コロナ【ミュー株】の感染力は?ワクチンの効力は?重篤化する?

ニュース

先日コロナの新たな株である「ミュー株」が検出されました。

ミュー株は現在、日本で2人が感染しどちらも無症状という事が分かっています。

新たな変異株として発表されているので、現在恐れられているデルタ株のように感染力強いのか不安が広がっています。

さらにワクチン接種をしてもミュー株に対する効果は従来の1/7という事が発表されました。

今回の記事では
・コロナ「ミュー株」の感染力
・ミュー株のワクチン効果
・ミュー株に感染したら重篤化するのか
について紹介していきます。

コロナワクチン接種後副反応に効く解熱剤は?品薄状態で薬局で買える?
新型コロナワクチンの接種が進みつつあり、1回目よりも2回目の接種後のほうが高熱や倦怠感を訴える方が増えています。 厚労省ではコロナワクチン接種後に服用する解熱剤としてカロナールを推奨しています。 また、解熱剤を購入する方が多く現...
コロナワクチン一番安全なのは?ファイザーモデルナアストラゼネカ日本で接種可能なのは?
2021.5.24 2021年5月24日午前8時から、東京と大阪において大規模接種センターにおけるコロナワクチン接種が始まりました。東京都千代田区大手町の会場には、午前6時半頃から高齢者が集まっています。 大規模接種センターでは...
スポンサーリンク

コロナ「ミュー株」の感染力は?

最近では感染力の高いデルタ株の他にもミュー株の検出が急増しています。

ミュー株は2021年1月にコロンビアで初めて検出され、現時点では世界45箇所以上の国で検出されています。

日本では2021年8月30日に初めて検出されていて海外から入国した方に感染している事が分かりました。

先日まで感染が増加していたデルタ株に関しては感染力が高く、おたふく風邪と同レベルの感染力を報告されていました。

しかしミュー株に関してはまだデータが少ないため、どれくらいの感染力なのかは明らかになっていません。

ミュー株はアメリカで2021年4月に感染が拡大しましたが7月には減少している傾向にあります。

現在はまだ研究段階なのでミュー株の感染力についても不明な部分が多いのかもしれませんが、短期間で検出が減っているのは確かですね。

日本ではミュー株について強い感染力を持っている可能性が高いと言われていますが、ハッキリした根拠などはまだ提示されていません。

また、日本で検出されたミュー株の感染者は2名とも2021年の6月と7月に国外から入国した女性です。

しかも2名とも感染が判明した当初は無症状だった事が分かっています。

WHOでは現在検出されている変異株の中でミュー株は注目すべき変異株と言及しています。

今の段階では「注目すべき変異株」と「懸念される変異株」の2種類に分類されています。

懸念される変異株はアルファ株やベータ株、ガンマ株などがあり日本でも警戒されているデルタ株も含まれています。

一方で注目すべき変異株ではイータ株やイオタ株、カッパ株やラムダ株などがあり、これらの変異株は感染力については不明点が多いです。

特にデルタ株はワクチンの効果が薄れるという情報もあり、国内で最も恐れられているのではないでしょうか?

ミュー株については現在、どのくらいの感染力なのか研究段階でワクチンの効果についてもこれから発表されるでしょう。

スポンサーリンク

ワクチンの効力は?重篤化する?

先日、ミュー株について大学の研究生が研究している事が明らかになりました。

そして研究結果で分かった事はミュー株ではワクチンによって作られる抗体が従来の株と比べて1/7になるという事でした。

そのためコロナワクチンを接種していてもミュー株に対する抗体は通常の1/7の効果で、完全に防ぐ事は不可能だという事です。

研究していた大学の教授はコロナワクチンによって免疫の記憶が活性化されるため、効かないというわけではないと発言しています。

しかし抗体が少ないという事はそれだけ重篤化する可能性も高いという事ではないでしょうか?

デルタ株と違って感染力が高いという報告はありませんが、ミュー株では感染した場合に重篤化するリスクも高い可能性があります。

現時点では私たちが接種しているコロナワクチンがどの変異種に効果があるのか明らかになっていません。

接種している方の中にも「打たないよりは打っておいたほうが良い」と考えている方がほとんどです。

インフルエンザにもA型やB型があるように今は1種類のコロナワクチンでも、これから種類が増える可能性があります。

そのため今の段階ではコロナワクチンを接種しても効果が薄いと言われている変異種でも、開発が進めば効果の割合が上がるのかもしれません。

また、すでに海外ではコロナワクチンを3回接種する事を決定している国もあるので日本でもワクチン接種の回数が増えるのかもしれないですね。

コロナウイルスは1回目よりも2回目のほうが抗体ができると言われているので3回目の接種を行う事でミュー株に対しての抗体が増える事も考えられます。

またミュー株による重篤化のリスクですが現時点では情報がありませんでした。

しかしベルギーではワクチンを接種した高齢者施設で21人中7人がミュー株に感染し死亡したと報告されています。

内容だけを見るとミュー株には重篤化するリスクがあるように思えますね。

21人中7人の死亡者は出たもののベルギーでは重症化が予防できない可能性はあるけれど、恐れるレベルではないと明かしています。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では
・コロナ「ミュー株」の感染力
・ミュー株のワクチン効果
・ミュー株に感染したら重篤化するのか
について紹介しました。

ミュー株の感染力は現在、調査中の段階ですがデルタ株のように大幅な感染はないと予想されます。

しかしワクチン接種をしても効果は1/7と言われており、ミュー株がコロナワクチンに対して耐性があると警戒されています。

さらに海外ではワクチン接種後にミュー株に感染して亡くなった患者も存在します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました