大晦日の番組視聴率ランキングトップは?紅白か?日テレ新番組か?

バラエティ

2021年12月31日大晦日のテレビ特別番組の視聴率が発表されています。

大晦日のテレビ特番は、NHK「第72回NHK紅白歌合戦」、テレビ朝日系「ザワつく!大晦日一茂良純ちさ子の会」、フジテレビ系「大晦日はRIZIN」、日本テレビ系「笑って年越したい!笑う大晦日」、テレビ東京系「第54回年忘れにっぽんの歌」などでした。

大晦日のテレビ特別番組の視聴率について調べました。

スポンサーリンク

大晦日の番組視聴率ランキングトップは?

大晦日の主なテレビ特別番組の平均世帯視聴率(関東)は以下の通りでした。

NHK「第72回NHK紅白歌合戦」の視聴率

NHKは大晦日に恒例の紅白歌合戦を放送しました。
平均世帯視聴率は1部(pm7時30分~9時)31.5%、2部(pm9時~11時45分)34.3%でした。2部制になってから最低の視聴率になりました。

第2部は前回2020年の40.3%から6.3ポイント下がり、過去最低記録であった前々回2019年の37.3%を下回りました。

史上最低の視聴率を記録したのは、内容を若者向けに切り替えたことで、高齢者の紅白離れに拍車がかかった結果です。視聴率の合格点は40%とされていて、紅白の製作OBは「紅白が紅白でなくなった日」と嘆いています。

NHKの紅白実施本部長・杉山賢治氏は「それぞれの歌に込められた大切なメッセージが視聴者のみなさまの心に深く届いたと確信しております」と前向きに評価しています。

テレビ東京系の「第54回年忘れにっぽんの歌」が平均世帯視聴率8.3%あり、出演歌手が演歌・歌謡曲系の歌手ばかりになっていて、テレビ関係者から「こっちのほうが紅白っぽい」と言われています。

SNSでは、NHK紅白はチャンネルを合わせてもらおうとする努力を怠っていると批判しています。

日本テレビ系「笑って年越したい!笑う大晦日」の視聴率

2021年は大晦日恒例の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけない」シリーズを休止しました。その代わりに「笑って年越したい!笑う大晦日」を放送しました。

「笑って年越したい!笑う大晦日」の平均世帯視聴率は、前半(pm6時30分~9時)が7.2%、後半(pm9時~0時30分)が5.6%でした。

前年放送の「絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時」の視聴率17.4%から大きく視聴率を落としました。

ナインティナイン、バナナマン、千鳥、後藤輝基(フットボールアワー)、川島明(麒麟)、山内健司(かまいたち)がMCを務めて、アシスタントとして女優高畑充希が出演し、爆笑問題等の人気芸人や豪華ゲストが登場しましたが視聴率は上がりませんでした。

内容は、厄払いの「人間大回転花火」、女優芳根京子出演のコメディードラマ「私立なりきり学園」、ナインティナイン岡村隆史がヘリコプターでスタント車両ごと落とし穴に落ちるなどの色々な企画がありました。

テレビ朝日系「ザワつく!大晦日一茂良純ちさ子の会」の視聴率

テレビ朝日系「ザワつく!大晦日一茂良純ちさ子の会」の平均世帯視聴率は、第1部(pm6時~8時)が12.1%、第2部(pm8時~11時)が9.3%と健闘しました。大晦日のゴールデン、プライム帯で民放1位の快挙を上げました。

番組担当者は「3度目の放送で、やっと視聴者の方に定着し始めたのかと思います」と喜んでいます。黒柳徹子と新庄剛志監督がスタジオに初参戦したのも視聴率に貢献しました。

フジテレビ系「RIZIN」の視聴率

フジテレビは格闘技イベント「RIZIN33」を生をまじえて中継しました。中継番組「RIZIN33」(pm6時~11時45分)の第3部(pm8時~11時)の平均世帯視聴率は7.4%であった。2020年の第3部の世帯平均視聴率7.3より0.1%ポイントがアップしました。

2021年の平均世帯視聴率は、第1部(pm6時~7時)が6.0%、第2部(pm7時~8時)が5.5%、第3部(pm8時~11時)7.4%、第4部(pm11時~11時45分)が4.3%でした。

今回の試合では、YouTuberの朝倉未来と前RIZINフェザー級王者の斎藤裕の試合が注目されました。試合結果は、朝倉が3-0で判定勝ちしました。

元サッカー日本代表FW三浦友良の次男三浦孝太と元ホストの格闘家・YUSHIの対戦は、三浦孝太がTKO勝ちした。

人気YouTuberの格闘家・シバターと元K-1王者・久保優太の試合は、シバターが勝利しました。シバターは試合後のインタビューで「ホッとしましたね。今年は家で年を越せないと思っていたので。病院の集中治療室で年を越すと思っていたので。勝てたのも嬉しいですが、大怪我がなかったのも凄い嬉しいです」と話しました。

シバターは更に格闘技に関して「来年は出ないです。自分の実力は自分が分かるから、3度目はないかな。大怪我するから出ないです。どうしても出て欲しいなら1億円で」と、これを最後にしたいと語りました。

榊原信行RIZIN CEOはシバターの出場料1億円の要求に対して「シバターも1億円くれと言ってましたけれど、今回の瞬間最高を含めてナンバーワン視聴率をとっていたら1億円出してもいいですけれどね。はい。そうでなければそこの価値がないと、そう思います」と視聴率によっては1億円を出してもよいと語っています。

スポンサーリンク

2021年大晦日の特別番組の視聴率のランキング

1位 NHK「第72回NHK紅白歌合戦」2部(pm9時~11時45分)34.3%
2位 テレビ朝日系「ザワつく!大晦日一茂良純ちさ子の会」
第1部(pm6時~8時)12.1%
3位 フジテレビ系「RIZIN」第3部(pm8時~11時)7.4%
4位 日本テレビ系「笑って年越したい!笑う大晦日」
前半(pm6時30分~9時)7.2%

スポンサーリンク

まとめ

今回は、2021年大晦日の各局の特別番組の視聴率について調べました。NHK紅白歌合戦、日本テレビが視聴率を落とし、テレビ朝日系が視聴率を上げたことが分かりました。

今後も楽しいテレビ番組が放送されることを期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました