緊急取調室シーズン4第2話ロケ地東大國密会していた喫茶店や橋、衆議院第一議員会館は?

ドラマ

7月15日よりテレビ朝日系で放送中のドラマ「緊急取調室 シリーズ4」。

前シリーズから2年ぶりの放送であったことが嘘のように、変わらないあのキントリの雰囲気。亡き大杉漣さんの存在を感じさせてくれる、シリーズファンとしても嬉しい演出もありました。

視聴率の面でも、世帯平均で14.7%を記録する好スタートとなった今シリーズ。前回のハイジャック事件を受け、取り調べに挑むキントリの様子を描いた第2話。どんな展開が待っていたのか、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

緊急取調室 シーズン4 第2話公式あらすじ予告

「小暮しのぶ」として潜伏すること50年…。突如、国土交通副大臣・宮越肇(大谷亮平)の汚職疑惑の真相を明らかにすると宣言し、宮越が乗った飛行機でハイジャック事件を起こした活動家・大國塔子(桃井かおり)。しかし、塔子が宮越の第一秘書・東修ニ(今井朋彦)のアタッシェケースに忍ばせ、機内に持ち込んだという爆弾を確かめた「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」の取調官・真壁有希子(天海祐希)は、爆弾が偽物だと確信。塔子の身柄を拘束した警視庁が「爆弾は処理中に爆発した」と発表したことに疑念を覚え、本物の爆弾は“汚職の証拠”だったのでは…とにらんでいた。
このハイジャック事件には間違いなく裏がある――。そう考えた有希子は、自ら塔子を取り調べようと奮起。だが、すでに取り調べは公安が担当することになっていた。しかも、警察の上層部が“爆弾”の隠蔽に一枚噛んでいるとするならば、有希子は間違いなく邪魔な目撃者だ。案の定、刑事部長・北斗偉(池田成志)は有希子に辞表を書かせることを交換条件に渋々、キントリによる取り調べを1時間だけ許可したのだが…。
その矢先、本物の小暮しのぶ(円城寺あや)が遺体で見つかった。しかも遺体の傍らには、塔子がハイジャック決行前に切ったおさげ髪の束が…! しのぶ殺害の容疑で塔子の逮捕状を別途請求し、取り調べ時間を延ばそうと画策する有希子。だが、北斗は頑として許可しない。
そんな中、ハイジャック事件で命を落とした東の息子・奨太(石田星空)がキントリを訪れ、父が飛行機に乗る直前に郵送してきたという筆箱を差し出す。中にはなんと、誰も想像すらしなかった“事件の骨組み”を示唆する重要な証拠品が入っていた! しかもこの証拠品、捜査を進展させるどころか、逆に有希子らの頭を混乱させ…!?
だが、時間は待ってはくれない。1時間という、あまりにも短い制限時間内に、“塔子の真の目的”と“事件の全体像”を明らかにすべく、不退転の覚悟で立ち向かっていく有希子。しかし、相手は50年前に7分間の名演説で名を馳せた、口の立つ女だ。当然のごとく、取り調べは壮絶を極め…!

<引用>緊急取調室 シーズン4 公式

スポンサーリンク

緊急取調室 シーズン4 第2話ロケ地

華飾スタジオ 東京都板橋区高島平6-2-5 華飾市場ビル

大國塔子が入院していた警察病院(第1話から引き続き登場)

公式HP:

華飾スタジオ
ドラマ・映画専用撮影スタジオ

レストラン 山中亭 東京都八王子市椚田町115-1

小暮が大國に届ける食品をもらっていたレストラン「ビストロゴトウ」

公式HP:

レストラン山中亭 | フレンチレストラン | 八王子 | 椚田 | めじろ台
レストラン山中亭のホームページ 東京都八王子市にあるカジュアルフレンチレストラン

小菅村のアパート 山梨県北都留郡小菅村

真壁が調べを続けていた大國塔子が住んでいたアパート(第1話から引き続き登場)

Yonchome Cafe 東京都杉並区高円寺南4-28-10-2F

東が大國にハイジャックを持ち掛けた喫茶店

公式HP:

Yonchome Cafe

小菅川に架かる橋 山梨県北都留郡小菅村

東と大國がハイジャック計画について話していた橋

横須賀リサーチパーク5番館 神奈川県横須賀市光の丘5-5

宮越が記者の質問に応じていた衆議院第一議員会館

公式HP:

横須賀リサーチパーク

スポンサーリンク

緊急取調室 シーズン4 第2話撮影協力一覧(エンドロール)

華飾スタジオ 成田つくば航空専門学校 公共建物株式会社 DAY NITE 山梨県小菅村
Naritalia 横須賀リサーチパーク 航空科学博物館 たすけあいハウス Yonchome Cafe
レストラン 山中亭

緊急取調室 シーズン4 第2話の感想

ハイジャック事件の真相が隠蔽されそうだという事態の中、小暮しのぶが遺体として発見されたことで、その容疑で大國の聴取を行うことになったキントリ。

とはいっても、関係者である真壁が聴取することは公安にとって不都合なこと。交換条件に真壁の辞表を用意させるとは、やり口が汚いですね。

でも、その程度では屈しない真壁による、緊迫の取り調べシーン。“黒い女神”と称された伝説の革命家を相手に、どんな攻めを見せてくれるのか、楽しみで仕方がありませんでした。

東の息子が届けた携帯電話から、東と大國のつながりを確信し問いただすものの、口を割らない大國。その状況に変化を見せたのは、小暮の殺害に話が及んだ頃だったでしょうか。

大國の支援者として名前を貸し、定期的に食べ物を運び、世話をしてくれていた小暮。かつての栄光を失っていた大國にとって、唯一の心の支えだったのでしょう。

それなのに、小暮は自分の幸せのために大國を切り捨てようとしていたことを知り、衝動的に殺してしまった。我に返り、自責の念から死に場所を求めていた大國にとって、宮越の不正を暴こうとハイジャックを企てる東の目は、革命家時代を思い起こさせたようです。

こうして東の作戦に乗り、自分が東に殺されるというシナリオで動いていたはずのハイジャック。でも、蓋を開けてみれば東が大國を利用し、自ら命を絶つ場を作ったにすぎなかったという事実が解き明かされた瞬間、なんとも言えないような気持ちになりました。

東の自殺を公に出来たものの、権力にはかなわず闇に葬られた不正。ラストシーンを見る限り、宮越との戦いは続きそうです。キントリ解散まであと80日。どんな展開となっていくのか、楽しみです。

緊急取調室 シーズン4 第3話公式予告


チケットは30秒で完売…世間が注目するボクシングのバンタム級タイトルマッチが、目前に迫ってきた。「大卒のプリンス」ともてはやされる現チャンピオン・加賀見光一郎(神尾楓珠)に挑戦するのは、元ボクサー・山内潔(阿南健治)に才能を見いだされ、デビュー戦以来4戦連続のKO勝ちを収めた元不良少年・石倉衆ニ(岡山天音)。正反対の2人の試合には、熱い視線が注がれていた。
ところが、対戦1週間前の会見が開かれた直後、事件が起こる。会見に出席していた週刊誌記者・梅本マサル(松本実)が、川に転落して溺死。亡くなる前に顔面を殴られていたことが判ったばかりか、石倉と一緒に事件現場付近を歩いている姿をとらえた防犯カメラ映像も見つかったのだ!
これを受け、警視庁捜査一課は石倉を任意同行することに。真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーには、石倉を取り調べて自供させるよう、刑事部長・北斗偉(池田成志)から命令が下る。だが、そもそも石倉を被疑者として引っ張るには、あまりにも決め手が少ない。キントリの面々は取り調べに難色を示すが、北斗は補導歴3回・暴力沙汰で少年院にも入っていた石倉の過去を持ち出し、犯人だと決めてかかり…。
偏見を持たずフェアな取り調べを――そう肝に銘じ、石倉と対峙する有希子。ところが、石倉は態度が最悪な上に、思いの外したたかに追及をかわし、容疑についても「素人を殴るわけねぇだろ」と一蹴。石倉の言動、そして右手に巻かれた包帯を直接確認した有希子は、彼が犯人との心証を強め…!
まもなく、梅本の銀行口座に不審な振り込みが2件あったことが判明。さらに、会見の映像を見直した有希子は、いつも戦闘態勢の石倉が加賀見に何か囁かれるや、一瞬だけ見せた不安そうな表情が引っかかる――。

<引用>緊急取調室 シーズン4 公式

緊急取調室シーズン4第1話ロケ地東の葬儀が行われた寺や自宅、キントリ行きつけの居酒屋は?
2014年1月期に第1シーズンが放送されて以来、毎回視聴率2桁越えを記録するほどに人気を集めているドラマ「緊急取調室」。第3シーズンの放送から2年の時を経て、2021年7月期に新シーズンの放送が決定しました。 主人公・真壁有希子を演じ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました