河野太郎担当相パワハラ音声詳細真相は?受けた官僚はだれ?

ニュース

河野太郎ワクチン担当相は、世論調査によると次期自民党総裁候補として高い評価を得ています。理由として「決断力のある」「合理的に判断する」などと評価されています。

テレビ朝日の9月1日「羽鳥慎一モーニングショー」で玉川徹さんが「今河野さんは霞が関と暗闘状態にあるらしい。

規制改革や公務員制度を担当する河野さんに対し(官僚は)特にエネルギー基本計画に原子力の新増設を盛り込もうとしていたが、河野さんが中心になって押し留めたので、霞が関は河野さんに大臣を続けられるのを嫌がっている」と、河野太郎担当相と霞が関とギクシャクしている関係を話しました。

河野太郎担当相パワハラ音声詳細真相について調べました。

404 NOT FOUND | コミックダイアリー
多くの情報を取り扱うマルチメディア
https://www.pioneer-pcc.jp/archives/14945
スポンサーリンク

河野太郎担当相パワハラ音声詳細真相は?

2021年8月24日に開催されたオンライン会議の場で、河野太郎担当相が資源エネルギー庁の幹部職員にパワハラ発言を行った疑いがあったと報じられました。

「週刊文春」によると、会議の出席者は、河野太郎担当相のほか、内閣府の玉田正人参事官、エネルギー庁の山下隆一次長、小澤典明統括調整官の官僚3名とで会議が行われました。

「週刊文春」は会議の録音テープを入手していました。約28分間の音声テープの中には、河野太郎担当相が小沢典明統括調整官を恫喝しているパワハラ音声が収録されていました。

会議の議題は「エネルギー基本計画」で3年に一度見直されています。8月4日にエネルギー庁が素案を提出し、10月の閣議決定のために内容を検討していました。

経済産業省の関係者は「2030年の総発電量のうち、再生可能エネルギーの比率を『36~38%程度』にする」と、エネルギー庁の素案に書いていました。

河野太郎担当相は、規制改革相として「再生可能エネルギーの割合は『36~38%』が『上限』ではないという意味で、『36~38%以上』と明記するよう」求めていました。「程度」と「以上」の単語の使い方で、パワハラ発言がでました。

◎会議におけるパワハラ疑惑の音声の内容

会議の場で河野太郎担当相と小澤典明統括調整官の間で「程度」と「以上」という文章について会話が行われました。

河野「日本語では、36~38以上と言うのが日本語だろ」
小澤「え、え、えっと。えっとですね、政策的な裏付けを積み上げてですね……」

河野「だから36~38以上だろ!」
小澤「いや、積み上げて36~38程度……」

河野太郎担当相は、小澤典明統括調整官の発言を遮り、ドスの利いた声で怒鳴りつけました
河野「積み上げて36~38になるんだったら、以上は36~38を含むじゃないか! 日本語わかる奴出せよ、じゃあ!」

小澤調整官は、36%~38%以上にすると「最低でも38%以上は達成する」というメッセージになり企業に大きな影響を及ぼすために、程度と表現していました。36%~38%は、2019年の実績約18%の2倍に相当する高い値です。

「週刊文春」にはオンライン会議中に河野太郎担当相が、大声で官僚を恫喝した様子を詳報しています。

佐々木亨弁護士は「『日本語わかる奴、出せよ』などの発言はパワハラに当たる恐れがあります。厚労省が作成したパワハラの指針では、『精神的な攻撃』という欄で、『人格を否定するような言動を行うこと』と明記されていますが、これに該当するでしょう。こうした高圧的な振る舞いが常態化した場合、官僚からパワハラで訴えられる可能性も出てきます」と、河野太郎担当相の発言はパワハラに該当すると話しています。

河野太郎(こうの たろう)担当相は、1963年1月10日生まれ、神奈川県平塚市出身、1981年慶応義塾大学経済学部に入学し、2ヶ月で退学しました。渡米して1985年12月にジョージアタウン大学を卒業した政治家です。

河野太郎は元衆議院議員・河野洋平の長男として生まれました。祖父は元副総理・河野一郎で政治家一家です。1986年に富士セロックスに入社し、1993年に日本端子に転職しました。1996年に第41回衆議院議員総選挙に神奈川15区から自民党公認で立候補し当選しました。

スポンサーリンク

受けた官僚はだれ?

河野太郎担当相がパワハラ疑惑を行った会議は、資源エネルギー庁の「エネルギー基本計画」のオンライン会議でした。出席者は、内閣府の玉田正人参事官、エネルギー庁の山下隆一次長、小澤典明統括調整官の3名でした。パワハラ疑惑の音声は、小澤典明統括調整官に対する発言でした。

小澤典明(おざわ のりあき)統括調整官は、茨城県出身、54歳(2021年現在)、水戸第一高校、京都大学工学部原子核工学科、1989年に京都大学大学院を修了し、旧通産省へ入省しました。資源エネルギー庁原子力立地・核燃料サイクル産業課長から2016年に資源エネルギー庁資源エネルギー政策統括調整官に就任しました。

丸山穂高衆議院議員はTwitterに「はぁ?ガバメントのガバナンスガバガバやん。数日前の河野太郎大臣と政府高官のこの会議内容が即漏れてるとかセキュリティどうなってんだ?」とパワハラ音声の情報漏れを問題視しています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は河野太郎担当相のパワハラ疑惑について調査しました。オンライン会議中に官僚にたいして恫喝する言葉を発していたことが分かりました。専門家はパワハラに該当すると言っていました。

パワハラなどの無い社会になることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました