もののけ姫サンの正体は?母親や家族は?アシタカとのその後の関係

アニメ

ジブリ作品の代表作『もののけ姫』

1997年に公開されて以来、その人気は不動なものになっています。

今回はそんな『もののけ姫』のヒロインであるサンについて、その正体や母親などの家族関係についても調べていきたいと思います。

「もののけ姫をみたことがない」
「サンについて詳しく知りたい」

上記のような方はこの記事を読み、ヒロインであるサンについての知識を深めて今まで以上に『もののけ姫』の世界を楽しみましょう。

「もののけ姫」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

今すぐ無料おためし

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

サンの正体

森に住むサンの正体は一体なんなのでしょうか。

サンの正体

サンの正体は15歳の人間の少女です。

ですが生贄として、山犬の牙を恐れた人間たちに捨てられてしまいます。

それからは山犬のモロの君に育てられて、自分は山犬だと信じ生きていました。

サンは森を破壊しようとする人間たちを酷く嫌い、憎んでいます。

そのためサンは人間たちと戦い、森が死ねば自分も森と共に死ぬという運命にありました。

ですが、『もののけ姫』の主人公であるアシタカと出会ったことで彼女の運命は大きく変わっていきます。

サンの容姿

サンには額と頬に赤い三角の刺繍が入っています。

まるで縄文時代の民族を想像させるような衣装を身にまとい、とても整った容姿をしています。

他にも獣の牙が飾られたネックレスなどの装飾品を身にまとい、不気味な赤色の顔のような仮面をつけています。

サンのスペック

サンはとても高い身体能力を持ち、動物の感情や意思を理解することが出来ます。

普段は山犬に乗って行動していますが、サン自身もかなりの身軽です。

サンの素早い身のこなしは作中でも描かれています。

サンとアシタカ

サンは自分のことを山犬だと信じていますが、実際は人間です。

森を守るために死をも恐れずに勇敢に人間達と戦います。

ですが、心のどこかで自分も醜い人間であるということを自覚しているような素振りを作中でみせることも。

アシタカと出会って最初の内は、アシタカを殺そうとしますが少しずつアシタカと親交を深めていきます。

「そなたは美しい」とアシタカから告げられた際には、戸惑う様子をみせるなどの人間らしい一面を覗かせるようになっていきます。

最終的には2人が結婚することを予想させる描写が描かれています。

「アシタカは好きだ でも人間を許すことはできない」とサンはアシタカに告げますが、
このセリフはアシタカへのプロポーズの返事なのです。

アシタカがサンにプロポーズするハッキリとした描写は描かれていません。

ですが、このサンのセリフの後に「それでもいい。サンは森で。私はタタラ場で暮らそう。共に生きよう。会いに行くよ、ヤックルに乗って」とアシタカは返しています。

この2人の会話から夫婦になったことが予想されます。

また、宮崎駿監督自身も「2人はその後、しょっちゅう会ってる」と発言していることから2人の関係は今も続いていることが伺えます。

スポンサーリンク

サンの母親や家族

サンの正体が分かったところで、ここからはサンの母親や家族について調べていきたいと思います。

サンの母親

ファンの間ではサンの母親はエボシだと言われています。

エボシはタタラ場の人から愛される存在でした。

身売りにされた女性や、病に苦しむ人などの行き場のない人たちを教育し、仕事を与えていたのです。

そんなエボシがどうしてサンの母親だと言われているのか、そこには2つの理由がありました。

サンの母親がエボシだと言われている理由1

1つ目の理由は「エボシがサンのことを殺さなかった」からです。

作中では、サンとエボシが戦うシーンが存在します。

その際、サンはエボシに押され気味になり負けてしまいそうでした。

ですがエボシはトドメを刺すことはなく、まるで怒った子どもをあやすような態度を見せます。

そのため、エボシはサンが自分の娘だと知っていたんじゃないかと推測する人が多くいたのです。

サンの母親がエボシだと言われている理由2

2つ目の理由は、モロの君がエボシに対して個人的な憎しみをみせているからです。

「あいつの頭を噛み砕く日を夢見て」というモロの君のセリフから、モロの君がエボシに対して強い憎しみを抱いていることが予想されます。

どうしてエボシを憎むのか、それはエボシがサンを捨てたことを知っていたからなのではないかと言われています。

サンの家族

サンは作中で、モロの君のことを「母さん」と呼んでいます。

ですがそれは本当のお母さんではなく、育ての親ということです。

人間に捨てられ森で育ったサンにとっての家族はモロの君や森の者たちだったのでしょう。

本当の母親はエボシだと言われていますが、サンのその他の家族については何も明かされてはいません。

エボシには、過去に人身売買に遭い夫となった男がいたと作中で明かされています。

サンの母親がエボシだった場合、その男がサンの父親ということになるのでしょう。

真相は不明ですが、今のサンには夫となったアシタカという家族がいます。

きっと、アシタカと幸せな日々を送っているのだと思われます。

「もののけ姫」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

まとめ

今回は『もののけ姫』のヒロイン、サンについてその正体や母親について調べてきましたがいかがだったでしょうか。

実際の正体は人間で、母親はエボシだと言われていることが分かり、アシタカはサンにプロポーズしていたなどの気になる情報も出てきました。

この記事を読んでサンやエボシ、サンとアシタカのプロポーズのシーン等が気になった方はぜひ『もののけ姫』をご覧になってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました