ジョコビッチ全豪オープン出場の可否はいつ?出ないのか?帰国,強制送還か?

ニュース
画像出典:cnn.co.jp

2022年1月16日、オーストラリアの連邦裁判所は、男子テニスのノバク・ジョコビッチ選手が、オーストラリア政府からビザ取り消されたことを不服として申し立てた件で、政府のビザ取り消し決定を支持する判決を出しました。

ジョコビッチ選手は「豪州にとどまって、全豪オープンに参加することはできない」と声明を出しました。裁判所が詳しい内容に触れず「請求を退ける」との判断を下したのに対して、ジョコビッチ選手は失望したと語りながら、国外退去に協力する姿勢を示しています。

ジョコビッチ全豪OP出場の可否について調べました。

スポンサーリンク

ジョコビッチ全豪OP出場の可否はいつ?出ないのか?

ジョコビッチ選手は1月5日夜にオーストラリア・メルボルン空港に到着しました。ジョコビッチ選手は、オーストラリアへ外国人が入国する際に義務付けされた新型コロナワクチンを接種していませんでした。

ジョコビッチ選手は、医学上の接種免除対象に当たらないため、オーストラリアへの入国を許可される要件を満たしませんでした。オーストラリア政府はビザを取り消しました。ジョコビッチ選手が訴え、1月10日に一度は、オーストラリアの裁判所が、政府のビザ取り消し決定を無効にしました。ジョコビッチ選手は一度は入国が許可されました。

更に1月14日に、オーストラリアのホーク移民相が職権で、ジョコビッチ選手のビザを取り消しました。二度目のビザ取り消しを不服として、ジョコビッチ選手は裁判所へ再び訴えました。

1月16日の審理において、政府は「(ジョコビッチ選手が豪国内にとどまれば)ワクチン反対の感情が促される」ためとして、社会不安を起こさないため、ビザを取り消したと訴えました。

ジョコビッチ選手は審理で「ビザ取り消しによってワクチン反対派の感情に与える影響も考慮すべき」と主張しました。ジョコビッチ選手の主張は認められず、敗訴しました。

ジョコビッチ選手は判決に対して「裁判所の判決に非常に失望している。つまり、オーストラリアに滞在して全豪オープンに参加することはできない」とコメントしました。

ノバク・ジョコビッチは1987年5月22日生まれ、セルビア・ベオグラード出身、モナコ・モンテカルロ在住の男子プロテニス選手です。父親は元プロスキー選手で、ジョコビッチ選手は3人兄弟の長男です。弟のマルコとジョルジェもテニス選手です。

ジョコビッチ選手の嫁は1歳年上で、名前はエレナ・リスティッチです。エレナ・リスティッチさんはモナコ国際大学を卒業し、大手石油会社・TAMOILの人事部に勤め、モデル業もしていました。子供は2014年10月生まれの男子と2017年9月生まれの女子がいます。

ジョコビッチ選手は16歳でプロ入りし、2005年の全豪オープンがデビュー戦で、そのときは1回戦で完敗しました。
2008年の全豪オープンでフェデラーやツオンガを破り初優勝した。2011年の全豪オープンでフェデラーやマリーを破り二度目の優勝を果たしました。

2011年全豪オープン、ウインブルドン、全米の3冠を達成しました。2012年の全豪オープンで2連覇し、2013年に全豪オープンで3連覇した。
2015年、全豪オープン、ウインブルドン、全米の3冠を再度達成した。2016年の全豪オープンで優勝し、2019年全豪オープンで7度目の優勝を、2020年の全豪オープンで8度目の優勝を達成した。

2021年の全豪オープンで2度目の3連覇、9度目の大会制覇を果たした。

ジョコビッチ選手は、2022年の全豪オープンで4連覇と10度目の大会制覇を目指していましたが、ビザが無効になり大会出場が出来なくなった。

ジョコビッチ選手によるロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダルに並ぶ4大大会男子歴代最多優勝20の更新は、延期されました。

スポンサーリンク

帰国,強制送還か?

1月16日に、オーストラリアの裁判所は、ジョコビッチが要求していたビザ取り消しの撤回を退けました。3人の判事が全会一致であるため、上訴できず、判決は確定しました。

ジョコビッチ選手は裁判所の判断に対して「移民相のビザ取り消しという決定に対し、自分が裁判所に訴えた司法審査の申請が却下された判決、つまり自分がオーストラリアに滞在して全豪に参加することができないという判決には非常に失望している」と語りました。

ジョコビッチ選手は更に「裁判所の判決を尊重し、出国に関して関係当局に協力する」として帰国します。

ジョコビッチ選手は幼いころから幾つかのアレルギーを抱えていて、プロになりたての頃は試合の途中でリタイアが多かった。ジョコビッチ選手はグルテンアレルギーであることが分かり、食生活を見直して強くなりました。

ジョコビッチ選手はグルテンフリーの食生活によりトップ選手になったので現代医学より自然療法を信じています。ジョコビッチ選手はワクチンを含む現代医学を避け、ワクチンの義務化に異を唱え、ワクチンの効果に疑問を持っています。

スポンサーリンク

まとめ

今回はオーストラリア政府が、入国する外国人に義務化しているワクチン接種をしていないため、オーストラリアのビザを取り消されたジョコビッチ選手について調べました。

ジョコビッチ選手は、一度は入国を認められましたが、二度目のビザ取り消しで強制送還されることが分かりました。ジョコビッチ選手は全豪オープンへ出場できなくなりました。

ジョコビッチ選手の更なる活躍と今後の記録更新を祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました