もののけ姫山犬モロがエボシ御前を嫌う理由とは?わかりやすく紹介

アニメ

もののけ姫の山犬のモロは常に気高く母性あるキャラクターですが、エボシ御前を前にすると憎しみをあらわにする様子が描かれています。

なぜモロとエボシ御前が互いに命を狙っているのか詳しくは描かれていないので、森vs人間という構造からきているものだと思っている方も多いと思います。

今回はそんなモロとエボシの関係やモロについて詳しく調べてみました。

「もののけ姫」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

今すぐ無料おためし

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

山犬モロがエボシ御前を嫌う理由とは?

モロはエボシ御前の命を狙っているシーンがいくつかありますが、モロは人間が嫌いでその頭であるエボシ御前を嚙み殺そうとしているわけではありません。

モロは人間ならだれでも殺意を向けている様子はないですよね。アシタカに会った際は殺せばよかったというような冗談を言っていますが、エボシに見せるような殺意はありません。

サンも人間から生贄にと森に捨てられたところを拾って育てていることから、人間すべてが憎く殺してしまいたいと思っているわけではなく、エボシのような森に危害を加え、私利私欲に走っているような人間を醜いと考え攻撃しています。

モロ作中にエボシ率いる石火矢宗に致命傷を与えられた際に生きていたのは、きっとエボシへの憎しみが生きる原動力になっていたのでしょう。

最後には力が衰え歩くこともままならない様子が描かれていますし、シシ神のドロドロに触れ皆が命を落としていく中、モロは首だけになってもエボシへの殺意だけで動いていました。

きっと長く生きるモロですから長年の人間の様子を見ながら、エボシのような人間に嫌気がさしてしまったのではないでしょうか。

またサンをわが子のように育てていくうちに、赤子であったサンの命を差し出すような人間が醜くみえたのではないでしょうか。

きっとモロは人間自体が憎いのではなく、サンのような森を想い行動するような人間が増えてほしくてサンを育てたのかもしれません。

そんなサンに認められ、森と人間どちらも大切にしようとするアシタカにも殺意を持たず最後にはサンを任せていたのもそういうことだったのかもしれませんね。

深いことはわかりませんが、あそこまで憎しみを見せていたことからモロとエボシにはまた違った関係性があるのではないかという都市伝説もあります。

次はその都市伝説についてご紹介します。

スポンサーリンク

サンの母親は実はエボシ御前?

都市伝説の一つになっているのはサンの母親は実はエボシ御前なのではないかと言われています。サンの母親が本当にエボシ御前であればサンをわが子のように育てたモロが、エボシ御前がサンを森に捨てたことになるので恨んでも当然ですよね。

その都市伝説がささやかれている理由としては、サンがタタラ場に乗り込んだ時にサンとエボシ御前は戦うわけですが、その際に実力差的に圧倒的エボシが優勢だったのですが、エボシは突如襲ってきたサンをあしらいながら殺そうとしませんでした。

このことからエボシはサンが実の娘だとわかっていたから殺さなかったのではないかと噂されるようになったようです。

そのことを知っていたからモロがエボシを特に憎く思っていたとあればすっきりしますね。宮崎駿監督のエボシ御前の裏設定にもエボシ御前には夫がいるという設定があったことから、エボシとの間に子供がいてもおかしくないですよね。

しかしそうなると母親とも知らずずっと憎み殺そうと思い戦っていたと思うと悲しい物語ですね。モロがサンを娘のように育てていますが、いつかはエボシ達人間の元に戻そうと思っていたのであればそんなエボシ達が醜く自分たちのことしか考えない親の姿を見て悲しく思ったでしょう。

サンは山犬に心を奪われた子で人間にもなりきれていないとモロは言っていましたが、モロの子供たちは4足歩行にも関わらずサンは人間と同じように2足歩行で歩きますし、人間の言葉も話せます。

こういった点からもきっとモロはいつでも人間の元に戻れるように小さい頃からそう育てていたのではないでしょうか。

ジブリ公式からサンとエボシの親子関係はでていないものの、こういった裏設定があっても確かにしっくりくる気がします。

スポンサーリンク

モロのサンへの気持ち

「黙れ小僧!」というセリフが一番記憶に残っているかと思いますが、アシタカとモロが初めに話す際モロの優しく母親らしい気持ちが出ているセリフがあるのでご紹介します。

アシタカがモロにサンをどうするつもりかと聞かれた際にモロはあの子は山犬だから森が滅ぶときは一緒に滅ぶだろうといったことを伝えますが、そんなモロに対してアシタカは「あの子を解き放て!あの子は人間だぞ」と言います。

そんなアシタカに対して怒りをあらわにし、私の哀れで醜い私の娘を救えるか?と投げかけます。
この怒りにはサンへの思いが沢山込められていると思います。

今まで人間に戻せるよう育ててきたサンですが、身勝手な人間たちによって戻してあげたくても戻してあげられなかったのでしょう。

アシタカに対してかなりの怒りを見せたモロですが、その後サンにはアシタカとともに生きる道もあるんだよと伝えています。

娘の幸せが一番だという気持ちが最も現れているように感じます。

「もののけ姫」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

まとめ

モロとエボシの関係は都市伝説も含めると単純なようで少し複雑な関係でした。

それも人間なんて育てたことないであろう山犬が赤子の頃から一生懸命育ててきたサンなので、余計にエボシに対する憎しみが増してしまったのかもしれませんね。

都市伝説を含めエボシとモロの関係に注目してみてみると、なんだか切ない感情が生まれてくるのでそういった点に注目してみてもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました