いじめ騒動小山田圭吾の後任は?東京五輪開会式に間に合うのか?

ニュース

東京オリンピックで楽曲制作を担当している小山田圭吾さんの辞任が決定しました。

しかし東京オリンピック開催式まで残り僅かとなっており後任が誰になるのか気になりますね。

さらに東京五輪開会式まで残りわずかなので式までに新しい楽曲ができるのかも気になるところです。

今回の記事では
・小山田圭吾の後任は誰なのか
・東京五輪に間に合うのか
について紹介していきます。

小山田圭吾炎上続く理由は?なぜ収束しない?オリンピック参画は辞退
2021年7月19日に、東京オリンピック開会式で作曲担当していたCorneliusこと小山田圭吾が、楽曲制作への参加を辞退することを公表しました。 小山田圭吾は自身のTwitterで文書を公開し、「関係各所にて調整をさせて頂き、組織委...
小山田圭吾学生時代のいじめ謝罪どうゆうこと?オリンピックはどうなる?
間もなく開催される東京オリンピック開会式で楽曲を作っている小野田圭吾さんが過去に悪質ないじめをしていた事を謝罪していました。 彼のいじめが発覚したのは過去の雑誌インタビューでの暴露が原因ですが、オリンピック関係者という事もありネットで...
小山田圭吾過去の障がい者いじめの内容は?いつの話?何の記事?
東京オリンピック・パラリンピック大会の開会式で音楽を担当するコーネリアス・小山田圭吾が、学生時代に障害者に対するいじめを行っていたことに関してSNSが炎上しました。 2021年7月14日に、東京オリンピック・パラリンピックの開会式に起...
スポンサーリンク

いじめ騒動小山田圭吾の後任は?

過去に雑誌のインタビューで学生時代に同級生をいじめた事が発覚した小山田圭吾さん。

彼のいじめ騒動が今になって明るみになり、先日オリンピックの楽曲制作を辞任していました。

間もなくオリンピックの開会式は始まりますがSNSでは後任が誰になるのか予想が始まっています。

現時点で後任は明かされていませんが、何人かの芸能人がすでに後任を名乗り出ています。

1人目は歌手の岡崎体育さんです。

岡崎体育さんは自身のTwitterで7月20日に「俺にやらせてくれ」と小山田圭吾さんの後任を申し出ています。

2人目は「PPAP」で一躍有名となったピコ太郎さんは7月20日のTwitterで「PPOP」を制作した事を明かしていました。

ピコ太郎さんが今回制作したPPOPは歌詞の中にパラリンピックとオリンピックのフレーズが入っています。

さらにツイートでは「我々はいつでも馳せ参じますピコよ!」と後任を申し出るコメントがありました。

また、大会組織委員会会長の橋本さんは今回の騒動に関してもっと早く把握していればと反省している事を述べています。

そして後任に関してはまだ考えていないとの事でした。

開催まで間もなくですが橋本さんは出来る限り支障をきたさないようにと考えているようでした。

開催まで数日となっていますが現時点で後任が決まっていないのであれば、このまま後任を決めずに進める可能性もありますね。

ちなみに小山田圭吾さんが制作した楽曲はオリンピックでは一切使用しない事が決まっているので開会式の楽曲は短くなる事も考えられます。

さすがに無音での開会式はないと思うので、過去に使用した楽曲を使い回しするのかもしれません。

もしくは現段階で後任を名乗り出ているアーティストや芸能人の方を受け入れて使用する可能性もあります。

いずれにせよ時間がないのは確かなので、ある程度の妥協も必要でしょう。

スポンサーリンク

東京五輪開会式に間に合うのか?

オリンピック開催直前というあまりにも急な辞任なので東京オリンピック開催までに間に合わせるのは難しいです。

現に大会組織委員会の橋本会長も後任を考えていないと発言しているので、もしかしたら後任を決めるという考えはないのかもしれません。

それでなくても東京オリンピックはロゴの盗作疑惑や組織委員会会長の辞任など問題が多いですよね?

先日は東京オリンピックで開閉会式のショーディレクターを務めている小林賢太郎さんも解任しています。

小林賢太郎さんの場合も小山田圭吾さんと同じで過去の過ちがキッカケで解任となりました。

開会式の直前で立て続けに解任があると後任を決めるにもかなり厳しい状況なのではないでしょうか?

小山田圭吾の場合もそうですけど、今何か問題を起こしたのではなく若い頃の不適切発言が問題で解任となっています。

そのため今から後任を決めるにしても、その人の過去を調べなければいけません。

今は何事もなくテレビに出て芸能人として活動していても過去の過ちや不適切発言がキッカケで再び解任となる恐れがあります。

ただ単に楽曲制作ができる人間を探すよりも何十倍もシビアな課題になりますよね。

ましてや開催まで数日となった現状では後任を探す時間もないので不可能とも言えます。

また、一部の報道では開会式で使用する国立競技場で大人気ゲーム「ドラゴンクエスト」のテーマソングが流れている事が分かりました。

さらに国立競技場の上空には多くのドローンが上がっている事も分かっており、急ピッチで開催準備が行われている事が分かります。

ネットではドラゴンクエスト以外にもゲームの楽曲が流れていた事が発覚しています。

前総理大臣であった安倍晋三さんは2016年のリオオリンピック閉会式でマリオの恰好で現れた事がありましたね。

そのため今回、ドラゴンクエストのテーマソングが流れていたという事は菅総理が勇者の恰好をして現れるのでは?と話題になっています。

しかしオリンピック開催式や閉会式のリハーサルの際はネタバレにならないように式では使用しない曲でカモフラージュを行う事もあるようです。

そのためドラゴンクエストをはじめとした楽曲が式では使用しない可能性もありますね。

東京オリンピック開催式は7月23日20時からなので、どのような楽曲になるのかは直接見て確かめたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では
・小山田圭吾の後任は誰なのか
・東京五輪に間に合うのか
などを紹介しました。

小山田圭吾さんの後任は決まっておらず組織委員会の橋本会長も後任について考えていないと明かしています。

そのため後任なしで開会式が行われる可能性があります。

また、会場となる国立競技場ではドラゴンクエストなどの人気ゲームのテーマソングが流れているようです。

開会式で使用するのかは情報がありませんが、間もなく開会式が始まるので実際に見て確認しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました