もののけ姫の動画を無料で観る方法パンドラデイリーモーション使わない

無料視聴

<引用>東宝MOVIEチャンネル

日本を代表するアニメ映画界の巨匠・宮崎駿監督の大ヒット映画「もののけ姫」。

舞台は室町時代の日本で、自然を破壊していく人間たちの営みと、それに抗う森の生き物たちの戦いを描いた物語です。アシタカの魅力的なキャラクターに惹かれるファンも多く、アシタカのアクションシーンの壮絶さなども見どころの一つ。

本記事では、そんなもののけ姫を安全に完全無料で観れる方法をお伝えします。

もののけ姫を無料で観る方法

「もののけ姫」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

今すぐ無料おためし

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

もののけ姫を観る方法

もののけ姫のフル動画を無料で観る

今すぐTSUTAYA TVで観る

動画共有サービスで観る
YouTube
要注意!!
動画共有サービスは低画質など見にくいことがあります。
また、違法にアップロードされたものが多いので、使用端末がウイルスに感染する恐れがあります。視聴の際は自己責任で視聴してください。

もののけ姫内容

あらすじ ストーリー

中世(室町時代の頃)の日本。東と北の間にあると言われるエミシの村に住む少年アシタカは、村を襲ったタタリ神と呼ばれる化け物を退治した際に、右腕に死の呪いを受けてしまう。その正体は、何者かに鉄のつぶてを撃ち込まれ、人への憎しみからタタリ神と化した巨大なイノシシの神(ナゴの守)だった。アシタカは呪いのため村を追われ、呪いを絶つためにもイノシシが来た西の地へと旅立つ。

旅の道中、乱妨取りに奔る地侍との戦いや、謎の男ジコ坊との出会いを経て、アシタカはジコ坊から聞いた神が住むという深い森がある地に向かう。アシタカは山奥で倒れていた男達を助け、彼らの村へ連れて帰る。その村はタタラ場と呼ばれる、鉄を作る村であるという。そこを治めているエボシという女は、石火矢と呼ばれる火砲を村人に作らせ、山に住む”もののけ”や、村の鉄を狙う地侍たちから村を守っていた。アシタカが助けた男達も”もののけ”に襲われたもので、呪いを与えたイノシシの神に鉄のつぶてを撃ち込んだのもエボシだという。彼等は鉄を作るために自然を破壊している自覚はあったが、シシ神に力を賜り大きな力を得た動物、即ち”もののけ”達を快く思っていなかった。アシタカは、これ以上憎しみに身を委ねるな、とエボシに忠告するが、村人達にとってのエボシは、生きる希望を与えてくれる女性でもあった。

そのエボシの命を、”もののけ姫”が狙いにくる。その正体は山犬に育てられた人間の娘、サンだった。窮地に陥ったサンをアシタカは救うが、同時に彼は瀕死の重傷を負ってしまう。倒れながらもアシタカは、生きろ、とサンに語りかけるが、人を憎むサンは聞く耳を持たずに、助けてくれたアシタカを殺そうとする。しかし、アシタカから美しいと言われたサンは、動揺して思いとどまる。

サンはアシタカを、生と死を司る神、シシ神の前に連れて行く。シシ神はアシタカの傷を癒し、それを見たサンはアシタカを生かすと決める。サンはアシタカを介抱するうちに、しだいに彼に心を開いていく。アシタカも、森と人が争わずに済む道は無いのかと、思い悩む。

そのころタタラ場には、エボシにシシ神殺しをさせようとする怪しげな装束の男達が集結していた。彼等を率いるのはジコ坊である。男達は天朝よりシシ神殺しを許可され、不老不死の力があると噂されるシシ神の首を狙っており、エボシ達もまた、森を切り開くのをもののけ達に邪魔されぬよう、それに協力したのである。タタラ場を出発したエボシ達は、人間との最終決戦を行おうとするイノシシの大群と大戦争をはじめる。ところが、エボシが留守にしたタタラ場は、鉄を狙っている侍の集団に襲われてしまうのだった。

アシタカはエボシに戦いをやめて村に帰るよう伝えるが、エボシはかまわずシシ神殺しに向い、遂にその首をとる。するとシシ神の体から不気味な液体が大量に飛び散り、それに触れた者たちは死に、木は枯れてしまう。やがて液体は津波のような勢いで山を埋め尽くし、森は枯れ果てて、タタラ場も壊滅してしまうのだった。サンは森が死んだと絶望し、人間に対する憎しみを爆発させる。しかし、アシタカはまだ望みはあるとサンを説得し、二人は協力して、シシ神の首を持って逃げようとするジコ坊を押しとどめ、首をシシ神に返す。

シシ神は首を取り戻したが、朝日を浴びると同時に地に倒れて消える。その風が吹き抜けると、枯れ果てた山には僅かながら緑が戻り、アシタカの腕の呪いも消えた。アシタカのプロポーズに対し、アシタカは好きだが人間を許すことはできないと言うサンに、アシタカは、それでも互いの世界で共に生きようと語る。エボシもタタラ場の村人達に、新たに良い村を作りなおそうと語りかけるのだった。

<引用> wiki

登場人物出演キャスト

アシタカ  —松田洋治
サン/カヤ  —石田ゆり子
エボシ御前  —田中裕子
ジコ坊  —小林薫
甲六/他  —西村雅彦
ゴンザ  —上條恒彦
トキ/他  —島本須美
山犬  —渡辺哲
タタリ神  —佐藤允
牛飼いC/他  —名古屋章
モロの君  —美輪明宏
ヒイさま  —森光子
乙事主/老人  —森繁久彌

もののけ姫感想

20代男性

40代 男性

「七人の侍」に代表される従来の「武士が農民を虐げる」というステレオタイプな謬見に基づく時代劇の構造を革新した、宮崎監督の野心作。だがもちろん、本作の真骨頂はそこにあるわけではない。罪を犯したわけでもないのに呪いを受けるアシタカは、人間の運命が時にあるいは往々にして人生の途上で出会うありとあらゆる不条理の象徴である。そのことは現代を覆う閉塞感につながる。そんな人物を主人公に選んだ本作には様々なテーマ(問題意識)がこれでもかというくらいに詰め込まれている。当然のことながら消化不良の部分も出てくる。だがそういった欠点は本作では瑣末なことだ。現代は行き詰まりの問題やもうどうにもならない矛盾を数多く抱えている。そこから逃げずに向き合うことで、また簡単に解決せず(することもできない)いわば清濁併せ呑む形で自分ならではの「生」を生きろ、というのが監督の本当に言いたかったことではないだろうか。本作に充満するそれまでのジブリ作品にはないほどの異様な緊迫感・熱気はそういった問題意識を芸術の域にまで高めることによって得られた成果だと思う。「もののけ姫」はそういった意味で、宮崎作品の(おそらくは最後の)真骨頂であり持てる限りの全ての精力が注ぎ込まれた問題作であり、傑作である。

20代男性

30代 男性

やっぱりナウシカともののけ姫はダントツで好き!怖いからってあまりこの作品好きじゃない人もいるみたいだけど、命そのものをテーマにした映画の中では映画全体で見ても傑作だと思う。ジブリ作品らしいキャラクターも素晴らしいし、展開も無理なくスムーズ。音楽の荘厳とした雰囲気も印象深い。生きることを自然界を舞台にダイレクトに描いた作品として、大事にしたい映画だな。

20代女性

30代 女性

映画館のスクリーンで観るのは、小さい頃に観て以来。公開当初、大ヒットで映画館で買えるグッズが軒並み売り切れだったのを覚えている。

もちろんテレビでも時々観る機会はあったが、途中からの視聴だったり、集中力が切れているので、改めて映画館スクリーンで観ると再発見。

スクリーンの大きさだからこそ分かる背景画の美しさ。ジブリアニメに欠かせない久石譲の音楽の表現力。初見ではないからこそ細部に目がいき、また、年齢を重ねてきたからこそストーリーや登場人物へののめり込みが異なる。森と人間が共存する術は、解を示してないが、
でも、結論出していないからこそ、好きだな。

20代女性

30代 女性

ジブリ作品の中で「生きろ」というテーマが一番似合う作品なのではないでしょうか。ナウシカの世界観をもっとスケールを大きくし、舞台を日本にしたような感じ。

歴史的要素もあり少々小難しい話だから、幼少時代に見た時はただ単に「怖い」とか「キモい」とかいう印象しか抱かないと思います。しかしそのトラウマを抱え大人になって見てみると、この映画の意味の深さに気づかされ、もののけ姫が大好きになるのではないでしょうか。

アニメでこれだけ自然美を表現し、自然と人間の共存という永遠のテーマを提起できている宮崎駿は、本当に素晴らしい方です。
アシタカに「そなたは美しい」とか言われたら誰でも惚れるよね

もののけ姫を無料で観るには?

「もののけ姫」TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVで無料です。

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は1ヵ月無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。

今すぐTSUTAYA TVで観る

解約など詳細はこちらをクリック

コメント

タイトルとURLをコピーしました