波物語2021密騒動炎上炎上した関係者は?出演者参加者まとめ

ニュース

波物語2021が炎上している理由として、酒類の提供、観客動員が8000人と多く密になっていた、ソーシャルディスタンスが取れていなかった、大声を出して飛沫が飛んでいた、ゴミのポイ捨てなどのマナーが悪い、主催者が直ぐに謝罪しなかったなどの理由が挙げられています。

波物語2021は、在日韓国人の鄭 基煥(富永基煥)さんが経営しているoffice keef株式会社の主催で行われました。会社のコンセプトは「時代のニーズに合わせ幅広く事業を展開する名古屋の会社」で、感染症対応事業も行う会社でした。

波物語2021の出演者やアーティストは、4-chez、RØØ、2Marley、SOCKS、VILLSHANA、K.O.、Playsson、LiiKING、LibeRty Doggs、Only U、week dudus、FAKY、CIMBA、Shurkn Pap、SANTAWORLDVIEEW、Hideyoshi、Leon Fanourakis、Young Coco、LEX、JP THE WAVY、BAD HOP、Pretty Danners、Red Eye、Elle Teresa、KOWICHI、MC TYSON、Jin Dogg、ジャニーズマゲニース、AKLO、DJ CHARI & DJ TATSUKI、般若、GADORO、Zeebra、CREAM、ANACHY、Awich、AK-69、DJ RYOW、WILYWNKA、¥wllow Bucks、舐達麻
でした。有名なアーティストも参加していました。

波物語2021密騒動炎上の炎上関係者を調べました。

波物語2021主催者主催企業は?謝罪文全文大村愛知県知事の反応は?
緊急事態宣言が発令中の2021年8月29日に、愛知県常滑市で行われた野外音楽フェス「NAMIMONOGATARI 2021」に各界から非難が集中しています。制限人数以上の8000人が押し掛け、マスクをしていない人もいて、大声をあげて盛り上が...
波物語2021開催基準はなんだった?何を違反した?違反金発生はある?
先日、愛知県で開催された波物語2021でマスク外しでの参加や飲酒により連日批判が殺到しています。 波物語2021は野外で開催さえたフェスですが、8.000人以上の観客が参加したうえに酒類の販売も行っていました。 そのため知事は波...
NAMIMONOGATARI密問題詳細違法な点は?主催者逮捕ある?
2021年8月28日(土)29日(日)の2日間に、愛知県常滑市の県国際展示場で大規模な野外音楽イベントが開催されました。感染対策が徹底されず、大人数が参加し酒類の提供もあったことが問題になっています。 問題のあったイベントは「NAMI...
波物語密フェス問題の悪影響は?クラスター発生か今後の音楽活動はどうなる?
先日開催された音楽フェス「波物語」ですでにコロナウイルスのクラスターが発生しています。 波物語の参加者は現時点で40人のクラスターが確認されています。 さらに音楽フェスのイメージも悪くなってしまい、千葉県で開催予定のスーパーソニ...
スポンサーリンク

波物語2021密騒動炎上炎上した関係者は?

2021年8月28日、29日に「AICHI SKY EXPO」で開催された波物語2021は、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が愛知県に発令中で、制限人数の5000人を大幅に超える8000人の観客を集めて行われました。

緊急事態宣言の規則を破って、大人数を参加させて、禁止されている酒類を提供して、マスクを付けない一部の参加者が大声をあげて飛沫を飛び散らせる、あまりにも酷いフェスでした。愛知県と常滑市は、主催者に「極めて遺憾」と抗議文を提出しました。

主催した会社office keef株式会社と社長の在日韓国人・鄭 基煥(富永基煥)に対して抗議が集中しネット上で炎上しました。office keef株式会社は、名古屋市中区丸の内2-15-12ザ・テラス丸の内503(電話:052-880-7074)にあり、炎上のためにHPが閉鎖されました。

波物語2021には、経産省の「コンテンツグローバル需要創出促進事業費補助金」3000万円が交付決定されていましたが、会社との連絡が
付かなくなり、交付決定の取り消しの可能性が出てきました。

主催会社の社長・鄭 基煥(富永基煥)のFacebooとTwitterが炎上して、FacebookとTwitterのアカウントが削除されました。日本のルールに従って真面目に生活している在日韓国人には迷惑な話です。

富永基煥(もとあき)さんは1987年生まれ(2021年現在47歳)、国籍:北朝鮮、韓国、日本、趣味:競馬、サーフィン、音楽、高校は愛知朝鮮中高級学校卒です。妻と13歳の娘さんと3人暮らしと言われます。

スポンサーリンク

出演者参加者まとめ

出演者の炎上について調べました。

Zeebraが炎上

イベントに参加したZeebraは、イベントの翌日にTwitterで「県のルールに則ってると聞いていたので出演しましたが、開けてみたら危険な状況でした」と、会場のコロナ対策について事前に何も知らされていなかったことを強調しつつ「ヒップホップシーンを牽引する立場として責任を感じてます。誠に申し訳ありませんでした」と発表しました。

しかし、音楽関係者は「『NAMIMONOGATARI』は2005年から続いてきたフェスですが、発足当初からZeebraさんの所属会社が制作協力しています。office keef社の代表取締役とZeebraの2人が二人三脚でこのイベントを大きくしたといっても過言ではありません」とZeebraにも責任があると語っています。

Zeebra(ジブラ)は、本名:横井英之(ひでゆき)、1971年4月2日生まれ、東京都港区出身、文化学院中退のヒップホップMC、1993年以前は六本木や渋谷のDJとして活動しました。ホテルニュージャパンの実業家・横井英樹の孫です。2002年にモデルの中林美和と2度目の結婚をして、2020年11月に中林美和と離婚しました。

真木蔵人が炎上

波物語2021でMCを務めた俳優・ラッパーの真木蔵人さんが、ノーマスクで騒ぐ観客を注意する姿を映した映像が炎上しています。

真木蔵人さんが、酒を片手にマスクをしないで騒ぐ観客に「盛り上がるのは良いんだよ。でも、マスクはつけてくんねえ? お前たちがお前たちの手でお前たちのイベントぶっ壊してどうすんだよ!」と語り、さらに 「誰かがケツ取られ(責任を負う)んだろ。VIP(席)のみんなだってそうだよ。マスクぐらいしてやってくれよ! だから俺たちこれ開催出来るようになったんだぜ?」とマスクをするように注意しています。

真木蔵人は1972年10月3日生まれ、東京都港区出身、堀越高等学校中退、父親がマイク真木、母親が前田美波里で、俳優、ラッパー、プロサーファーです。

新型コロナウイルスのクラスター発生

愛知県は、9月8日に波物語に参加した10代から20代の男女の新型コロナウイルスのクラスターが22人になったと公表しました。

大村知事は「参加される方もですね。感染防止対策の徹底をいて頂かないと、こういう音楽フェスはやめろということになってしまいます。そういうことが無いように、参加者が自覚を持って感染防止対策をやっていただくということでないと」と注意しています。

3組の出演アーティストCIMBA、Awich、CREAMが、愛知県の「医療従事者応援金」に寄付しました。

CIMBAさんは「出演料とグッズの売り上げ金を全額寄付させていただきます」とイベント出演を謝罪しています。大村知事は寄付に対して感謝の言葉を述べています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は8月に愛知県常滑市で開催され、新型コロナウイルスのクラスターが発生している波物語2021の炎上についてまとめました。主催した会社と代表者は、炎上したためにHPやアカウントを閉鎖し、連絡がつかないことが分かりました。

波物語2021による感染クラスターが発生しています。新型コロナウイルス感染症が、早期に収束することを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました