ファンタスティックプラネットの動画を無料で観る方法/pandora,bilibili,miomio

無料視聴

<引用>シネマトゥデイ

ファンタスティックプラネットを無料で観る方法

「ファンタスティックプラネット」
動画配信サービス「U-NEXT」で配信されています。

今すぐ無料おためし

「U-NEXT」は31日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

U-NEXTおすすめポイント

1.配信数がトップクラス
2.ジャンル、コンテンツが豊富
3.漫画や雑誌も購読可能
4.毎月1,200円分のポイントがもらえる

ファンタスティックプラネットを観る方法

ファンタスティックプラネットのフル動画を無料で観る

今すぐU-NEXTで観る

動画共有サービスで観る
YouTube
要注意!!
動画共有サービスは低画質など見にくいことがあります。
また、違法にアップロードされたものが多いので、使用端末がウイルスに感染する恐れがあります。視聴の際は自己責任で視聴してください。

ファンタスティックプラネット内容

あらすじ ストーリー

宇宙のどこかにある惑星イガム。ここでは巨大な人類・ドラーグ族が文明社会を支配し、小さな人類・オム族は原始的な生活を強いられ、ある者は虫ケラのように扱われ、ある者はペットのように飼育されていた。ドラーグ族の議会では、オム族の知性に脅威を感じており、オム族絶滅を主張する強硬派とオム族との共存を図る穏健派が対立していた。

ある日、オム族の母子がドラーグ族の悪ガキのイタズラの対象になり、母親は死んだ。残されて泣いていた男の赤ん坊は、通りかかったドラーグ族の少女・ティバに拾われた。ティバの父親・シンは地域を統治する県知事で、穏健派の代表であり、ペットにしたいという娘の希望に理解を示した。赤ん坊は「テール(仏: Terr 「ものすごい」の意)」と名づけられて育てられ、言葉を覚える。

ドラーグ族の教育は、「学習器」と呼ばれるヘッドフォンのような道具を用いて、情報を脳に直接送ることで行われていた。ティバは学習の時、いつも手の上にテールを乗せていたので、テールは一緒に知識を習得し始めた。ドラーグ族の1週間はオム族の1年に相当するため、テールはティバより早く、惑星イガムの地理や文化を吸収することとなった。それによれば、イガムの近くには「野性の惑星(プラネテ・ソバージュ La Planète sauvage)」と呼ばれる未開の惑星があり、また、ドラーグ族の大人が生存していくためには、生命エネルギーを吸収するための「瞑想」が不可欠であるのだった。体が成長し、学習の結果、ペットとしての立場に疑問を抱くに至ったテールは、「学習器」をかついでシン知事の邸宅から逃げ出した。

野生のオム族の女性と出会ったテールは、ドラーグ族の公園の大きな木の中にある、彼女たちの隠れ集落へ案内される。集落の族長は、ドラーグ族の知識を持つテールを仲間として受け入れようとするが、それに反対する「魔術師」の主張によって、決闘裁判が行われる。テールは勝利し、集落の一員となった。テールの知識が、食料確保や動物撃退の方法を大きく進化させた。

その頃ドラーグ族の議会では、オム族絶滅計画が決議された。毒ガスを使った大規模な駆除が行われ、多くのオム族が殺されるが、テールたちの集落が反撃に出て、ひとりのドラーグ族を殺害する。こうしてテールたちの集落は生き延び、これまで対立していた近隣の集落が合同して、ドラーグ族がロケットを捨てている「墓場」に、新たな隠れ都市を建設した。同胞を殺されたドラーグ族強硬派の怒りは凄まじく、オム族の駆除はより徹底的になっていった。しかし「墓場」はロケットの残骸を始めとするドラーグ族の機械や「学習器」の宝庫であったため、都市は、ドラーグ族時間で3季(オム族時間で15年)を経て、ドラーグ族に劣らない高い科学技術を有するに至った。やがて、都市の住民は、おそらく未開と思われる「野性の惑星」への移住を目標に、「学習器」による学習とロケットの開発を急いだ。

やがて、オム族の隠れ都市はドラーグ族の偵察機械に発見され、自動駆除装置の襲撃を受ける。テールたちはロケットでの脱出に成功し、「野性の惑星」に到達した。そこは、男女一対の首のない巨大な像が無数にあるだけの荒野だった。像の首の上に、瞑想したドラーグ族の「意識」が頭部のようにくっつき、男女の巨大な像は踊りを始めた。これこそがドラーグ族にとっての生命維持活動であり、生殖でもあった。ロケットからビームを発射して像を破壊すると、惑星イガムにいるドラーグ族本体が次々と死ぬのだった。

ドラーグ族の議会は紛糾状態となる。シン知事が「このままでは2つの種族はお互いを破壊しつくし、全滅する。和平を結び、ドラーグ族とオム族が共存する方法を見つけよう」と提案し、戦いは終わる。

こうしてオム族はドラーグ族が用意した新しい人工衛星に移住することになった。その星は「テール(La Terre 地球)」と名づけられた。

<引用> wiki

制作

サイモン・ダミアーニ
アンドレ・ヴァロ=カヴァグリオーネ

ファンタスティックプラネット感想

20代男性

29代 男性

ポスターが印象的で気になってた作品。
前知識無しで見たけどかなり衝撃的だった。

特に人類が巨大なドラーグ人に虫のように殺されたり、ペットにされて人間同士で戦わされているシーンは何とも言えない気持ちになった笑

皮肉や比喩などが作品の中に散りばめられているから、見終わった後に色々調べて考察するのも楽しい。これが1970年代に作られた作品というのが驚き。

20代男性

30代 男性

映画館で上映していたので鑑賞してきました。とんでもないものを観たなというのが直後の感想です。
知り合いはレビューで「小さい頃虫にしていたのがそのまま表現されている」と評価してましたが、的を得ているなと。個人的には、『GANTZ』のカタストロフィ編に似た印象も受けました。他にも影響を受けている作品も数多くあるのではと感じました。

怖いもの見たさもあったのですが、こういう作品を映画館で観るあたり、自分は映画好きになったのかなぁと思いました

ファンタスティックプラネットを無料で観るには?

「ファンタスティックプラネット」「U-NEXT」で無料です。

「U-NEXT」は1ヵ月無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。

今すぐ無料おためし

解約など詳細はこちらをクリック

コメント

タイトルとURLをコピーしました