天空の城ラピュタ最後の合言葉「バルス」意味は?滅びの呪文となった経緯

アニメ

「天空の城ラピュタ」は宮崎駿監督が小学生時代に考えていた空想が原案となった原作となる作品が存在しない初のアニメオリジナルのジブリ映画作品です。

スタジオジブリが設立されて一作目となる本作は、興行的には爆発的人気が出ることはありませんでしたが、顧客満足度は非常に高く今でも多くの方に愛される作品となっています。

さらに2020年に行われた「一番好きな宮崎駿監督作品」というランキングでは、3位の『ルパン三世 カリオストロの城』、2位の『風の谷のナウシカ』を押さえて、堂々1位となりその人気の高さが証明されました。

「天空の城ラピュタ」には様々な耳に残る特徴的な言葉が出てきます。今回はその中でも特に多くの人が真似した「バルス」について考察していこうと思います。

「天空の城ラピュタ」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

今すぐ無料おためし

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

「天空の城ラピュタ」ってどんなお話?

主人公は鉱山で働くパズーという少年です。ある日空から女の子が降ってきます。女の子はヒロインのシータで、捕らえられていた飛行船から逃げる時に転落してしまいます。シータが落ちる時に彼女を守った不思議な石は彼女がお母さんからもらった大切なもので、はるか昔ラピュタという空に浮かぶ伝説の城で作られた飛行石です。

この石を手に入れようと多くの人が彼女を血眼になって探しています。政府のムスカ大佐もこの石を狙う悪者の1人で、この石を使って世界征服をしようと企んでおり、あらゆる手を使って彼女を捕まえようとします。ラピュタを信じるパズーは彼女を守るために一緒に行動を共にするのですが、ムスカ大佐以外にも石を狙う空中海賊のドーラ一家に襲われてしまいます。

ドーラ一家は最初彼女の石を奪おうと必死でしたが、シータの優しさと可愛らしさに徐々に打ち解け、最終的にはムスカ大佐に捕らわれたシータをパズーと共に救出します。伝説の城ラピュタは昔に滅びながら、一部が今も空に浮かんでおり、パズーは昔亡くなったお父さんがラピュタを見たと話すのを聞いていたので、ラピュタを信じ存在することを証明しようとしていました。

石をシータから奪ったムスカ大佐は石の力を使って城を動かして兵隊を皆殺しにするなどやりたい放題です。シータは彼を止めるために昔教わった滅びの言葉「バルス」をパズーと共に唱えます。すると飛行石が強力な光を放ち、城は崩壊しムスカも城と共に死んでしまいます。

スポンサーリンク

「バルス」の意味とは?

シータとパズーがムスカ大佐の暴走を止めるために唱えた言葉「バルス」。この「バルス」は滅びの言葉と呼ばれ、ラピュタ語で「閉じろ」という意味があるそうです。二人がこの言葉を唱えると飛行石は強い光を放ち、やがて城が崩壊していきます。

「バルス」が「滅びろ」ではなく「閉じろ」という意味なのがとても興味深いですよね。1つの大きな帝国の終わりを意味する言葉なのでしょうが、「滅びる」という言葉を使わず歴史の幕が閉じるという意味で「閉じろ」という意味にしているのではないかと思います。

もうひとつ、「リーテ・ラトバリタ・ウルス アリアロス・バル・ネトリール」という呪文が映画内で唱えられます。この呪文は「我を助けよ、光よよみがえれ」という意味で、ここには「バル」という単語が入っています。蘇るという意味が「バル」であるのならば、「ス」には否定的な意味があるのかもしれません。ラピュタ語は宮崎駿監督の創作ですが、意味を考えていくととても奥深そうですよね。

スポンサーリンク

バルスの由来は?

バルスの由来は諸説ありますが、一番有力なのは諸星大二郎の漫画『マッドメン』に由来しているというものです。

宮崎駿監督は諸星大二郎先生の大ファンだと公言しており、諸星に「ナウシカ」の絵を描いてほしかったと過去に語っています。『マッドメン』の中に「バルス」という「楽園崩壊」の意味を持つ言葉が登場します。宮崎駿監督は同じニュアンスの言葉として自作の映画の中で使用したのかもしれませんね。

もう一つの説はトルコ語の「barış」を語源にしているという説もあります。この単語の意味は「平和」。ラピュタを崩壊させる言葉である「バルス」とは正反対の意味のようにも思えますが、世界征服すら不可能ではないラピュタの強大な力が暴走した時に止める「バルス」の呪文は、違う角度から見れば平和に繋がる言葉なのかもしれません。

「天空の城ラピュタ」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

まとめ

シータとムスカがそれぞれ飛行石の力を呼び覚ますことができたのは、二人がラピュタ王族の末裔だからです。シータの本名は『リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ』。「真のラピュタ王」を意味します。

ムスカの本名は『ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ』。「ラピュタ王」には変わりないのですが、シータの名前に入っている「トエル」が「真の」という意味になるので、ムスカは「真のラピュタ王」ではないようです。

シータが「バルス」の呪文を知っていたのは真のラピュタ王の末裔だからなのでしょうね。ラピュタの細かい設定は映画を観るだけでは全て知ることはできないため、このように調べるとより深く知ることができて映画をまた違った視点で観ることができそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました