竹内結子出演コンフィデンスマンJPプリンセス編ネタバレ?ロケ地はどこなの?

映画

公開延期になっていた映画が続々と公開され始めましたね。2020年7月23日から公開されている映画『コンフィデンスマンJPプリンセス編』もそのうちの1つです。

『コンフィデンスマンJP』シリーズは2018年に月9枠(フジテレビ系)の連続ドラマとしてスタートし、その後スペシャルドラマ化や映画化もされてきた人気作品です。

今回の『コンフィデンスマンJPプリンセス編』は、大ヒットした映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』に続く映画化第二弾となる作品で、本来は2020年5月1日に公開予定でした。

しかし、新型コロナウイルス感染拡大による影響で公開延期となってしまい、楽しみにしていたファンの方々は首を長くして待っていらっしゃったことと思います。そんな期待大の作品、『コンフィデンスマンJPプリンセス編』について調べてみました。

竹内結子出演コンフィデンスマンJPロマンス編あらすじネタバレは?竹内結子役は何役?
2020年9月27日にこの世を去ってしまった竹内結子。この突然の訃報には、驚きといった感情や、未だに信じること、受け入れることがが出来ません。そしてそれと共に、その死に惜しみ、今まさに悲しんでいるという彼女のファンの方は多いと思います。 ...

コンフィデンスマンJPプリンセス編ネタバレどんな話?

※こちらの内容はネタバレを含みます。ご注意ください。

まず初めに『コンフィデンスマンJP』シリーズについて簡単におさらいをさせていただきます。コンフィデンスマンとは、「confidence(信用・信頼)」+「man(人)」=詐欺師という意味で、長澤まさみさん演じる主人公・ダー子もその1人です。

ダー子が、東出昌大さん演じるボクちゃん&小日向文世さん演じるリチャードと共に、悪徳な方法や違法行為で弱者から大金を稼ぎだすような「オサカナ(ターゲット)」達を様々な方法で騙し、その巨額の資金を騙し取ってゆくという痛快コンゲーム(信用詐欺)コメディです。

その頭脳戦や他の詐欺師たちとの騙し合いだけでなく、見ていてついつい笑ってしまうようなコミカルな演出が魅力の人気作品シリーズでもあります。

今回ダー子たちが「オサカナ」として狙うのは世界有数の大富豪・レイモンド・フウ(北大路欣也)の巨額の遺産です。10兆円ともいわれる遺産の相続人として次期当主に指名されたのは、ミシェル・フウという名の隠し子でした。その存在は誰も知らず、ミシェル探しが始まると世界中の詐欺師たちがその遺産を狙いマレーシアのランカウイ島に大集結します。

ダー子は新たに迎え入れた子猫(詐欺のサポート等をする手下)であるコックリ(関水渚)をミシェルに仕立て上げ、見事コックリをミシェルであると信じさせることに成功しますが、フウ家の人間として相応しい教養を身につけねばならなくなり厳しい授業を受けることに。

すると遺産相続人となるコックリを追い出したいフウ家の人々から嫌がらせが始まり、やがてそれは命の危険を感じるほどにエスカレートしていったため、仕方なく詐欺を諦めてフウ家からの脱出をはかります。

しかし、コックリがマンゴーを運ぶおじいさんにぶつかってしまい、散らばったマンゴーを見過ごせずに拾うことに。そのお礼にマンゴーを1つ貰いますが警備員に追いつかれ脱出は失敗。このときコックリはプリンセスの人形を拾います。それはかつてレイモンド・フウが潰した工場で作られていたものでした。

その後、数々の危機がありながらもフウ家当主のお披露目パーティにコックリはミシェルとして参加します。パーティには他の詐欺師やマフィアの姿もありました。そこへフウ家一族の命を狙った爆弾魔が乱入。爆弾魔にはフウ家にプリンセスの人形を作っていた工場を潰されたことで妻を失ったという過去がありました。

コックリは自分がフウ家当主だと名乗り爆弾魔に近づき、「マンゴーをありがとう」と言いました。爆弾魔はマンゴーをくれたおじいさんだったのです。コックリはあのとき拾ったプリンセスの人形をおじいさんに返し、事態はなんとか収まります。

そうして様々なトラブルの後でコックリはフウ家の人々からも当主として認められました。

一方、ダー子・ボクちゃん・リチャードの3人には最大のピンチが訪れます。ですが、様々なトラップで相手を騙しに騙し、命の危険を潜り抜けました。

見事コックリはフウ家の正式な当主となりましたが、1円も手に入れることができなかったダー子たち。それでもどこか清々しさがあります。

そして物語のラストには、2年前の香港でのダー子たちの会話を聞くレイモンド・フウの姿が映し出されるという衝撃のシーンで幕は閉じました。

かいつまんでの説明となってしまいましたが、この作品の魅力はなんといってもその騙しの手口!特に主人公・ダー子の仕掛ける罠は計り知れず、驚きの連続です。文章ではとても表現しきれないので、興味を持たれた方は是非劇場でお楽しみください。

撮影ロケ地はどこ?

さて、ダー子一味史上最大規模の「オサカナ」を狙う最後まで驚きの嵐が続く痛快ストーリーの本作ですが、その撮影ロケ地はどこなのでしょうか?作中の美しい景色を見て気になった方も多いのでは?

今回映画『コンフィデンスマンJPプリンセス編』の撮影が行われたのは物語の舞台と同じマレーシアのランカウイ島です。ランカウイ島はマレーシアの北西部にあるアンダマン海にある島で、クダ州に属しています。その周辺の島々を合わせてランカウイ群島と呼ばれ、地元の言葉では「ラン」=鷲、「カウイ」=大理石を意味するものなんだそうです。

セレブの隠れ家的リゾートとして5つ星ホテルもあることで知られますが、島では数多くの伝説が古くから語り継がれているため「伝説の島」とも呼ばれています。「伝説の島」だなんて『コンフィデンスマンJP』にぴったりの場所ですね。

その伝説には王子様とお姫様が出てくるものがあったり、妖精が出てくるものがあったりと様々なものがあります。ロマンチックなものからちょっぴり怖いお話・不思議なお話もあるので、興味のある方は是非調べてみてください。

白い砂浜や青い海、マングローブが生い茂る川やマットチンチャン山の吊り橋スカイ・ブリッジまである素晴らしい観光地でもあるランカウイ島ですが、今回の撮影で訪れた主演の長澤まさみさんたちもとても気に入ったそうです。

以前のインタビューで長澤さんは「次の(コンフィデンスマンJPの)ロケ地はハワイがいい」とおっしゃっていたそうですが、ランカウイ島もハワイに負けず劣らずの美しい島ですので、きっと楽しく撮影に臨まれたことと思います。

ちなみにリチャード役の小日向文世さんは海外が苦手なのだとか。今回の『コンフィデンスマンJP』の映画化第二弾が決まった際は「ロケ地がどこなのか?」ということばかり気になってしまったそうです。おちゃめな小日向さんらしいエピソードですね。

まとめ

大人気シリーズの続編ということで注目を浴びている『コンフィデンスマンJPプリンセス編』。主演の3人以外にも豪華な出演者が揃っています。ストーリーに絡んでいくキャスト達はもちろんですが、なんと歌手のGACKTさんも謎の男としてチラッとだけ出演しているそうです。

1度映画を見てその先の展開が分かっている人でも、何度も見たくなるような作品です。この機会に過去のドラマシリーズや映画をおさらいしてみるのも良いかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました