千と千尋の神隠しゼニーバの正体とは?カオナシを引き取った理由

アニメ

みなさん「千と千尋の神隠し」というジブリ映画をみたことはありますか?

千と千尋の神隠しは2001年に公開され、当時の日本歴代興行収入第一位を記録した大ヒット作品です。20年経った今でもたくさんのファンに愛される作品の一つです。

主人公の千尋が不思議な世界に迷いこんでしまい、豚に変えられてしまった両親を助けるために奮闘するという物語なのですが、この映画の魅力の一つといえば個性豊かなキャラクター達ですね。

今回は多くの謎めいたキャラクター達の中から、ゼニーバとカオナシについて詳しくみていきたいと思います。

「千と千尋の神隠し」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

今すぐ無料おためし

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

ゼニーバの正体とは?

ゼニーバは湯婆婆の双子の姉であり、強力な魔法を使う魔女です。その姿は双子ということもあり湯婆婆とそっくりで、湯婆婆の息子の坊も見分けがつかないほどです。

初登場のシーンでは、印鑑を盗んだハクを始末するために式神を使って追い詰めていたので、湯婆婆と同様冷酷な魔女のような印象を受けました。しかし、本当は穏やかな性格で優しい一面も持ち合わせており、千尋が印鑑を返すためにゼニーバが住む沼の底に訪れた時も千尋たちを温かく出迎えていました。そして「おまえを助けてあげたいけど、あたしにはどうすることもできないよ。この世界の決まりだからね。」とハクを助けようとする千尋に優しい言葉をかけていました。

ゼニーバと湯婆婆は映画の中でほんとうに対照的に描かれています。湯婆婆は人との関わり方や生活の全てを魔法で片づけようとしているように感じます。例えば「油屋」で働く従業員を魔法の力で恐怖を与え支配していましたし、扉を開けたり部屋を片付けたり等の小さな行動一つ一つも魔法を使っていました。しかし、ゼニーバは悪をはたらいたものには罰を与えますが、人を魔法で支配することはなく、坊や湯バードを魔法の力で別の姿に変えた際も自分で元の姿に戻れるようにしていました。

また、沼の底で千尋にプレゼントした髪留めは魔法で簡単に作ったものではなく糸を編み込んで作ったものでした。そして二人の生活環境も全く違い、湯婆婆はきらびやかな装飾品がほどこされた広い部屋で生活していますが、ゼニーバは決して広いとはいえない質素な田舎の家で生活しています。

双子の姉妹は仲が悪く湯婆婆は優秀な姉に嫉妬心を抱いているそうですが、湯婆婆の強欲な性格と豪華な生活環境は能力では勝ることができない姉に対する対抗心のあらわれなのかもしれませんね。

スポンサーリンク

カオナシを引き取った理由

千尋がゼニーバの家にハクが盗んだ印鑑を返しにいく際、ねずみに変えられた坊とハエのような虫に変えられた湯バードがお供します。この二匹のキャラクターは見た目が可愛らしく、またハエが坊ネズミを運んでいる様子などがとても愛らしくて見ていてほっこりしますよね。私もこの映画に出てくるキャラクターの中で坊ネズミが一番好きです。

そしてもう一人?いっぴき?千尋にお供するのがカオナシというキャラクターです。このカオナシ、普段はおとなしく発する言葉も「あ…あ…」だけですが、忍び込んだ油屋で暴れるときの形相はとても恐ろしいものでした。手から金を出してばら撒き、金に目がくらんだ従業員達がおもてなしとして運んでくる食べ物を体の中にどんどん放り込みます。ぶくぶくと体が大きくなったカオナシはしまいには従業員も食べて、油屋で大暴れします。

その勢いはすさまじいもので、湯婆婆の力を持ってしても止めることはできませんでした。そんなカオナシは千尋が神様からもらった苦団子を食べたことで体に取り入れた食べ物や従業員達を吐き出し、徐々に小さくおとなしくなっていきます。千尋がゼニーバの所に向かう時にはすっかりおとなしい元の姿に戻っており、何も言わず千尋のあとを追ってきました。

カオナシの正体は謎に包まれていますが、パンフレットには「湯屋のある世界とは別の場所からやってきた謎の男。己というものを持たない悲しい存在。」と紹介されています。

カオナシは千尋に異常な執着をみせますが、それはカオナシも千尋もこの不思議な世界の住人ではないという共通点からなのかもしれません。そして雨の中外に立っていたカオナシを湯屋に招いてくれた千尋の優しさや純粋さに惹かれたのかもしれませんね。

そんなカオナシをゼニーバは「おまえはここにいな。あたしの手助けをしておくれ。」と自分が住む家にひきとります。そしてカオナシもそれまで千尋のあとをついてまわっていたのに、おとなしくゼニーバの言う通りにしています。それはなぜなのか…。

ここからは私の考察ですが、まずゼニーバがカオナシを引き取った理由はこの不思議な世界で孤独なカオナシに役目を与えることでこの世界に存在する理由を作ったのではないかと思われます。

千尋たちがゼニーバのもとに到着した時、ゼニーバは千尋たちが来るのをわかっている口ぶりだったのでおそらく油屋での騒動も知っていたのでしょう。そしてカオナシが今後そのように暴れることがないように自分のところで引き取り面倒をみてあげることにしたのではないでしょうか。

そしてカオナシは、自分と似た存在の千尋にそれまで惹かれていましたが、ゼニーバの所でお手伝いをすることで、この世界での自分の居場所を見つけ孤独から解放されたのではないかと思います。これは考察なので、本当のことは分かりません。

ゼニーバはただお手伝いが欲しかっただけかもしれませんが、このシーンはゼニーバの大きく包み込むような優しさを感じることができたシーンでした。

「千と千尋の神隠し」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

まとめ

さて今回はゼニーバとカオナシについてお話しましたが、この映画には他にも様々な魅力的なキャラクターが存在します。いつか私の好きな坊ネズミについてもお話できたらなと思います。

今年の七月、千と千尋の神隠しの新しいグッズがまた販売されたそうです。20年たっても多くの人から愛されている証拠ですね。舞台も始まるようですし、今後の展開も楽しみです。みなさまもぜひチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました