ハウルの動く城実は弱虫ハウルが纏う緑の液体の正体は何?

アニメ
画像出典:ciatr [シアター]

2004年に公開され、当時の歴代興行収入第2位を記録するほどの大ヒット作品となった「ハウルの動く城」。

ストーリーのおもしろさはもちろんですが、主人公ハウルの吹き替えをトップアイドルの木村拓哉さんが担当したことでも話題になりました。

見た目が地味なことからコンプレックスを抱える少女が美しい魔法使いハウルと出会うことからこの物語は始まります。

今回は多くの謎を持つハウルという青年についてご紹介していこうと思います。

「ハウルの動く城 」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

今すぐ無料おためし

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

「ハウルの動く城」簡単なあらすじ

本作のヒロインは帽子屋で働くソフィーという少女です。彼女はある日男たちに絡まれているところを魔法使いハウルに助けられます。

ハウルのことが気になるソフィーですが、彼と関わったことで荒地の魔女に呪いをかけられ、90歳の老婆の姿に変えられてしまいます。

呪いを解くために帽子屋を飛び出したソフィーはハウルの動く城に導かれたように辿りつき、そこでハウルとカルシファーと共に共同生活を送ることになります。

しかし、隣国との戦争が始まってしまいハウルもその戦争に参加することになってしまい…。

「ハウルの動く城」の原作はイギリスの女性作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズの「魔法使いハウルと火の悪魔」という児童小説です。

物語前半は比較的原作に忠実に作られていますが、後半のストーリーは宮崎駿監督のオリジナル要素が盛り込まれています。原作者のダイアナ・ウィン・ジョーンズは「ハウルの性格は変えないように」とだけ注文をつけ映画製作を許可しました。

完成した映画を観たダイアナは「とても素晴らしかった」「宮崎は私が執筆したときと同じ精神で映画を作った」と絶賛したそうです。

スポンサーリンク

魔法使いハウル

ハウルの初登場シーンはソフィーが街で兵隊に絡まれているところにハウルが助けにくるというシーンです。ハウルはソフィーの肩に手をかけ、まるで顔見知りであるかのように「やぁやぁごめんごめん、探したよ」と声をかけます。

その姿は派手な金髪に美しい顔、そして煌びやかな宝石や衣装を身にまとい、まるでどこかの王子様のようです。街の人々はハウルについて「若い女の心臓を取るらしい」と噂し、動く城に住んでいるという噂も合わさってハウルのことを恐れていますが、ソフィーに対してはとても優しく彼女をお姫様のように扱っていました。

スポンサーリンク

ハウルは実は弱虫?

街で恐れられているハウル。悪魔と契約した恐ろしい魔力を持つ荒地の魔女や国王に仕える魔女のサリマンからとことん逃げ回り、怖いものなしといったイメージだったハウルですが、ソフィーがハウルの動く城で共に生活し始めてから徐々に彼の新たな一面が見えてきます。

ソフィーが城の中を掃除し洗面台をいじったことでハウルにかけられていた魔法がとけてしまい、ハウルの美しい金髪はオレンジ色に変わってしまいます。髪がオレンジ色になった自分の姿を鏡で見たハウルはパニックになり、城の中を駆け回り大騒ぎ。

しまいには机にふさぎこんでしまうのです。また、城の中は実は魔除けのアイテムで溢れていて魔女の呪いを極端に恐れていることも分かります。そして街で「若い女の心臓を取る」と噂されているのは、女性にかたっぱしから声をかけその女性がハウルに振り向くと興味が無くなってしまい、次の女性へ…。

というのを繰り返していた結果そのような噂が立つようになったとか。かっこいい美しい自分を演出しているハウルですが、実は弱虫で浮気性な青年だったようです。

ハウルの体から流れ出る緑の液体の正体は?

ハウルの髪が黒髪に変わってしまった時、机にふさぎ込んだハウルは闇の精霊を呼び出し、ハウルの体からは緑色のドロドロした液体が流れ出ていました。弟子のマルクルはそれを見て「以前女の子に振られた時にもなったことがあるんだ」と言っています。

ハウルの体からにじみ出るこの緑色の液体に関して、はっきりと公式には言及されていませんが、マルクルの発言からみてもハウルが悲しんだ時や絶望した時に出てくるものだと推測されます。悪魔と契約を交わしてしまったハウルですから、体にも何かしらの変化があったのでしょう。

しかし、緑色の液体が出るというのは人間離れしていて少し恐ろしく感じてしまいますね。腑抜けになってしまったハウルを見たソフィーは自身の容姿にコンプレックスがあることから、ただ髪の色が変わっただけでふさぎ込むハウルを見て「私なんて一度も美しかったことはないわ」と言い城を飛び出してしまいます。

かっこよく優しいというハウルのイメージがガラっと変わったシーンの1つですよね。

「ハウルの動く城 」
動画配信サービス「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」で配信されています。

今すぐ無料おためし

「TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV」は30日間お試し無料です。
無料期間中の解約は違約金なし。ボタン一つの簡単解約可能。
解約など詳細はこちらをクリック

まとめ

今回は本作の主人公ハウルの意外な一面についてご紹介しました。美しく優しい紳士な魔法使いという一面だけでなく、弱虫で臆病な彼を知ることができてハウルという人物がより人間らしく魅力的に感じたのは私だけではないはずです。

そんなハウルもソフィーと共に過ごすことで人間的にも成長していきます。最後は彼女を守るためにあんなに嫌がっていた戦争にも参加し、その姿は本当にかっこよかったですよね。

もう一度この作品を見返したくなりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました