東京五輪メダリスト誹謗中傷訴えた選手誰?IOCの対策は?

ニュース

東京オリンピックが開催して世界中が盛り上がっている中、ネットによる誹謗中傷による被害を訴える声が急増しています。

特に被害が多いのがメダルを獲得した選手で、採点や審査が不正だという声が相次いでいます。

今回の記事では
・東京五輪メダリストで誹謗中傷を訴えた選手は誰か
・誹謗中傷に対するIOCの対策
・なぜ誹謗中傷は増えたのか
について紹介していきます。

東京オリンピック開催費用はいくら?当初の五輪予算は?
2021年7月23日に開会式が行われる東京オリンピックは、東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県の会場において、すべて「無観客」で開催されることが決まりました。 7月初めまでは有観客の方向で調整されてきましたが、東京都の新規感染者の増加が...
卓球代表水谷隼目の病気とは何?原因は?引退後の復帰は監督抜擢もあるか?
2021年8月7日に、東京オリンピックの卓球男子団体で銅メダル、混合ダブルスで金メダルと活躍した水谷隼(じゅん)選手が引退の意向を示しました。具体的な病名は明かされていませんが、治療法がない目の病気で引退すると説明しています。 水谷隼...
水谷隼完全引退撤回か?Tリーグスポット参戦とは何?監督活動も?
東京オリンピックの男女混合ダブルスで金メダルを獲得した水谷隼選手が、引退宣言をしたものの新たな動きが確認されました。 水谷隼選手は9月9日に開催するTリーグに出場する可能性があると分かったのです。 しかし今までのように選手として...
スポンサーリンク

東京五輪で誹謗中傷を訴えた選手は誰?

誹謗中傷を訴える選手は何人かいますが、日本人選手でも何人か誹謗中傷を受けた事を公表している選手はいます。

1人は卓球混合ダブルスで金メダルを獲得した水谷隼選手です。

水谷選手が誹謗中傷を受けているのはTwitterでのダイレクトメッセージで、1日に何件ものメッセージが送られています。

しかし水谷選手自身は誹謗中傷に対して気にしておらず
「それだけ世界中を熱くさせたのかと思うと嬉しい」
と発言していました。

精神的ダメージが増えてもおかしくない状況でも淡々と話す姿から水谷選手の対応は多くの方から絶賛だったようです。

また体操の橋本大輝選手もSNSによる誹謗中傷を訴えていました。

橋本選手は採点結果が正確でなかった事が原因で多くの方から誹謗中傷のメッセージを受け取っていたようです。

しかし今回、彼がメダルを獲得したのは実力があり審判による判断のもと決定した物なので不正などは一切ありません。

そのため橋本選手は採点が公正であり正確だったとSNSで投稿していました。

またサーフィンで銀メダルを獲得した五十嵐カノア選手は審判を取り込んだという誹謗中傷が多数寄せられていました。

さらには原爆の被爆地をからかうような内容の発言も多く、選手も大きなダメージを受けた事は間違いないです。

また、誹謗中傷は日本人選手だけでなく海外の選手も被害を受けており、まだ試合を終えていない選手への精神状態も心配されています。

4年に1度のオリンピックというだけでプレッシャーは凄いですし、精神的に参る選手も多いと思います。

そのため日本のオリンピック組織委員会では選手に対しての誹謗中傷を監視して記録している事が分かっています。

スポンサーリンク

IOCの対応は?誹謗中傷が増えたのはなぜ?

現時点でIOCでは24時間受付している緊急相談窓口を開設しています。

こちらの相談窓口では70ヶ国語対応となっていて、オリンピックに参加している全ての選手が利用できるようです。

さらにはコーチや大会スタッフに対して選手をサポートするためのガイドブックの制作を検討しています。

また、IOCの声明によれば現在選手に対してのサポートを準備している段階のようです。

多くの方が利用するSNSの誹謗中傷に対してプロバイダに対して、誹謗中傷への規制をお願いできないか掛け合っている事が分かりました。

気になるのはなぜ今回、参加選手に対する誹謗中傷が急増したのかです。

基本的に誹謗中傷している方の多くが自分の正義感から発言している事が多いです。

ましてやTwitterは思った事を自由に発言できる場なので攻撃的な内容をそのまま投稿しても罪悪感をもたない方が多いです。

さらに今回のオリンピックは新型コロナウイルスが収まらない中での開催でしたね。

いつものようなオリンピックであれば世界中の方が感染できて盛り上がるはずのオリンピック。

しかし今回のオリンピックは観戦もできず自粛も継続しています。

そのため以前よりもストレスが溜まる事で攻撃的になる方も多いのではないでしょうか?

外出もできずイベントも全て中止ですし、東京オリンピックに関してはもともと反対意見も多かったです。

そのため無理やり東京オリンピックを開催したことでイライラしてしまった方も多いと予想されます。

さらに東京オリンピックが開催されて以降は新型コロナの感染者も急増していて、東京都では過去最高となる3.000人を超えています。

感染者が急増したのがオリンピック開会式以降という事から、東京オリンピックが原因で急増してしまったのでは?と考える方も多いのでしょう。

実際の所は東京オリンピック開催が原因で新規感染者が増えたのかは情報がありません。

しかし先日のニュースでは開会式の際に会場付近では人が密集しており、渋滞が発生したり警察が誘導するほどでした。

オリンピックそのものが悪ではありませんが今年は会場で見られない競技がほとんどです。

一目でも選手を見たい、会場の雰囲気を味わいたいと思う方が会場に集中してしまうのは分かり切っている事ですね。

新規感染者が急増したのはオリンピック開催に伴い、会場に密集している方が増えたからではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では
・東京五輪メダリストで誹謗中傷を訴えた選手は誰か
・誹謗中傷に対するIOCの対策
・なぜ誹謗中傷は増えたのか
について紹介しました。

誹謗中傷を訴えた選手は卓球選手の水谷選手をはじめ数人の選手で、採点やメダル獲得が不正だったという声が多いです。

IOCでは現在、参加選手のメンタルケアのために緊急相談室を用意しているほかガイドブックの制作も検討しています。

今回誹謗中傷が増えてしまったのは新型コロナウイルスによって我慢が強いられる事が多いため、ストレスが溜まってしまったのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました