ひろゆき賠償金は何のこと?金額はいくら?なぜ払わないのか?

2021年10月25日に、匿名掲示板「2ちゃんねる」の創設者で、ワイドショーのコメンテーター、YouTuberとして活躍している「ひろゆき」が裁判で敗訴した賠償金60万円を支払ったと報じられてました。

ひろゆきは裁判所から命じられた賠償金の約30億円について無視を続けてきました。ひろゆきは2ちゃんねるの書き込みの削除をめぐり多くの裁判を抱え、本人は「2日に1回ほど東京地裁に行くという生活を約5年」「1日に3回の裁判を受けるトリプルヘッダーもやった」と賠償金が発生した当時の状態を語っています。

最初は裁判に対応していましたが、途中から法廷に出席しなくなり欠席裁判で敗訴し、延滞金が加算されて総額約30億円の賠償金になっています。

ひろゆき賠償金は何のことか調べました。

ひろゆき嫁西村ゆかとは何者か?大学学歴は?仕事は何?
2021年10月24日、TBS系「サンデー・ジャパン」にひろゆき嫁西村ゆかがリモートで顔出し初出演しました。同番組の取材に対し、リモート出演した西村ゆかが、ひろゆきの素顔を暴露しました。 ひろゆきは嫁の前では“謎の宇宙語後”(例えば、...
zozo前澤西村ひろゆきと対立PC寄贈はどうなった?結局自分の為か?
2021年5月15日現在、ZOZO創業者でスタートトゥデイ代表取締役・前澤友作さんと元「2ちゃんねる」管理者・ひろゆき氏が、児童養護施設へパソコンを寄贈する企画で対立していることが報じられました。 騒動の流れ 前澤友作氏...
キンコン西野VSひろゆき何があった?えんとつ町のプペル問題をバカにされたからか?
2021年5月12日に、西野亮廣(キングコング)が自身のYouTubeチャンネル「西野亮廣エンタメ研究ラジオ」を生配信し、コメントを寄せた実業家のひろゆき氏に“直接対決”を要求しました。 一連の流れ ひろゆき氏こ...

ひろゆき賠償金は何のこと?

ひろゆきが、初めて賠償金60万円を支払った裁判の原告は、メールマガジンサービス「まぐまぐ」の開発者の深水英一郎さんでした。深水英一郎とひろゆきは、ニュースサイト運営企業「未来検索ブラジル」(ガジェット通信を運営)の代表と役員でした。

2019年開催のニコニコ動画のイベント「ニコニコ超会議」の中で、ひろゆきが酩酊状態になり、深水英一郎が会社の資金を持ち逃げしたと発言しました。

それに異を唱えた深水英一郎が訴訟して、勝訴し賠償金を受け取る判決を勝ち取りました。深水英一郎は「賠償金が払われたのは、今年の夏でした。判決では54万円でしたが、それに加えて利息も払うことで、60万2525円になりました。ニコニコ円になっているのは、ひろゆきなりのシャレかな、と思います(笑)。」と語っています。

ひろゆきは、「2ちゃんねる」への書き込み削除を巡り、裁判に敗訴し多額の賠償金の支払いを命じられています。自分で「賠償金は累積で30億くらいいったと思う」と語っています。今まで「電車男」の印税60万円を差し押さえられた以外は賠償金を支払っていません。

弁護士・藤吉修崇氏は、2020年4月1日施行の財産開示手続きの改正により、「(財産開示手続きに応じないと)6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金が科されるようになりました。つまり、刑事罰となった」のが、ひろゆきが賠償金60万円を支払った理由でないかと語っています。

今まで、ひろゆきは賠償金について「10年たつと時効だから(賠償金が)ゼロになる。払うよりも10年間逃げ切った方が得」「お金はあるけど、(相手が)ここにあるぞと分からない限り、とれない。不動産とかマンションとか持っていたら、とられるけど、そういうのは持っていない」などと話していました。

訴訟を担当していた弁護士が、ひろゆきの資産を回収しようとしたことがありましたが「(ひろゆきの自宅マンションにあったのは)生活必需品ばかりで差し押さえができなかった」「収入が入る金融機関の口座を突き止めることができなかった」と回収できなかったことを話しています。

金額はいくら?なぜ払わないのか?

2007年3月の読売新聞に「債務4億円、50件以上民事で提訴され43件で敗訴確定」と報じられました。3月20日には賠償金が5億円と報じらています。延滞による制裁金の1日当たり88万円により、2009年に賠償金10億円に膨らみました。正確な賠償金の金額は本人でも把握していないと言いますが、現在は約30億円にまで膨らんでいると考えられています。

差し押さえる財産が無い場合は、判決があっても取り立てはできません。ひろゆきは、パリに在住していて国内には財産がありません。海外に財産があることが分かった場合、海外の財産を差し押さえることもできます。しかし、日本国内の判決の効力が海外に及ばない場合があります。

判決で確定した賠償金の請求権は、10年で消滅時効にかかります。10年が経過する前に改めて裁判を起こすなどして時効を中断する必要があります。

ひろゆきは、本名:西村博之、1976年11月16日に神奈川県で生まれ、東京都北区赤羽北出身、匿名掲示板「2ちゃんねる」の開設者、実業家、YouTuberです。父親は財務省国税庁国税局税務職員で北海道足寄町出身です。家族は父母と姉の4人家族でした。

小学校は北区立北園小学校(現・袋小学校)、中学校は北区立北中学校(現・桐ヶ丘中学校)、高校は東京都立北園高等学校を卒業しました。

1年浪人して中央大学文学部教育学科心理学コースへ進学しました。1998年1月からウエブサイトを開設しました。1998年夏に米国アーカンソー州の中央アーカンソー大学へ1年間留学しました。1999年7月22日に「2ちゃんねる」を開設しました。

ひろゆきは2014年に西村由佳(旧姓・植木)さんと結婚しました。結婚記念日と誕生日を一緒にすると「結婚記念日」を忘れないだろうと思って、4月19日に結婚しました。

ひろゆき嫁の西村由佳さんは「だんな様はひろゆき」というタイトルのネット漫画を描いています。この漫画はひろゆきと西村由佳さんの日常生活を描いた作品で楽しい内容になっています。西村由佳さんは、Twitter上でひろゆきを「偉い人」と言っています。

まとめ

今回は裁判の賠償金を始めて支払ったと話題になっている、ひろゆき(西村博之)の賠償金について調べました。「2ちゃんねる」の書き込み削除に関する裁判の賠償金約30億円を支払っていないことが分かりました。

ひろゆきの今後の活躍を祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました