風の谷のナウシカのフル動画を無料で観る方法/pandora,bilibili,miomio

無料視聴

<引用>
東宝MOVIEチャンネル

風の谷のナウシカを無料で観る方法

「風の谷のナウシカ」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

今すぐ無料おためし

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

風の谷のナウシカを観る方法

風の谷のナウシカのフル動画を無料で観る

今すぐTSUTAYA TVで観る

動画共有サービスで観る
YouTube
要注意!!
動画共有サービスは低画質など見にくいことがあります。
また、違法にアップロードされたものが多いので、使用端末がウイルスに感染する恐れがあります。視聴の際は自己責任で視聴してください。

風の谷のナウシカ内容

あらすじ ストーリー

かつて栄華を誇った地球の人類は星にまで行っていたとされる高度な文明を築き上げた。しかし今より千年前の「火の七日間」と呼ばれる最終戦争により、巨大産業文明は崩壊し、錆とセラミック片に覆われた荒れた大地に「腐海(ふかい)」と呼ばれる「瘴気 (しょうき) 、毒ガス」を発する巨大な菌類の森に世界は覆われていた。わずかに生き残った人類は、腐海が放つ猛毒とそこに棲む巨大な蟲 (むし) たちに脅かされ、衰退の一途を辿っていた。

辺境にある「風の谷」は海から吹く風によって森の毒から守られ、民は慎ましやかに農耕生活を送っていた。ある日、族長ジルの娘であるナウシカは、飛行具メーヴェに乗り腐海の森を散策していたところ、蟲封じの銃声 (鏑弾 (かぶらだま) 、音を出す銃弾) の音) を聞く。誰かが蟲に襲われていると察したナウシカは、その人物が腐海の奥に逃げようとしているのを遠くの腐海の入り口付近から見て (狼煙弾 (のろしだま) 、煙を出す銃弾) で合図を送り逃げ道を教え、腐海の外に出ても蟲が人の後を追うのを止めなかった為、光玉と蟲笛を使って「王蟲 (オーム) 」の怒りを鎮め、1人の男を救う。その男は、腐海の謎を解くため旅を続けていたナウシカの師、ユパだった。

ユパは、ナウシカが谷の民や城の守りにつく城オジたちから深く敬愛され、人々から恐れられている腐海の蟲とも心を通わせる優しい少女に成長していたことに驚きつつも、互いの久々の再会を喜ぶ。風の谷に帰還したユパとナウシカはその夜、大ババから「その者、青き衣をまといて金色の野に降り立つべし。失われし大地との絆を結びついに人々を青き清浄の地にみちびかん。」という、風の谷の古い言い伝えを聞く。

夜が更け嵐が強まる頃、突如轟音と共に大国トルメキアの大型輸送船が城の真上に出現。輸送船は蟲に襲われて制御を失い、不時着を試みるも崖に突っ込み風の谷に墜落する。ナウシカは燃える輸送船からペジテ市の王女ラステルと名乗る少女を救い出すが、少女は「積荷を燃やして」と言い残し息絶える。輸送船の積荷には、千年前に世界を焼き尽くしたという巨大人型兵器「巨神兵(きょしんへい)」の胚が積まれていた。

トルメキア軍司令官である皇女クシャナは、巨神兵で腐海を焼き払うことを目論んでおり、輸送船が撃墜されたとみて風の谷へ侵攻する。その過程でジルを銃殺し、怒りに我を忘れたナウシカと部下たちとの間で乱闘騒ぎが起こる。ユパの介入で騒ぎは沈められたものの、相手に逆らう余地はなく、本国へ運ぶつもりだった巨神兵の輸送を諦めて未完成の巨神兵を風の谷で完成させる方針が固まったことにより、谷はクシャナの支配下に置かれることとなる。

捕虜となったナウシカはトルメキアの輸送機でぺジテ市へ護送される途中、突然現れた戦闘機・ガンシップの攻撃により大きな損害を受ける。輸送機や護衛のコルベットが応戦するが次々と撃墜されていき、護衛機がガンシップを撃墜するものの、ナウシカらが乗る輸送機も被弾し落下する。ナウシカは輸送機に積まれていた風の谷の戦闘機でクシャナとともに脱出し、腐海に不時着する。ナウシカは王蟲から無言のうちにガンシップの操縦士の少年が生きて腐海をさ迷っていることを知らされ[6]、蟲達の群れを追って少年を救出する為、風の谷の別の航空機で人質として同行していた城オジたちに「1時間後に戻らなければ谷に帰れ」と言い残して単身メーヴェでその場を離れる。ナウシカは墜落後に地蟲と翅蟲から逃げ回っていた少年をすんでのところで救い出すが、翅蟲の体当たりを受けてメーヴェの体勢を崩し地面に落下し彼女は気絶して、少年と共に流砂に巻き込まれ腐海の奥底に落ちてしまう。過去に幼い彼女が王蟲の幼生と遊んでいたが、大人達が幼生を捕まえ彼女の見ていない所で殺してしまったらしい事を夢で見て、その夢から覚めたナウシカは腐海の底に広がる清浄な空間の水と砂が、城の地下で自分が腐海植物を育てるのに使っていた井戸水と井戸の底の砂と同じであることから、腐海が毒素に満ちた大地を浄化するために存在しているという確信を抱く。そして先ほど助けた少年―ぺジテのアスベルと再会し、彼が輸送船の墜落事故で死去した少女ラステルの兄だったことを知る。

一路アスベルの故郷であるぺジテ市へ向かった2人であったが、町は大量の蟲の死骸に覆われ破壊されつくしていた。トルメキア軍と蟲との激戦の跡や、アスベルが以前から聞いていたトルメキアを追い払う計画から2人は、ぺジテ市に残留していたトルメキア軍を打倒するため、ぺジテの民が蟲を利用して町ごと襲わせていたことを悟る。愕然とし憤るアスベルを他所に、トルメキアに奪われた巨神兵の胚のありかが風の谷にある事を突き止めたペジテ市長は、報復として王蟲の群れを誘導して風の谷へ侵攻させ、トルメキア軍を全滅させる計画を立てていた。ナウシカはその非道な作戦に憤り、計画を中止するよう訴える。しかし訴えは聞き入れられず、谷へ知らせに戻ろうとしたナウシカは、ぺジテの民が乗る貨物艇・ブリッグに監禁されてしまう。

その頃風の谷では、トルメキアの船と共に谷に運び込まれ残留した胞子が瘴気を吐き始めるという一大事が起きていた。谷を守るために森を焼き払わざるを得なくなったことで谷の民の怒りが頂点に達し暴動が発生する。住民たちは谷にも酸の湖にも近い砂漠にある宇宙船の残骸の中に立てこもり、膠着状態が続く。

ナウシカはブリッグに乗船していたラステルの母の計らいと協力により、ぺジテの少女と身代わりで入れ替わることで監禁部屋を脱出する。しかし、そこにトルメキアの航空機・コルベットが急襲し、たちまちブリッグの船内は制圧されていく。船からの脱出をためらうナウシカだったが、アスベルによってメーヴェごと空中へ押し出され、迷いを振り切るように谷へと向かう。それに気づいたコルベットがブリッグから離脱して襲い掛かるが、城オジのミトが乗ったガンシップが駆けつけ、コルベットを粉砕する。そして、ブリッグに飛び移ったユパによってブリッグ内部の争乱は鎮圧される。

ミトと共に全速力で谷に駆けつけんとするナウシカは、怒り狂って谷へと進撃する王蟲の群れと、王蟲を谷へ導くために王蟲の子を括り付けて飛ぶペジテの飛行ガメを発見する。非道なやり口に憤りつつ、ナウシカは穏便に事態を収束するため、王蟲の子を群れに返すことを試みるべく、一人メーヴェに乗り移って飛行ガメへと接近する。飛行ガメのパイロットたちに話を聞くよう説得するが、ナウシカを敵と思い込んだ彼らは執拗な銃撃を繰り返すばかりだった。ナウシカはメーヴェの上に仁王立ちになり、身を捨てて飛行ガメに飛び込み、酸の湖の中州へ墜落させる。怯える王蟲の子に寄り添いながら王蟲の群れを待つナウシカだったが、怒りに我を忘れた王蟲たちは動きを止めず谷へと突き進んでいく。ナウシカは飛行ガメのパイロットを銃で脅し、自分と王蟲の子を群れの先に運んで降ろすよう命じる。

その頃、不気味なまでの静けさと共に膠着状態が続いていた風の谷では、ミトの乗ったガンシップが降り立ち、王蟲の襲来が知らされる。ほどなくして王蟲の群れが現れ、刻一刻と破滅の時が近づいてくる。クシャナは不完全な状態で巨神兵を無理やり復活させ、圧倒的な威力の光線によって王蟲たちを死滅させようと試みる。しかし巨神兵の肉体は攻撃の反動に耐えきれる状態ではなく、2発の光線を放つとどろどろに腐り落ちていった。

絶望の最中、王蟲の子とナウシカを乗せた飛行ガメが王蟲の群れの正面に現れ、2人を下ろして去っていく。静かな眼差しで王蟲の群れを見つめるナウシカは、王蟲の子もろとも王蟲の群れの突進を受けて弾き飛ばされてしまう。谷の民が立てこもっていた廃船が王蟲たちの突進によって崩壊し始めたその時、王蟲の目の攻撃色が静まり、次第に動きを止めていく。身を以って谷を守ったナウシカの姿に人々が泣き崩れる中、地に倒れたナウシカを囲うように集った王蟲たちは、触手を伸ばして彼女を支え、宙に持ち上げていく。ナウシカは意識を取り戻し、驚きと共に辺りを見回すと王蟲たちの金の触手に支えられながら歩きだす。さながらその姿は青き衣の伝説を体現したかのようであった。

谷に群れ集った王蟲たちは森へ帰っていった。クシャナはナウシカと和解して風の谷から去り、人々は焼き払われた森を取り戻すための植林に精を出し、アスベルはユパと共に旅に出た。

腐海の奥底に落ちたナウシカのヘルメットのわきで、零れ落ちたチコの実の木の芽が芽吹いていた。

<引用> wiki

登場人物出演キャスト

ナウシカ:島本須美
ジル:辻村真人
大ババ:京田尚子
ユパ:納谷悟朗
ミト:永井一郎
ゴル:宮内幸平
ギックリ:八奈見乗児
ニガ:矢田稔
アスベル:松田洋治
ラステル:冨永みーな
クシャナ:榊原良子
クロトワ:家弓家正

風の谷のナウシカ感想

20代男性

20代 男性

昔は怖くて嫌いだった。理由もわからず苦手で遠ざけていたけど、友達にオススメされた解説を見てから見方が変わった。
こんなにも設定が作り込まれていて面白い作品だとは気づかなかった。

セリフでは多くを語らない…そこが芸術なんだと思った。
これからはジブリ作品をもっとちゃんと観てみようって思った。

20代男性

30代 男性

宮さん、世界各国の優れた多くの本を読まれ、よくここまでまとめられ、映像的にに表現されたと尊敬!
最近ではラブロックのガイア理論、ノーベル賞受賞の物理生物学者のジェイムズ・ワトソンなども同じようなことを彼らなりの分野で表現されている。

ナウシカは、そもそも人造人間。
そこでワトソンが述べた言葉を引用。

人類が科学のもたらした世界に適応できないなら、人類こそ変えることを示唆する。
新しく遺伝子工学的に改造された人間が大量生産され、そうした人間は汚染された、生態学的に堕落した世界に適応し、そこで繁栄すらすることができる。
近代人が人類の進化の過程で適応してきた世界にとって替えようとしている堕落した世界において。だがこうした示唆は、ただ単に主流の科学が人々のかろうじて生存を続けている現実世界との接触をどれほどまで失ってしまったかを示しているに過ぎない。

20代女性

30代 女性

お恥ずかしいことに初めて見たのがわりと最近。今まで友達の話とかについていけず、ただなんとなく内容は知っちゃってるみたいな、そんな感じだったからやっと見れてよかった。

感想としてはあまりピンと来ずで、自分が残念。
幼い頃に見ておけばまた違ったのかも…

なんでかな〜って考えたけど
多分リアルに感じれないってのが大きいのかもしれない。
物語なのだからありえなくて当然だし、虚構として傑作なのは分かるんだけど…感動とかは出来なかった。

なんか、自分はこの作者世代特有のSF少年的な発想や世紀末感とかに対して肌感覚での馴染みがないし、
自然を愛する女神のような優しくて勇敢な女の子が、処女っぽくて母性的で純粋で慈愛の塊みたいに存在して、それが過剰な自己犠牲を払って世界を救うっていう願望的なナイーブさに、ん〜…ってなってしまって、そんな人いねーよ感でどうしても虚構に入れなかった。

そういった意味じゃ、海がきこえるとかの方が自分は好きだし、千と千尋とかは端から意味不明だからそこを楽しめた。
世界の構造とか神とか宇宙とかより単に生活にしか本音の部分で興味がないからかもしれないし、好みの問題かも。
多分、世界観に対してリアリティを求めてナウシカ見ちゃったのが間違いだったのかもしれない。
そんな人いねーよ感はつまり裏を返せば理想的ってことなわけで、だから、男子の神話を見せられてるな〜という感想が1番しっくりくる気がする。

ただ、作画はやっぱりすごかった。
この時代に?ってくらいのスケール。

宮崎駿作品はリアリティじゃなくて作画と虚構を楽しむものなんだな、という自分の中の位置づけがはっきりした。

20代女性

30代 女性

実は、全部見るのはじめてのジブリ。
(金曜ロードショーとか、友達の家で五分とかは見たことあるけど)
幼い頃から興味がなくて、家にあるビデオテープは全部ディズニーだったから、全く見る機会がなかったわけだけど、日本人として、おかしい!って批判されて続けたので(?)日本のカルチャーを知るyearということもあり、今回映画館で見ました。
すごくよかった。宮崎駿が描く女性は、凛としててすごく清々しくかっこいい素敵な女性だった。
憎しみや怒りをコントロールし、うまく付き合うことの大切さ、自然と共存して生かされてる人間たち、人間の欲望の強さを感じさせられました。
まだ、よく分かってない部分も多いから勉強が必要。

風の谷のナウシカを無料で観るには?

「風の谷のナウシカ」TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVで無料です。

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は1ヵ月無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。

今すぐTSUTAYA TVで観る

解約など詳細はこちらをクリック

コメント

タイトルとURLをコピーしました