トンガ頭痛とは何?地震津波と関係か?日本人にも悪影響が?問題あるか

ニュース

日本時間の1月15日午後1時10分頃、トンガの首都ヌクアロファから約65km離れた海底火山フンガトンガ・フンガハーパイが大噴火しました。人工衛星が撮影した画像では、噴煙は半径260kmと大きなものでした。

日本では15日夜から16日にかけて、鹿児島県奄美市で1.2m、岩手県久慈市で1.1mの津波を観測しました。8県で少なくとも約11万世帯に避難指示がでました。

2022年1月18日放送のフジテレビ系情報番組「バイキングMORE」の中で伊藤利尋アナウンサーが、15日のトンガ王国沖の大規模な海底火山の噴火によって生じた衝撃波により、15日の夜と17日の朝に日本全国で気圧の変化が認められたことを説明しました。

衝撃波により発生した気圧の変化によって頭痛を訴える多くの人がいました。伊藤アナはSNS上に上がっていた「トンガ頭痛というのかな、空振で揺れている気がします」「トンガ頭痛か。昨日の夜からずっと頭痛が続いていてなんか変だと思った」という声を読み上げて紹介しました。

トンガ頭痛とは何か、地震津波と関係あるのか調べました。

スポンサーリンク

トンガ頭痛とは何?地震津波と関係か?

「バイキングMORE」が紹介した「トンガ頭痛」は、トンガの海底火山の噴火により生じた衝撃波により気圧が変化し、気圧変化が原因で頭痛を感じることです。

全国紙記者が、トンガ頭痛の言葉を使うことに懸念を示しています。
全国紙記者は、新型コロナウイルスが発生した当初に、発生源から「武漢肺炎」と呼ぶ人が多くいたのが批判されたことを例に挙げて説明しています。

WHOは武漢への風評被害を起こさないため、新型コロナウイルスを特定地域に結びつけないように呼びかけました。WHOは特定地域に否定的なイメージを与えないように、感染症やウイルスに地名を用いないように勧告しています。

全国紙記者は、新型コロナウイルスの例を引き合いに出して「番組で無批判に“トンガ頭痛”という言葉を使うと、そうした流れを知らないと思われても仕方ありません。コロナウイルスの拡大もあったため、こうした命名に関する注意点は広く知られているものと思っていましたが……」とトンガ頭痛と言う言葉を使うのは不適切だと注意しています。

SNS上でも「トンガ頭痛」と呼ぶのに対して「トンガ頭痛なんて言って大丈夫なの? 差別を助長するんじゃない?」、「「トンガ頭痛」じゃない「気圧の変化による頭痛」です。トンガに住んでる人は頭痛どころの騒ぎじゃないってことをよく考えて」と火山噴火の犠牲になっているトンガの人を考えると不適切な言葉だと批判しています。

トンガ沖で海底火山が大噴火した影響で衝撃波が世界を駆け巡りました。今回の大噴火は、千年に一度の大噴火と言われ、今後2~3年間は気候にも影響すると言われます。

トンガの首都ヌクアロファから約65km離れた海底火山フンガトンガ・フンガハーパイが大噴火を起こし、噴火のさいの衝撃波が空気を振動させ、気圧を変化させて各地で地震津波が生じました。

海底ケーブルの破損のために通信ができなくなり、空港の滑走路は火山灰に覆われ航空機の発着が出来なくなっています。トンガでは雨水をためて飲料水にしていて、噴火による硫黄酸化物のため雨水が酸性になり飲み水に困っています。

被害の状況は、通信回線の遮断のため明らかになっていません。ニュージーランドヘラルド紙は、トンガ沖37kmの地点で海底ケーブルが損傷したと報じています。トンガの国際通信は、約830km離れたフィジーまでの海底ケーブルに頼っています。2019年に海底ケーブルが損傷したことがあり、その時は復旧に約2週間かかりました。

海底火山の大噴火時の衝撃波が気圧の変化をもたらし、各地に津波を発生させると同時に生物へも影響を与えています。

スポンサーリンク

日本人にも影響?

動物ジャーナリストが「噴火の衝撃波が日本に到達したと思われる時刻あたりで、急にキジが鳴いて騒ぎだしたとネットで報告する人が増えたことが話題になっています」「キジが気圧変動を察知して騒ぎだしたんです」と気圧変動によりキジが鳴いたと報告しました。

日本において気圧変動で頭痛になった人がいて、ネット上で「トンガ頭痛」という不適切な用語がトレンド入りしました。

外務省によると、トンガにはJICA関係者ら約40人の日本人がいます。在留日本人は、今のところ無事だと報告されている。周辺国の日本人に被害の報告はありません。

1991年にフィリッピンのピナトウボ火山が噴火したときは、噴出物が成層圏に漂い、太陽の光が遮断され世界的に気温が下がりました。記録的な冷夏になって日本の米が大凶作になり、タイ米を緊急輸入しました。

今回のトンガの海底火山の大噴火は規模が大きいですが、南半球で起きたのでフィリッピンの火山噴火のような事は考えられないと言われます。しかし、今後の影響については「現状ではまだ分からない。より詳しい解析が必要で、しばらく状況を注視する必要がある」とも話されます。大量の軽石による被害も考えられる。

スポンサーリンク

まとめ

今回はネット上で話題になり、「バイキングMORE」でも取り上げられた「トンガ頭痛」について調べました。トンガの人が被害に苦しんでいることを考えると、「トンガ頭痛」は不適切な言葉であることが分かりました。

トンガへ救援物資が届いて、迅速な復旧が進むことを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました