眞子様の渡米はいつ?小室圭との結婚会見後か?別に行くのか?

ニュース

宮内庁は秋篠宮家の長女眞子さまの結婚に関し、小室圭さんが10月18日に秋篠宮ご夫妻と赤坂御用地内で面会することを明らかにしました。小室圭さんは、眞子さまとも3年ぶりに再会します。

小室圭さんは渡米直前の2018年8月4日に赤坂御用地で会ってから約3年2ヶ月ぶりに秋篠宮ご夫妻と面会します。小室家の金銭トラブルについて説明するとともに、眞子さまの渡米についても話されると思われます。

眞子さまは10月28日、婚姻届けを出して小室圭と結婚後、小室眞子さまとして二人で結婚会見に臨まれます。

眞子さまの渡米はいつか、小室圭との結婚会見後かについて調べました。

小室佳代の正体とは?弟が暴力団関係者なのか?結婚に対しての反応は?
2021年10月6日に、小室圭さんの母親・小室佳代が詐欺罪で東京地方検察庁に刑事告発されました。ジャーナリスト・篠原常一郎氏により小室佳代が刑事告発された理由は、遺族年金と傷病手当金の不正受給疑惑です。 小室佳代は2002年に公務員の...
スポンサーリンク

眞子様の渡米はいつ?小室圭との結婚会見後か?

秋篠宮家の長女・眞子さまの結婚後の記者会見は10月26日の午後、東京都内のホテルで行われます。眞子さまは小室圭との婚姻届を26日に提出後に“小室眞子さま”として結婚会見に臨まれます。2人そろっての会見は眞子さまが希望されました。

関係者の話では、父親の秋篠宮さまが判断され、皇室関係施設ではなく、ホテルで会見することに決めたと言います。眞子さまは19日に、お一人で皇居・宮中三殿をご拝礼、22日に両陛下、25日に上皇ご夫妻のお住まいを訪れ結婚のご報告とご挨拶をされる予定です。

眞子(まこ)さまは1991年10月23日に秋篠宮文仁親王と同妃紀子さまの第一女子として生まれ、妹に佳子さま、弟に悠仁親王がいます。名前は「天性のものを失わず、自然に、飾ることなく、ありのままに人生を歩む」願いを込めて命名された。

眞子さまは1998年4月、学習院初等科入学し、その後学習院女子中・高等科に進学しました。2009年11月、国際基督教大学をAO入試で受験し合格した。2010年国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科に入学した。2014年3月国際基督教大学教養学部を卒業した。2014年9月レスター大学大学院博物館学研究科に入学し2015年課程を終えて帰国した。

二人は2012年にお付き合いを始めてから約9年になり、2017年9月に婚約が内定してからは4年たちました。2020年11月13日に眞子さまは小室圭との結婚について「結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択」と結婚の意思を表明しました。

2020年11月20日に、秋篠宮さまは55歳の誕生日記者会見で「結婚することを認める」と二人の結婚を容認する気持ちを述べました。
2021年2月19日に、今上天皇は誕生日に先立つ記者会見で、二人の結婚について「国民の間でさまざまな意見があることは私も承知している」とした上で「眞子内親王が、ご両親とよく話し合い、秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております」と述べました。

宮内庁から眞子さまは「複雑性PTSD」の状態で、精神的に不調であることが明かされました。小室圭の母親が元婚約者から金銭的な援助を受けていたのが、贈与か借金かで意見が異なっていて、週刊誌等で誹謗中傷されるのに耐えられず「複雑性PTSD」になったと言います。

眞子さまの病気は「本人の好きなようにやらせてあげる」ことが最善の治療法であるということで結婚が決定しました。

ノンフィクションライターの窪田順生氏は、眞子さまの複雑性PTSD公表は、以下の危機を誘発したと指摘しています。
(1)世界中のメディア・諜報機関に眞子さまを「協力者」に仕立てる方法を教えた
(2)来月から一般人として生活する女性の「病歴」を世界に公表した
(3)「皇族もメンタルヘルスに問題を抱えたら自由を得られる」という前例を世に示した

アメリカで暮らす眞子さまは、各国の諜報機関から狙われる可能性が高いと指摘されます。海外では王室から離脱した人は、諜報戦に巻き込まれ、その国の「弱み」を握るために「協力者」にされる恐れがあると言います。アメリカで一般人として暮らす眞子さまが「複雑性PTSD」と公表したのはマイナス面が多いようです。

10月26日に入籍した眞子さまは、都内のマンションに滞在する予定で「アメリカへ行くのは周囲の想定よりも遅くなる可能性がある」と言います。

秋篠宮家の関係者は「夫となる小室さんは、就職先であるNY州の法律事務所に“早く戻ってくるように”と急かされているそうで、入籍後はそう時間を空けずに彼1人だけでアメリカに戻る予定みたいです」と話しています。

さらに関係者は「当初は入籍から1か月ほどかけて、パスポート取得やビザの申請を行ってから渡米する予定だったそうです。しかし、それらの手続きに想定よりも時間がかかる見込みで、遅ければ渡米が年明けまでずれ込む可能性が浮上しているんです。」と述べています。

スポンサーリンク

別々に行くのか?

眞子さま本人は入籍するまでが大切で、渡米の時期にはそれほどこだわっていないようです。小室圭は7月27、28日にニューヨーク州の司法試験をオンラインで受験し、12月の結果発表を待っている状態です。

小室圭は、すでにニューヨークのローウエンステイン・サンドラー弁護士事務所に勤務しています。司法試験に合格していないと、再び勉強して次の試験を受験する必要があります。収入は合格すれば年収2500万円、不合格で助手のままだと年収600万円になります。600万円では物価が高いニューヨークにおいて二人で暮らすのは難しい。

眞子さまは小室圭が司法試験に合格し、ニューヨークでの生活基盤が確立してからの渡米になると多くの人が考えています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は10月26日に小室圭さんと結婚する眞子さまについて調べました。小室圭さんと入籍し、お一人で都内のマンションで暮らした後、渡米することが分かりました。

眞子さまと小室圭さんが幸せになることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました