もののけ姫おじさんジコ坊の正体とは?率いる唐傘連と天皇との関係は?

アニメ

もののけ姫の序盤に出てきてアシタカの助けになってくれる赤い服をきたおじさんキャラクターのジコ坊を皆さんはどれくらいご存じですか?

あまり自身を語ることなく、味方かと思いきやシシ神殺しに手を貸しているのがわかり敵になったりと謎に包まれているキャラクターです。

では一体ジコ坊とはどういった人物だったのか、なぜシシ神殺しをしていたのか、唐傘連とは何だったのかについて今回は詳しく調べてみました。

「もののけ姫」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

今すぐ無料おためし

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

おじさんジコ坊の正体とは?

序盤にアシタカが米を買えず困っていたところを助けてくれ、その夜はアシタカの為にご飯を用意してくれていたジコ坊はもののけ姫の中では悪役という立ち位置にいます。

なぜそんな優しいジコ坊が悪役かというと、物語の後半はエボシ達と手を組みシシ神殺しへとやってきてアシタカ達の邪魔をします。

ジコ坊は唐傘連という連合にはいっていて、そのリーダー格のようです。なぜ唐傘連がシシ神の首を狙っていたかというと朝廷(天皇)からの命令だったそうです。

そんな唐傘連のリーダーをしていたジコ坊は普段は困っている人を助けてくれるような優しい性格をしているのですが、仕事になると忠実な性格をしており、感情さえも殺して任務を遂行するような人物でした。

そんな仕事への向き合い方を見て、朝廷もシシ神殺しという大事な仕事を任せているのだと思いますし、リーダーという出世の道を歩んでいるのでないでしょうか。

そんな仕事への取組み姿勢も素晴らしいジコ坊ですが、戦闘能力もかなりのもので、その力はもののけ姫にでるキャラクターでは1番といっても過言ではないはずです。

なぜかというと、アシタカは呪いをうけ力を片腕に宿し通常のアシタカよりも強くなっている状態です。

そんなアシタカとシシ神の首を狙って戦うシーンがありますが、そんなアシタカとジコ坊は対等にやりあっています。

またジコ坊は下駄をはいているのですが、その高い下駄を履いていても身のこなしが素早い点からも運動神経がかなりいい様子がわかります。

そんなジコ坊は仕事に対して忠実なので逆を言えば、仕事以外に対しては温厚な性格をしていると思います。

ジコ坊たちはシシ神の首を取ることが目的だったので、最後はアシタカに邪魔されたものの深追いしません。

また仕事になると一度自分が助けた相手であるアシタカに躊躇なく攻撃することから本当にジコ坊はただの仕事人間なのだと思います。

スポンサーリンク

ジコ坊が率いる唐傘連と天皇との関係は?

そんなジコ坊率いる唐傘連とはどういったものだったのでしょうか。

ジコ坊はまず平民ではなくそれよりも身分の高い立ち位置だったそうです。そもそもジコ坊は天皇直属民で、唐傘連のリーダーをしていました。

更に唐傘連よりも上層部隊にあたる師匠連というグループもシシ神殺しの為にまとめあげていました。

作中では特に唐傘連についても師匠連についても詳しく触れられていないので謎のシシ神殺しの組織としてでてきますね。

ジコ坊自身も作中で師匠連のことはよくわからんと言っていたことから、ジコ坊は天皇から命をうけて行動しているだけで組織自体のことはよくわかっていないのだと思います。

唐傘連の方は、師匠連の配下の組織で赤と白の服をまとい赤い傘を持った武装集団です。

タタラ場のエボシとはシシ神の地を分け与えるかわりにシシ神殺しに協力しろという取引によって手を組みます。

なので簡単に言えば天皇直属の組織が師匠連で、その師匠連の下にあるいくつかの組織の内の一つが唐傘連という組織になります。

「もののけ姫」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

ジコ坊の名言

普段は優しいおじさんなジコ坊にはいくつか名言があるのでご紹介します。

まずジコ坊とアシタカが出会った際に話していた言葉です
「タタリというなら、この世はタタリそのもの」という言葉です。
ジコ坊とアシタカがそう話していた場所はかつて栄えていて村があったそうです。それが戦などにより村がなくなり人もいなくなってしまいました。

そんな世の中をジコ坊は唐傘連という組織を通してきっと沢山見てきたのでしょう。厳しい社会を生き延びてきたジコ坊こその重みのあるセリフだと思います。

そして呪いというあざをタタリ神から受けてしまったことをアシタカがジコ坊に話した際も「人はいずれ死ぬ。遅いか早いかだけだ。肝心なことは死に喰われんことだ」と言います。

色々な厳しい状況を潜り抜けてきたジコ坊が、アシタカに死を恐れ何もせずただ暮らしているだけではなく、その呪いに立ち向かって生きろといっているように感じました。

唐傘連という組織は決していいことだけをしている組織だけではないはずなので、そんな組織のリーダー格として働いていたジコ坊はいろいろなことを経験しているからこそどれも重く深い言葉がでてくるのだと思います。

まとめ

簡単に悪役だとまとめてしまうにはもったいないくらい、いいキャラクターをしているジコ坊について今回はまとめてみましたが、仕事以外でのジコ坊は本当に優しくなんだかほっとするようなキャラクターでした。

ジコ坊のいうセリフにはまだほかにも重みがあるようなセリフを言っているので、ジコ坊にも注目してたまにはもののけ姫を見返してみるのもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました