もののけ姫乙事主の正体は?モロとの関係性は?どんな出会いから?

アニメ

スタジオジブリ作品の中でもかなりの大ヒット作品であるもののけ姫ですが、その中にでてくる大きな牙をもつ大きな体を持ち、沢山の仲間を引き連れているイノシシと、大きな真っ白い体をもちサンを娘として育てる山犬がいます。

そんな大きなイノシシである乙事主は一体何者なのか、サンを娘として育てているモロとは何か関係があるのか、その点について詳しく調べてみたいと思います。

「もののけ姫」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

今すぐ無料おためし

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

乙事主の正体は?

まず乙事主を簡単に紹介すると、四本の大きな牙と白く大きな体をもつ猪神の王様です。

序盤でタタリ神になってしまった「ナゴの守」というイノシシが登場するのですが、そのナゴの守の死を知り、人間からみなを守る為に一族を引き連れて遠い土地から海を越えやってくるイノシシです。

年齢は500歳ほどだそうで一族最長老だといわれています。

そしてその目は白く濁っていて、白内障なのではないかと言われていました。

しかし鼻はよくきくようで、目が見えなくても支障があるようにはそこまで感じられませんでした。
そして500歳とは思えないほど、機敏に動き回れパワーもありますからさすが長といったところでしょうか。

そして乙事主の性格はかなり人情深く器の大きい性格をしていると思います。

森の動物はアシタカが森にいたときあまりいい顔をしませんでしたが、乙事主はアシタカの言葉にも耳を傾け、アシタカに戦が始まる前に逃げた方がいいと忠告もしていました。

そしてナゴの守の死を知った時も深く悲しみ、その死によってはるか遠くから森の為に移動してくる点からも優しさが感じられます。

モロはいつも冷静な性格をしていますが、乙事主はモロとは逆でいつも熱い性格をしていました。
そんな乙事主ですが、物語の終盤タタリ神になってしまいます。

では仲間の為に戦ってきた乙事主ですが、なぜ乙事主までタタリ神になってしまったのでしょうか。
人間との戦でかなりの重症を負ってしまった乙事主ですが、途中仲間が戻ってきたと思い喜ぶシーンがあります。

しかしその仲間だと思ったイノシシは、人間がイノシシの皮をかぶって奇襲を仕掛けてきた罠だったのです。

それを知った乙事主はその人間のあまりの卑怯さに怒り、憎しみを覚えタタリ神になっていってしまいました

完全にタタリ神になる前にシシ神によって命を吸われた乙事主ですが、最後はとても悲しく切ない最後でした。

憎しみに飲まれてしまったものの、最後まで仲間の為に戦い、仲間を思い気高く戦った乙事主はさすが一族の長であり神としての威厳がありましたね。

スポンサーリンク

乙事主とモロとの関係性は?

そんな乙事主とモロにはどんな関係があるのでしょうか。特に深く二人の関係性に触れているような描写がありませんので、作中もふんわりとしていますよね。

しかし途中乙事主とモロが会話するシーンもありますし、乙事主の最後にもモロは立ち会っています。

そんな二人の関係は「恋仲」だったのではないかと言われています。宮崎駿監督からは「以前はモロと乙事主はいい関係であった」と言われています。

以前は仲の良かった二人のようですが、100年前に別れてしまったとか、、、。

その理由はわかりませんが、お互い神としての威厳もありますし、イノシシと山犬ですから 確かにその両方の神と言われている二人が仲良くしていると仲間に思われれば示しがつきませんよね。

しかしモロには夫と言われている動物は描かれていません。もしかするとサンが身に着けている毛皮がかつて生きていた頃のモロの夫のものなのではないかという話もでていますし、詳しくはわかりませんでした。

モロの声優さんは美輪明宏さんなのですが、美輪明宏さんが乙事主と対話する際に、乙事主との関係をイメージしやすいようにそういった風に宮崎駿監督が伝えただけで深い設定はないのかもしれないですね。

とは言え、モロの年齢は300歳とされていますから、この話が本当であればかなり年の差ですね。
そして100年前に別れたという話でしたら、森で乙事主とモロが再会し、会話するシーンはかなり久々であり感動の再会としてみることができますね。

確かにそういう設定をしった後で見ると、再会のシーンのモロの声のトーンは他のシーンで発する声とはまた違った声をしており、恋仲だったのかもしれないなぁと納得するシーンに思えてきます。乙事主がわざわざシシ神の森へと来たのも少しはそういった理由があったのかもしれませんね。

「もののけ姫」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

まとめ

今回は乙事主に特にピックアップして触れてみましたが、主役ではないものの、かなり作中で大きな存在であり、重要なキャラクターだったと思います。

最後は亡くなってしまいましたが、乙事主はもののけ姫の中でも一番熱く器が広い人情味のある人物だったのではないでしょうか。

そんな乙事主とモロの意外な関係もあり、見直すとそういった背景が浮かんでくるかもしれません。そういった二人の関係性にも注目しながら見てみるとまた違ったストーリーが見えてくるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました