木下優樹菜3億円訴訟の内容は?タピオカ店恐喝か?YouTubeも厳しい?

ニュース

10月27日、元タレント・木下優樹菜のタピオカ訴訟に関して、東京地裁が40万円の賠償命令の判決が下しました。木下優樹菜の実姉がアルバイトをしていたタピオカドリンク店の経営者に対する“タピオカ店恐喝”で1000万円の損害賠償を求められていた訴訟の一審は40万円で決着しました。

40万円という判決に対して、フジテレビ系「バイキングMORE」で若狭弁護士が「これまでの判例では慰謝料は100万円くらいしか認められていないが、最近の判例では、侮辱罪に対しては懲役刑を認めようという国会の動きもある。それからすると、100万円くらいを考えるべきだったのでは」と話しました。

2019年9月、木下優樹菜の実姉とタピオカ店で給料の支払いでトラブルが発生し、木下優樹菜はインスタグラムで同店の店長に「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」と恐喝と取れるダイレクトメッセージを送たのが問題になり、芸能活動を自粛しました。

木下優樹菜が芸能界を引退後の2020年9月に、タピオカドリンク店の店長が精神的苦痛を受けたとして1000万円の損害賠償を求める訴訟を起こしました。それとは別に、化粧品会社などが、木下優樹菜に対して約3億円の民事訴訟を起こしています。

木下優樹菜3億円訴訟の内容はタピオカ店恐喝と関係あるのか調べました。

スポンサーリンク

木下優樹菜3億円訴訟の内容は?タピオカ店恐喝か?

2021年6月に木下優樹菜が引退前にイメージモデルを務めていた化粧品会社「ロハス製薬」とメディア事業を手掛ける関連会社「アイア」から、3億円の損害賠償の民事訴訟が起こされました。

「ロハス製薬」と「アイア」はタピオカ店とのトラブルでブランドイメージが落ちたとして木下優樹菜の他、元所属事務所プラチナムプロダクション、広告代理店バードマンの3者に対して約3億円の損害賠償を求めています。

「アイア」は木下優樹菜の元所属事務所「プラチナムプロダクション」と契約した広告代理店「バードマン」と木下優樹菜の広告出演契約を結び、美容フェイスマスク「オルフェス」のイメージモデルになりました。ロハス製薬とアイアは、タピオカ騒動でブランドイメージが毀損されたと提訴しました。

広告代理店バードマンは「当社は、引き続き訴状の精査を行い、ロハス製薬株式会社及びアイア株式会社の主張はいずれも認められるものではないとの前提で、裁判において当社の主張を行い、本件の適切妥当な解決を図ってまいります」と主張しています。

スポーツ紙記者は「彼女(木下優樹菜)は現在、引退前に契約していた化粧品会社から約3億円の損害賠償を求められ、係争中です。年明けにもその判決が出るようですが、美容フェイスマスクのイメージモデルを務めていたユッキーナの不祥事で具体的にどれぐらい売り上げが落ちたか。かなりの売り上げダウンになったと思われます」と話しています。

ロハス製薬(渋谷区渋谷1-1-5 12F)は2016年8月19日の設立された化粧品会社です。主な製品はフェイスマスク(オルフェス)で、木下優樹菜がイメージキャラクターを務めていました。オルフェスは「保湿、透明感※1、毛穴※2、敏感肌、ハリツヤなど、肌コンディションに合わせて、目的別に選べる10種類のラインナップ」があります。

木下優樹菜は1987年12月4日生まれ、東京都葛飾区出身、3人姉妹の3女として生まれました。父親・木下浩さんはTOTOの製品を扱っている会社の社長と言われています。家族は父母、長姉(かおり)、次姉(さやか)、優樹菜の5人家族でした。

木下優樹菜は、渋谷高等学院修了後、沖縄アクターズスクール東京校に通い、第一回沖縄アクターズスクール全国オーディションに合格しました。渋谷109のショップ店員から芸能界にスカウトされ、ファッションモデルとしてデビューしました。愛称はユッキーナです。

2010年に藤本敏史と結婚し、子供は、長女(莉々菜)、次女(茉叶菜)の2人を出産しました。2019年に藤本敏史と離婚しました。プラチナムプロダクションに所属していましたが、2020年7月6日に芸能界を引退しました。

スポンサーリンク

YouTubeも厳しい?

木下優樹菜は芸能界を引退後はYouTuberに転身することを考えていました。

タピオカドリンク店の訴訟の判決が下った翌日に、木下優樹菜はYouTubeチャンネルを開設し、「今回の報道について」という動画を公開しました。動画の中で涙の謝罪と芸能界復帰について話ました。

木下優樹菜は動画内で、「今回、自分のしてしまったことが脅迫という結果になり、それを真摯に受け止めています」とタピオカ店とのトラブルを謝罪しました。さらに、この2年間で自分を見つめなおし「もともと言葉を人に伝えたりすることが、すごく瞬発的にストレートに物事を発してしまったり、あまり考えずに思っていることを言ってしまう性格でもありました」と反省しています。

芸能関係者は「正直、彼女絡みの企画が会議で通ることはないです。もうひとつの訴訟が終わっていないのにそれでも復帰したいという彼女のバイタリティに舌を巻きますね」と言っています。

木下優樹菜の投稿したYouTube動画に対して29日夕方には、1万2500件を越えるコメントが寄せられています。28日時点の評価は高評価が4300件に対して、低評価1万9000件であり、低評価が多い結果になっています。

スポンサーリンク

まとめ

今回はタピオカ店とのトラブルで東京地裁の判決が下った元タレントの木下優樹菜の3億円訴訟とYouTubeについて調べました。

3億円訴訟を抱えながら、YouTubeで芸能界へ復帰したいと話していました。木下優樹菜さんの今後の活躍を期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました