風立ちぬ菜穂子の病気は結核か?療養所から抜け出した理由とは?

アニメ

「風立ちぬ」は2013年に公開された宮崎駿監督の長編アニメーション映画です。実在の航空技術者である堀越二郎という方をモデルにそして堀辰雄の小説をもとに制作されました。

幼い頃から飛行機に憧れる少年が飛行機の設計者となり、零戦を作り出す物語です。昭和初期の混沌とした社会を舞台に二郎が仕事に恋に奮闘する様子が描かれています。

今回はこの映画のヒロイン菜穂子について深堀していきたいと思います。

「風立ちぬ」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

今すぐ無料おためし

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

菜穂子の病気は結核か?

ヒロインの菜穂子は資産家の1人娘です。菜穂子と二郎のファーストコンタクトは列車に乗り合わせるシーンです。風に飛ばされそうになった二郎の帽子を取ろうとして列車から落ちそうになった菜穂子を二郎は助けます。お礼を言う彼に菜穂子は無邪気な笑顔を向けます。それから関東大震災が起こり二郎は二人を助けます。助けられたことをずっと覚えていた菜穂子は軽井沢で二郎と再会した時にアプローチをかけ二人は恋仲になります。

二郎が菜穂子に結婚を申し込むシーンで菜穂子はプロポーズを受けますが、彼女ははっきりと「私は結核を患っています」と告白します。途中吐血するようなシーンもあるので、病状はかなり悪かったと思われます。

結核と聞いたことはありますが、実際どのような病気なのでしょうか。結核とは結核菌に感染することが原因で発症する病気で、咳や痰などが主要症状とされています。現在では薬が開発されているので発症しても完治することが多いのですが、菜穂子達が生きる1920年代の日本では特効薬などが無く結核にかかるとただ栄養をとって安静にするしか治療方法はありませんでした。よって結核は不治の病、国民病として恐れられていました。

菜穂子は二郎からのプロポーズを受ける際、「必ず病気を治します」と宣言します。そして高原病院に入院します。「風立ちぬ」に出てきた高原病院は富士見高原療養所というところからインスピレーションを受けて描かれています。なんと小説家堀辰雄もこの富士見高原療養所に入所していたそうです。彼は昭和5年に結核を発症し、昭和6年に富士見高原療養所で二か月ほど療養します。そして堀辰雄は軽井沢で出会った矢野綾子と共に昭和10年頃再び入所します。この矢野綾子という女性が菜穂子のモデルになったといわれています。

スポンサーリンク

療養所から抜け出した理由とは?

二郎に「病気を治します」と宣言した菜穂子は、前述したとおり高原病院での治療に専念します。治療といっても薬などは無いため、ベッドの上で安静にしてただ治るのを待つだけです。まれにその方法で本当に結核が治る人がいたようですが、それは免疫力があったり自然治癒能力が高かったりと本人の力によるものが大きかったそうです。菜穂子が入所した高原病院は自然豊かな場所にあります。それは少しでも綺麗な空気の中で療養させるためなのですね。

そして高原病院が山の奥地にあるのにはもう一つ理由があります。それは結核患者たちを隔離するためです。結核は空気感染により移るといわれて、人々に恐れられていました。実際には感染はするが肺内に菌が居座るだけで発症しない場合もあります。しかし当時はそのようなことも分かっていないため、できるだけ感染リスクを減らすために結核患者は人里離れた場所に隔離されていました。

高原病院で療養を続ける菜穂子は外に並んだベッドの上で毛布にくるまっています。換気をよくするために外にベッドが設置されているのでしょうか…。その姿はとても寒そうです。二郎は飛行機の設計の仕事が忙しくなかなか見舞いにくることができません。二郎からの手紙が菜穂子に届きますが、菜穂子もどこか寂しそうな表情を浮かべます。そんな時菜穂子は高原病院から抜け出し二郎に会いに行きます。

「病気を治します」と約束した菜穂子が病院を抜け出したのはなぜなのでしょうか?それは恐らく自分の死期が迫っていることを感じたからだと思います。ベッドの上で安静している菜穂子に風花がふってきます。風花とは山の高いところに降り積もった雪が風で吹き飛ばされて飛んできたものです。それはここにももうすぐ冬が訪れ雪が降りますよといった合図です。

雪が降ってしまうと人里離れたこの場所に二郎はますます訪れることができなくなります。そして二郎に会えなくなることは菜穂子にとって死よりもつらいことだったのです。病院を抜け出した菜穂子を二郎は受け入れ、「一緒に暮らそう」と言ってくれます。そして二人は上司の黒川が用意してくれた離れでひっそりと暮らします。そこからの菜穂子はとても幸せそうでした。

仕事で忙しい二郎も少しでも二人の時間を作るために家に仕事を持ち帰って作業します。最後菜穂子は施設に戻ってしまうのですが、それまでの二人だけの時間はもし彼女の死期を早めてしまう結果になったとしても幸せな時間だったのだろうと感じました。

スポンサーリンク

まとめ

今回は宮崎駿監督の引退作である「風立ちぬ」についてお話しました。1920年代の貧困、震災、病気等で人々が苦しんだ時代を生きる二郎と菜穂子の物語はとても儚く美しいものであると感じました。大切な人と夢を追いながら必死に生きる二郎の姿を見習って私も一日一日を大切に生きたいと思います。

「風立ちぬ」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

コメント

タイトルとURLをコピーしました