波物語密フェス問題の悪影響は?クラスター発生か今後の音楽活動はどうなる?

ニュース

先日開催された音楽フェス「波物語」ですでにコロナウイルスのクラスターが発生しています。

波物語の参加者は現時点で40人のクラスターが確認されています。

さらに音楽フェスのイメージも悪くなってしまい、千葉県で開催予定のスーパーソニックでは後援の取り消しが決定しました。

今回の記事では
・波物語の問題や悪影響
・クラスターは発生しているのか
・今後の音楽活動はどうなるのか
について紹介していきます。

波物語2021主催者主催企業は?謝罪文全文大村愛知県知事の反応は?
緊急事態宣言が発令中の2021年8月29日に、愛知県常滑市で行われた野外音楽フェス「NAMIMONOGATARI 2021」に各界から非難が集中しています。制限人数以上の8000人が押し掛け、マスクをしていない人もいて、大声をあげて盛り上が...
波物語2021開催基準はなんだった?何を違反した?違反金発生はある?
先日、愛知県で開催された波物語2021でマスク外しでの参加や飲酒により連日批判が殺到しています。 波物語2021は野外で開催さえたフェスですが、8.000人以上の観客が参加したうえに酒類の販売も行っていました。 そのため知事は波...
波物語2021密騒動炎上炎上した関係者は?出演者参加者まとめ
波物語2021が炎上している理由として、酒類の提供、観客動員が8000人と多く密になっていた、ソーシャルディスタンスが取れていなかった、大声を出して飛沫が飛んでいた、ゴミのポイ捨てなどのマナーが悪い、主催者が直ぐに謝罪しなかったなどの理由が...
スポンサーリンク

波物語密フェス問題の悪影響は?クラスター発生か?

波物語の開催によってSNSでは連日、批判が殺到しています。

今回の波物語ではアルコールの提供とマスクなしでの参加、人数オーバーなどによって世間的にも悪影響のフェスとなっています。

さらに今回の騒動がキッカケで音楽フェスにも悪影響を及ぼしています。

先日、BADHOPは横浜アリーナで開催する予定だった音楽フェスの延期を報告していました。

予定されるはずだったフェスはヒップホップの音楽フェスで、本来であれば9月1日と9月2日に開催される予定でした。

しかし波物語の騒動による批判やトラブルを防ぐために開催延期となっています。

BADHOPでは緊急事態宣言に従い、人数も制限してマスクは着用必須、アルコールの提供はしないと決まっていました。

しかしSNSでは波物語の主催者がBADHOPだったという嘘の噂が流れてしまい、とばっちりを受ける結果となっています。

さらに波物語が原因で参加者の中にはクラスターが発生しています。

クラスターは現時点で40人近くが陽性となっています。

今の段階では40人程度のクラスターですが、波物語に参加したのは8.000人以上なので今後さらにクラスターが増えるでしょう。

しかも波物語は愛知県民だけが参加したのではなく、県外から参加した方も多かったはずです。

そのため波物語に行ったことによって日本中でコロナウイルスの感染が広がってしまうのではないでしょうか?

現在、分かっているクラスターでも東京都の方が1名、岐阜県では複数名が感染している事が分かっています。

また一番被害を受けるのは愛知県民だと予想されます。

愛知県では9月11日時点で970人の感染が確認されていますが、波物語参加者のクラスター増加と共に愛知県民の感染者も増えるでしょう。

愛知県では25日ぶりに新規感染者が1.000人以下になったのに、波物語が原因で感染者が再び増加してしまうのは悲しい事です。

特に日頃から感染対策をしている方や我慢している飲食店の方、医療従事者の事を考えると気の毒です。

スポンサーリンク

今後の音楽活動はどうなる?

今回の密フェスが原因で愛知県では主催者側に対し、今後りんくうビーチの貸し出しは行わないと発表しています。

そのため来年以降の波物語は場所を変更して開催するか、今後は開催を行わない事が予想されます。

さすがに感染対策のルールを一切無視しての開催だったので、今後の活動は厳しいでしょう。

さらに波物語の公式サイトは今回の騒動が原因なのか、先日封鎖されてしまいました。

また9月18日と19日に開催される予定のスーパーソニックにも批判の声が相次いでいます。

スーパーソニックは感染対策をしっかりした状態で開催を予定しているのですが、千葉県では中止を求めています。

本来であれば感染対策を行い、人数制限をしている音楽イベントは開催しても問題ありません。

しかし先日の密フェスによって世間では「音楽フェス=悪」という意識が強くなっているのも事実です。

またスーパーソニックでは千葉県側の延期を受け入れない事が原因で補助金などの後援を取り消されています。

さらにスーパーソニックでは10.000人規模の観客が見込まれていて現在、主催者側ではチケットの払い戻しに応じています。

スーパーソニックの開催に関してSNSでは賛否両論で、豪華なアーティストも参加する事からスーパーソニックに行くという声も多く見受けられます。

さらに波物語の影響でフェスのイメージが悪くなっている事に関しても多くのコメントがみうけられました。

スーパーソニックの参加者意見としては
「ワクチン2回打ってるし参戦します!」
「二重にマスクして行きます」
など、中にはワクチンを接種しているから参加するという意見も見受けられます。

また、感染対策をした上で参加するという意見もありました。

しかし反対側の意見では
「なんでコロナ真っ只中で行かなきゃいけないの?」
「無観客じゃダメなんですか?」
などと厳しい意見も見受けられました。

またチケットの払い戻しを報告する投稿もあるので、スーパーソニックに関しては参加を辞退する方も多いようです。

音楽フェスは悪い物ではないのですが、密フェスの影響で一気に悪いイメージがついてしまったようですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では
・波物語の問題や悪影響
・クラスターは発生しているのか
・今後の音楽活動はどうなるのか
について紹介しました。

波物語では人が密集しアルコールの提供が原因で、世間では悪いイメージが浸透してしまいました。

さらに現時点で40人近くのクラスターが発生しており、愛知県では感染者の拡大が予想されます。

波物語の公式サイトはすでに閉鎖されていて、愛知県からも今後は場所を貸さないと発表されています。

今後については未定となっていますが、今後の活動が厳しいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました