もののけ姫こだまの裏設定とは?となりのトトロとの関係性は?

アニメ

みなさん「もののけ姫」というジブリ映画はご存知ですか?「もののけ姫」とは1997年にスタジオジブリから発表された長編アニメーション映画です。

少年アシタカが自身の腕にかけられた呪いを絶つために旅に出て、山犬に育てられた少女サンと出会いシシ神が住む森を守るために奮闘しながら絆を深めていくという物語です。

シシ神の森には人間の言葉を話す山犬やイノシシ等たくさん動物が暮らしていますが、その中でも正体がつかめないのが「こだま」という生き物です。今回はこの「こだま」について深堀していきたいと思います。

「もののけ姫」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

今すぐ無料おためし

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

こだまの正体とは?

アシタカが怪我をおった男達を助け彼らが住むタタラ場まで向かっている時、シシ神のいる森に初めて足を踏み入れます。その際、まるでアシタカ達を案内するようにこだま達が現れます。

その姿は白い小さな体に目と口のような穴?があり、首をゆらしてカタカタと音をならしながらアシタカ達を見つめています。アシタカと一緒にいた男は「こいつらがシシ神を呼ぶんだ」と恐れたように言いますが、アシタカは「好きにさせておけば悪さはしない。森が豊かなしるしだ」と言っています。

もののけ姫の中ではひらがな表記で「こだま」ですが、これは恐らく「木霊」のことであると思われます。木霊とは木に宿る精霊のことです。

昔から木には精霊が宿るとされ、その精霊は不思議な力を持つとされています。また、山で声が反射して遅れて聞こえる現象「山彦」はこの精霊のせいだといわれています。

シシ神の森は屋久島の森をモデルとされているというのはご存知ですか?実は屋久島の森には「木霊の森」という場所があり、そこで写真を撮ると白い小さななにかが写るのだとか…。

もののけ姫のこだまは宮崎駿監督がこの話を聞いてイメージされた木霊の姿なのかもしれませんね。もののけ姫の最後のシーンでこだまがぽつんと現れますが、それは豊かな森が再生されている証拠であり、とても印象深いシーンとなっています。

スポンサーリンク

こだまの裏設定、トトロとの関係性は?

もののけ姫の中のこだまは小さな体で首をカタカタとならし、不思議で可愛らしい姿をしています。しかし、その表情は無表情ともいえ見方によっては少し不気味でもありますよね。

実際木霊も、宿っている木を切られると切った人間を呪うという言い伝えがあるので人間が手だしをしなければ害はありませんが、こちらが危害を加えると容赦なく罰を与えてきます。

さきほども言いましたが、もののけ姫のラストシーンでこだまが一匹ぽつんと現れます。エボシ達がシシ神の首をとった時シシ神の首から不気味な液体が流れだし、戦っていた男達は死に山やタタラ場も壊滅してしまいます。

そしてこだまの死骸が降り注ぎます。これは森・生命の死を意味し、豊かな森が消滅してしまったから精霊のこだまも死んでしまったのです。そしてアシタカとサンがシシ神の首を取り戻しデイダラボッチになったシシ神に首を返します。

すると枯れ果てていた森に少し緑が戻ります。そしてラスト、死んだはずのこだまが一匹現れたことで、豊かな森が再生されつつあることを示唆しているのです。

この「こだま」には裏設定があるのをご存知ですか?それは有名なジブリ作品の1つである「となりのトトロ」に登場する「トトロ」が「こだま」の後の姿であるというものです。

ここでトトロのあらすじを少しご紹介します。自然豊かな田舎に引っ越してきたメイトサツキ。彼女たちは森で不思議な生き物トトロに出会います。そしてトトロと交流を深めていくというものです。このトトロも森の精霊のように描かれていますので、こだまと設定は同じですが、姿形はまるで違いますよね。

トトロは大きくてモフモフ。こだまは小さくて半透明な白い体…。しかし、よくよく思い出してみると、トトロには小さなトトロもいましたよね?メイがトトロと森の中で出会うシーンで、メイが小さなトトロを最初に発見して追いかけます。小さなトトロは白く時折半透明になりながらメイからトコトコと逃げますが、結局はメイをトトロのもとへ案内してしまいます。

この小さなトトロ。映画の中では名前は出てきませんが、初期設定では「ミン」という名前だったそうです。大きなモフモフトトロとは違いミンは色も白くて半透明になることができるので、こだまと類似する所があります。

しかし、ジブリ作品には多くの都市伝説があり、その大半が信憑性の薄いものばかりです。「となりのトトロ」にもサツキとメイが実は死んでいて、トトロは死神だったというものもありますから、「もののけ姫」のこだまが後にトトロになるなんて本当なのでしょうか。

実はこの件について、宮崎駿監督自身が書籍の中で語っています。「もののけ姫」のラスト、森は壊滅してしまうわけですが、アシタカ達がシシ神の首を取り戻したことにより森は再生の道を歩み始めます。

そしてコダマが現れるのですが、この演出はスタジオジブリのアニメーターである故二木真希子さんからの提案だったそうです。人間の暴走により、森がなくなってしまうという救いのないこの物語に最後コダマを登場させ、そしてこのコダマが後に「トトロ」となりずっと森を守っているという設定にすることで一つの希望を描きたかったのだそうです。

宮崎駿監督もその案を採用し、この裏設定が誕生したのだそうです。同じジブリ作品に繋がりがあるということを知ると、よりジブリの世界観に魅了されてしまいますね。

「もののけ姫」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

まとめ

今回はもののけ姫の癒しキャラ「こだま」の裏設定について解説してきました。可愛らしい見た目で多くグッズ化もされているこのキャラクターにこんな裏設定があるとは驚きですね。20年以上前に公開され今もなお多くのジブリファンに愛されている「もののけ姫」をまた違った視点で楽しめそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました