ワクチン三回目接種日本はいつから?副反応はどうなる?

ニュース

米国ファイザーと独ビオンテックは、日本において新型コロナワクチンの三回目の追加接種を行うための薬事手続きを始めることが分かりました。同社は海外でも臨床試験データを提出していて、日本でも追加の三回目接種の準備を進めています。

2021年8月19日に、河野太郎特命担当相は「医療従事者への三回目の接種を検討している」ことを明らかにしました。三回目の接種は「ブースター接種」と呼ばれ、ワクチン接種を終えた人の免疫をさらに高めるために行われます。

感染力の強い変異株などの影響もあり、ワクチンの効果が下がるのを防止するために行います。河野担当相は「日本の医療従事者向け接種は2月から始まっており、それから数え8カ月は10月となる。そのころには希望する国民全員への接種のめどが立つ」と医療従事者は10月から三回目接種の可能性があることを話しています。

ワクチン三回目接種日本はいつから?について調べました。

ラムダ株症状致死率感染力は?有効なワクチンは何?モデルナアストラゼネカファイザー
2021年8月6日に、厚生労働省から、感染力が強いと言われる新型コロナウイルスの「ラムダ株」が国内の検疫で検出されていたことを公表しました。ラムダ株が検出されたのは7月20日に羽田空港へ到着した五輪関係者の30代女性でした。判明してから2週...
ワクチン接種後死亡事例は?安全性が高いのは?ファイザーモデルナ危険なのは?
新型コロナワクチンの接種が始まってから4か月が経過し、2021年7月5日現在、日本国内で1回目接種者3255万人(全人口に占める割合:25.60%)、2回目接種者1832万人(全人口に占める割合:14.41%)に達しています。 7月5...
モデルナワクチンは危険?副反応副作用は何?モデルナ社のメリットは?
2021年6月8日にモデルナワクチンを接種した94歳の男性が、翌日にくも膜下出血で亡くなったことが分かりました。神奈川県川崎市中原区の大規模接種会場でモデルナワクチンを接種し、帰宅後に接種部の痛みを感じながら普通に生活していました。 ...
スポンサーリンク

ワクチン三回目接種日本はいつから?

新型コロナウイルスのファイザーワクチンに関してイスラエルの保健機構の調査結果を報告しました。60歳以上の場合、3回接種をした人は2回接種と比べて、発症率が86%減少しました。

イスラエルでは8月1日に、2回目の接種を終えて5か月経過した人から60歳以上を対象に3回目のワクチン接種を始めています。三回目接種後1週間経過した人と2回接種の人を比較し、3回接種した14万9千人で陽性反応を示したのは37人で、2回接種した67万5千人で陽性反応を示したのは千人でした。

イスラエルの専門家は「3回目接種は、感染を防ぐにも重症化を防ぐにも有効であることが示された。3回目接種が感染拡大を抑える解決策だ」と語っています。イスラエルでは、60歳以上の3回目接種を受けた人は、2回接種の人の少なくとも4倍の感染予防効果が得られたと報告しています。3回目の接種10日後に重症化や入院を防ぐ効果が5~6倍得られました。

米国保健当局はワクチンの3回目接種を「ブースター効果」を得るために9月20日頃から行うと発表しています。アメリカでは、ワクチンの効果を続かせるため、2回目接種を終えた人に8か月後に3回目接種を行います。追加の3回目接種によって、時間経過と共に低下した人の免疫効果を上げて強い免疫を与えます。

河野規制改革担当大臣は2回目接種を終えた人に3回目接種を行うことについて準備していて、厚生労働省が三回目の接種が必要だと判断すれば実施に移されます。

日本では河野規制改革担当大臣が「2月に接種を始めた医療従事者について『8か月』となると、10月になる。3回目の接種が必要かどうかは厚生労働省の判断を待たなければならないが、新型コロナの治療に当たるような医療従事者にもし必要だとなれば対応できるような準備はしている」と話しています。

スポンサーリンク

新型コロナワクチンの効果について

ファイザー製の新型コロナワクチンは、1回目接種後、3週間間隔で2回目接種を行います。2回目接種を受けてから7日程度で免疫ができます。

英国エディンバラ大学のエレノレア・ライリー教授は「毎年ワクチンを接種しなければ新型ウイルスを避けられない、そういう状態を長期間続けなければいけない可能性もある」と毎年接種する可能性を語っています。

藤田医科大学の研究チームによると、ファイザー製ワクチン2回接種後3か月経過すると、「抗体」の量が4分の1程度に減少したと報告しています。「抗体」の量と新型コロナの発症の関係について明らかになっていません。抗体の量が減少しても、発症予防や重症化予防の効果は続くと報告しています。

東京港区で看護師や薬剤師ら3人が、無断でモデルナ製ワクチンを3回目接種しました。

男性看護師2人と女性薬剤師1人の計3人が、湊区の大規模接種場で3回目のワクチン接種を行っていました。3人は医療関係者としてファイザー製ワクチンを2回接種していました。港区は「まだ区民で打っていない人もいる中で、今回のようなことが起きて、非常に遺憾、命令違反の可能性を調査し、厳正に対応して参ります」と話しています。

日本での三回目ワクチン接種の時期

日本では、三回目のワクチン接種は、まだ決まっていません。2回目のワクチン接種が進行中であり、2回目のワクチン接種の目途がついてから、厚生労働省より発表されます。

スポンサーリンク

副反応はどうなる?

イスラエルからファイザーワクチンを3回目接種したときの副作用は、2回目に比べて軽いか同程度と報告されています。ファイザーの主な副作用は接種部位の痛みや倦怠感、頭痛などでした。

ワクチンの3回接種によるブースター効果は、感染力の強いデルタ型に有効であります。副作用と有効性を比較すると、3回目接種の効果が高い。

まとめ

今回は、厚生労働省で検討が始まっている新型コロナのワクチン3回目接種について調べました。3回目接種によってブースター効果が生じて、感染力の強いデルタ型に有効であることが分かりました。

ワクチンの3回目接種を活用して、新型コロナが収束することを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました