいね。それだけで何か変わるかもしれませんしね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました