小室佳代不正受給疑惑とは?詳細説明.罪になるか?圭さん眞子さんへの影響は?

ニュース

週刊誌が「小室の母親・小室佳代の遺族年金不正受給疑惑」を報道しているのに対して小室圭は「そういう事実はない」と否定しました。

週刊誌は、小室圭の母親・小室佳代が元婚約者と事実婚の状態のときに遺族年金を貰い続けていた疑惑および働いていた洋菓子店を適応障害だとして休んで障害手当を貰いながら、知人が経営している軽井沢の喫茶レストランで働いていた疑惑を追及しています。

小室佳代の不正受給疑惑について調べました。

小室佳代の正体とは?弟が暴力団関係者なのか?結婚に対しての反応は?
2021年10月6日に、小室圭さんの母親・小室佳代が詐欺罪で東京地方検察庁に刑事告発されました。ジャーナリスト・篠原常一郎氏により小室佳代が刑事告発された理由は、遺族年金と傷病手当金の不正受給疑惑です。 小室佳代は2002年に公務員の...
小室圭母の年齢経歴は?現在は何している?婚約者からいくら借りた?裁判はある?
小室圭さんは、母親と元婚約者の金銭トラブルの内容に関する文書を発表しました。発表後数日して、小室圭さんは、元婚約者に「解決金」を渡す方向で金銭トラブルを解決する意向があることを明らかにしました。 小室圭さんの代理人によると、文書に書い...
スポンサーリンク

小室佳代不正受給疑惑とは?詳細説明.

眞子さんと小室圭の結婚会見でも触れられたように、母親・小室佳代の金銭トラブルは解決されていません。さらに小室佳代に不正受給疑惑に関して警察と検察の捜査が及ぶような状況になっています。

不正受給疑惑をよく知る新聞記者は「ジャーナリストが10月6日、佳代さんのことを東京地検特捜部に詐欺罪で刑事告発したのです。『返戻』という措置が取られ、いったん神奈川県警への相談がうながされている現状です。神奈川県警と連絡を取り合いながら証拠資料をさらに集めているそうです」と語っています。

不正受給に関して2件の疑惑が取り上げられています。
① 小室佳代の夫が亡くなった2002年3月から受給していた遺族年金に関する不正受給
遺族年金は、再婚や事実婚になった場合は、権利を放棄しなければなりません。
小室佳代の場合は、夫の死後しばらくして、自宅マンションで彫金師の男性と同棲していました。事実婚関係であったのに権利を放棄せず、遺族年金を受給していました。これが不正受給だと追求されています。

元婚約者と交際していた時のメールの中に「遺族年金を受け取っている間は事実婚状態であることを隠してほしい」という内容もあり、小室佳代が不正受給を認識していたたと思われる。

② 小室佳代は傷害保険を受けながら軽井沢のレストランで働いていた

小室佳代は2018年春、適応障害だと言って都内の老舗洋菓子店を休み、支給期間の最長期間の1年半にわたって傷害保険を受け取っていました。

疑惑を知る記者が「この間、佳代さんは知人が経営する軽井沢にある喫茶レストランのホールやバックヤードで働いていた時期があると報じられました」と語っています。

傷害保険をうけならが別の場所で働くと「休職前とほぼ同じ業務内容でほかで働いていれば、不正受給と判断される場合があります。病欠を理由に本来の職場で加入した保険から傷病手当金をもらっていたことになるので、保険金を詐取していたと判断される可能性もあるでしょう」と光嶋卓也・社会保険労務士が解説しています。

軽井沢の喫茶店の常連が「佳代さんは確かに、その店のホールで働いていました。彼女の昔からの親しい友人で、10才ほど年上の経営者の女性が、3年前の夏の繁忙期に働き手がいなくて困っていたんです。そこでやってきたのが、佳代さんでした」と語っています。

レストランの経営者は、昔から夫婦で接客していました。小室佳代が働いた2018年夏の6~7年前に夫が亡くなり、従業員の厨房担当とホール担当の3人で店を続けていました。2018年にホール担当の人が辞めて働き手が欲しかったときに小室佳代が来て、レストランの2階に住み込んで働いていました。

小室佳代を知ってる人が「佳代さん、偽名を使っていたんですよ。お店の人からは、“あーちゃん”と呼ばれていて、バレたくないんだと思いました。それならホールに立たなければいいのに……。」と、小室佳代が偽名で働いていたと証言しています。

偽名を使っていたことから、小室佳代は不正受給を認識していたと思われる。

◎小室佳代の老舗洋菓子店との労災トラブル

小室佳代は、3年前の2018年に適応障害の診断を受け、洋菓子店を長く休み1年半にわたって休業補償を受けました。

その後、働いていた老舗洋菓子店と労災トラブルを起こしています。2021年6月上旬に小室佳代が「アキレス腱断裂」と書かれた診断書を持参し、洋菓子店へ「休みたい」と申し出ました。洋菓子店は6月一杯の休みを認めました。

7月になっても出社せず洋菓子店は無断欠勤扱いにしました。小室佳代は、洋菓子店で終業後、更衣室で靴を履き替えるときにバランスを崩してアキレス腱断裂になったので労災だと主張しています。
洋菓子店社長は認めず争う姿勢です。

スポンサーリンク

罪になるか?

小室佳代を詐欺容疑で10月6日に刑事告白状を提出した篠原常一郎さんが、経過を12日にYouTubeで報告しています。告発状は、東京地検特捜部から3日後(9日)に返送されていました。

特捜検事からの書面に「犯罪構成要件に該当する具体的な事実が記載されておらず、具体的な事実に基づく記載もなく、告発事実が特定されているとは言えません」とあり、証拠不十分で返送されました。

書面に、警察が捜査をして検察が補充捜査して、犯罪要件の事実を特定するために「犯罪地または犯人の所在地を管轄する警察署などに相談されることをご検討願います」と書かれていました。篠原常一郎さんは引き続いて追及する構えでいます。
罪になるかどうか、今後の動きを注目したいと考えています。

篠原常一郎は別名:古是三春、1960年7月11日生まれ、東京都出身、立教大学文学部教育学科卒業、元日本共産党専従、軍事・政治評論家のジャーナリストです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は週刊誌が取り上げている小室圭の母親・小室佳代の遺族年金と傷害保険の不正受給疑惑について調べました。

小室佳代の不正受給疑惑が解明されて、眞子さまと小室圭夫妻がニューヨークでおだやかに過ごされることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました