2021年自民総裁選の日程は?菅後任新総理はいつ決定する?

ニュース

2021自民総裁選は9月17日告示、29日投開票の日程で行われます。新型コロナウイルスのため全国各地での街頭演説会は行われません。ネットを使ったオンライン形式の政策討論会が行われています。

9月20日に青年局と女性局主催のオンライン討論会が開催され、23日から26日まで国民から質問を受けてオンライン政策討論会が行われます。17日の告示日に立候補を受け付け、午後に候補者による立会演説会を党本部で行います。

23日からの国民の質問に答えるオンライン討論会は、新型コロナ対策、外交・安全保障、憲法改正などテーマを決めて26日まで行います。

2021自民総裁の日程について調べました。

自民総裁選勝利予想どうなる?決選投票になるのか?次期総理は誰になる?
2021年9月29日の投開票に向けて、自民党総裁選挙の選挙運動が行われています。新型コロナウイルス感染症のために街頭演説会に変わって、国民から直接質問を受け付けるオンライン形式の政策討論会が開催されています。 候補者は河野太郎規制改革...
自民総裁選河野太郎政策内容は?支援する派閥は?麻生派と決別か?
自民総裁選が近づく中、河野太郎行政改革担当相が総理になるのではないかという噂が流れています。 しかし岸田氏が出馬している事や石破氏からの支持を得た事で麻生派の中でも河野派と岸田派に分かれています。 また、河野太郎氏の政策はコロナ...
自民総裁選優勢は誰?決選投票は行われるか?岸田文雄は勝てるのか?
まもなく始まる自民党総裁選ですが、誰が総理になってもおかしくない状況が続いています。 当初は河野太郎氏が総理になる可能性が高いと言われていました。 しかし高市早苗氏や岸田文雄氏も支持する声が多くなり、今となっては誰が総理になって...
野田聖子夫は元暴力団員真相は?総裁選への影響は?どうなる?1番わかりやすく
野田聖子幹事長代行は、自民党総裁選に出馬し、河野太郎規制改革担当相、岸田文雄元政調会長、高市早苗前総務相と総裁を目指して戦っています。 週刊誌の報道によると、野田聖子の夫・野田文信(ふみのぶ)氏が「反社会勢力」に属していたと東京地方裁...
自民総裁選出馬議員一覧公約は?コロナ対策給付金はどうなる?
2021年9月3日の自民党臨時役員会に出席した菅義偉首相が退陣を表明しました。菅首相は「この1年間、さまざまなことに取り組んできた」と話し、さらに「総裁選は相当なエネルギーが必要なので出ない。新型コロナウイルス対応に専念する。役員人事は撤回...
総裁選出馬高市早苗の経歴過去は?若い頃何してた?政策内容は?サナエノミクス
2021年9月8日に、高市早苗前総務大臣が自民党総裁選への出馬を正式に発表しました。“女性初の総理・総裁”を目指します。自民党総裁選は9月17日告示、29日投開票です。 9月13日現在、自民党総裁選へ出馬を表明しているのは、高市早苗前...
サナエノミクス政策内容は?コロナ対策は?高市早苗は給付金の配布する?
総裁選が近づいている中、候補者の1人である高市早苗さんが「サナエノミクス」を掲げている事が話題となっています。 さらには女性としての総理大臣が過去に存在しなかった事から、初の女性総理大臣になるのではないかと注目が集まっています。 ...
スポンサーリンク

2021年自民総裁の日程は?

2021年自民総裁選は「国会議員票」と「党員票」によるフルスペックの総裁選です。党員投票は3年ぶりに行われます。「国会議員票」は、国会議員1人1票で383票あります。「党員票」は全国の党員・党友による投票を配分し、383票あります。合計766票で争います。

「党員票」は2020年末の全国の自民党員113万人余りにより投票されます。去年までの2年間党費を納めた党員に選挙権を与える自民党の規定になっています。今回は特例で去年1年分の党費を納めた党員にも与えられます。投票は28日に締め切られます。

1回目の投開票で過半数に達する候補者が出なかった場合は、上位2人で決選投票をします。決選投票は「国会議員票」383票と「都道府県連票」47票の合計430票で争われます。1回目の投票より国会議員票の割合が多いので、国会議員の支持の多い人が当選者になります。

2021自民党総裁選は、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相と河野太郎規制改革担当相の3人が立候補を表明しています。野田聖子さんは20人の推薦者が集まれば出馬の予定です。岸田氏は、自らの岸田派に加え、安倍前首相の所属する細田派や麻生派、竹下派などの支持をえるため活動しています。

高市さんは、過去に所属していた細田派などに支持拡大を図っています。河野氏は「派閥に頼るのでなく、国民や党員、党所属の国会議員が『河野太郎だ』と言ってリーダーに選ぶのがあるべき姿だ」と派閥でなく個人の考えで投票するように呼び掛けています。

自民党内最大派閥の細田派(96人)と第2派閥の麻生派(53人)は支持候補を一本化せずに、自主投票にする方針になりました。細田派は安倍前首相の推す高市早苗さんと岸田氏、河野氏を支持する人がいて、まとまって投票することは困難だと判断しました。決選投票では、結束して投票する方針です。

麻生派は同派所属の河野氏を推す人と岸田氏を推す人がいて、各議員の判断により投票します。若手・中堅には河野氏を推す人が多く、ベテランの中に岸田氏を推す人がいます。

◎自民党「党風一新の会」

自民党総裁選の告示日が近くなり、自民党内若手が結成した「党風一新の会」が注目を集めています。党風一新の会の主張は「新総裁はそれぞれの議員が自分で考えて選ぶべきだ」と言っています。

従来の総裁選では、派閥が結束して投票していたので、派閥に対する多数派工作で結果が決まっていました。若手議員は、派閥のトップの意向に従って投票し、自分の考えで投票できませんでした。

今回の総裁選は、現職の菅義偉首相が突然退陣表明した結果、党員に人気がある河野太郎行政改革担当相が出馬を表明しました。所属議員の3割近い若手は、従来の派閥主体の総裁選では当選が難しい候補を当選させるために動いています。

若手の活動により、一回目の投票では、自主投票を選ぶ派閥が多くなっています。しかし決選投票になると、派閥の締め付けをはねのけて投票できるか不透明と言われています。自民党長老は「最後は派閥領袖に抑え込まれる」と見ています。

「党風一新の会」の呼びかけ人は細田派の福田達夫氏、竹下派の津島淳氏らで参加者70人は、細田派16人、岸田派13人、麻生派と竹下派が各10人、石破派4人、石原派1人、無派閥10人で、最終的に入会者は90人と言われています。

「党風一新の会」の提言は、今年中にある衆議院選挙に向けて、「かつての反省を忘れ、再びおごりが生じているとの批判が聞かれる」と指摘しています。さらに「安定政権が続く中で強引とも取られる政権運営や、国民意識と乖離した言動も散見される」、「総裁選で国民の声に向き合い、明確なメッセージを発信するよう求める」とも提言しています。

スポンサーリンク

菅後任新総理はいつ決定する?

菅総裁の自民党総裁の任期は9月30日までです。10月1日からは、自民党総裁選挙に当選した候補者が自民党総裁に就任します。その後に臨時国会が召集され首相指名・組閣などによる新政権発足に数日かかります。衆議院選挙は、早くても10月6日告示・11月7日開票になると言われています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、菅総理の突然の退陣表明で、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、河野太郎規制改革担当相の3人が立候補を表明しています。野田聖子幹事長代行も立候補を模索しています。

石破茂元幹事長は、立候補を見合わせました。水月会を率いていて、17人が所属しています。所属議員の中に河野氏を推す人がいて、20人の推薦人の確保が難しい状況でした。9月上旬に水月会の事務所が移転し、家賃30万円の事務所から、築43年22平方メートルで家賃約10万円の事務所に移りました。事務所関係者は「利用状況に合わせてスリム化した」と説明しています。

自民党総裁選挙が円滑に進行し、新総裁の活躍することを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました