ロシアvsウクライナの日本への影響は?各国の対応は?戦争になるのか?

ニュース

2022年2月11日、ウクライナの隣国のベラルーシでロシア軍とベラルーシ軍の合同軍事演習が開始されました。

緊張が高まっているウクライナについて、外務省は「危険情報」の最高レベル4に上げて、滞在する日本人にウクライナから国外退避するように呼びかけました。ウクライナに在留する日本人は約150人いると言われています。

「危険情報」をレベル4に上げるのに際して、政府は総理大臣官邸の危機管理センターに、ウクライナ情勢に関する官邸連絡室を設置し情報収集しています。

2月12日、岸田文雄首相はウクライナ情勢に関し「国際的な緊張感が高まっており、予断を許さない状況にある。このため、在留邦人の退避を呼び掛けた」と説明しました。

ロシアvsウクライナの日本への影響を調べました。

ウクライナ侵攻停戦終戦休戦はいつ?ロシア軍撤退の可能性はある?
ロシア軍が4月17日から18日かけて、ウクライナの各地へ計315カ所のミサイル攻撃を行いました。 南東部マリウポリはロシア軍の支援を受ける親ロ派武装勢力により封鎖されています。 マリウポリの製鉄所で、ロシア軍とウクライナの軍およ...
プーチン失脚はもうすぐか?ロシア国内の情勢はどうなっている?大統領の味方か?
プーチン大統領はウクライナを短期間に侵略して、ゼレンスキー政権を打倒し、傀儡政権を樹立することを計画しています。しかし現段階では、ウクライナをロシアの属国にする試みは挫折しています。 ロシア軍とウクライナ軍の戦いが長期化するのに対して...
ウクライナvsロシア戦争長期化の見込みか?アメリカの支援はどこまで?
5月9日、ロシアで対ナチドイツ戦勝記念日に、プーチン大統領が演説しました。ロシアは戦闘を継続すると語りました。 ロシアがウクライナ東部2州の完全掌握を目指して侵略を続けています。欧米から武器の供与を受けているウクライナの抵抗があり、ロ...
経済制裁はロシアに効いているのか?効果出るまでどれだけかかる?
ロシアのウクライナ侵攻は、長期化する様相を示しています。ロシア軍は4月上旬に、ウクライナの首都キーウから撤退しましたが、4月中旬から再びキーウをミサイル攻撃しています。 ロシア軍はウクライナ東部へ戦力を集中させて、マリウポリを陥落させ...
中国のロシア経済支援はどこまで行うのか?習近平総書記の思惑とは?
2022年3月18日、バイデン大統領と習近平国家主席がテレビ会議で、ロシアによるウクライナ侵攻に関して協議しました。 バイデン大統領は習近平国家主席に対して、ロシアを軍事・経済面で支援した場合、どのような結果がもたらせるか警告しました...
ロシア入国禁止リスト誰が記載されている?該当の日本人は?何人?
5月4日、ロシア外務省が、岸田文雄首相、日本の閣僚、学者、メディ ア関係者などのロシアへの入国を無制限で禁止すると発表しました。 ロシアは、「(岸田政権が)中傷や脅迫を容認する前例のない反ロシアキャンペーンを繰り広げている」として日...
ロシア新興財閥オリガルヒ資産凍結の効果経済制裁は効いている?
ロシアのウクライナへの武力侵攻を終わらせるために、西欧各国はロシアの新興財閥「オリガルヒ」らの資産凍結を実施すると発表しています。 制裁対象のオリガルヒたちは、資産隠しをして資産凍結逃れをする動きを見せています。 ロシアのオリガ...
NATO首脳会議合意事項とは?ロシアに対しての制裁は?ウクライナ加入できるか?
2022年3月24日、NATO(北大西洋条約機構)の首脳会議がブリュッセルで開催され、ロシアに侵略されたウクライナへの支援およびロシアに対する経済制裁について協議しました。 24日にはG7、EUの首脳会議も行われ、いずれの会議にもウク...
プーチン大統領逃亡先は北朝鮮か?中国か?ウクライナ勝利の可能性
ロシアがウクライナへ侵攻してから1ヶ月半が経過しました。前線のロシア軍に十分な食料や弾薬が届かず、ロシア軍内に厭戦気分が広がっています。 ウクライナに投入された兵士の多くは20歳前後の若者でした。 演習だという上官の指示で赴いた...
プーチンvsゼレンスキー直接対決はある?停戦協定で顔合わせる可能性は?
ロシアにより武力侵攻を受けているウクライナのゼレンスキー大統領が、米国CNNテレビのインタビューで「プーチン露大統領との交渉なしでこの戦争を終わらせることはできない」と述べました。 ゼレンスキー大統領は「戦争を止めることができる可能性...
ウクライナはNATOやユーロに入れるのか?加入するとどうなる?ロシア不利加速か?
欧州連合(EU)加盟国は、ウクライナに対する武器などの軍装備品を提供するために5億ユーロ(約680億円)のEU資金の追加拠出に合意しました。 ロシア軍がウクライナ東部で侵略戦争を激化させることを計画しています。戦闘が長期化することが考...
ロシアウクライナ侵攻の現状は?首都キーウは守られているか?陥落せずか?
4月26日、ドイツ南西部のラムシュタイン米軍基地で、ウクライナへの軍事支援を協議する会合が行われ、ドイツが自走式対空砲ゲパルトを供与する意向を示しました。 4月27日、ロシアのプーチン大統領がウクライナ侵攻について「外部が介入するなら...
スポンサーリンク

ロシアvsウクライナの日本への影響は?

ウクライナのセルギー・コルスンスキー駐日大使は2月9日、日本記者クラブで記者会見し、日本はウクライナと同様にロシアとの領土問題を抱える国だと話しました。

コルスンスキー大使は「日本はウクライナから遠く離れているが、同じ国(ロシア)との領土問題を抱えている」と指摘し、更に「G7(主要7カ国)と協調し、政治的、経済的支援をいただきたい」と支援を求めました。

エマニュエル駐日米大使は2月7日、Twitterで「北方四島に対する日本の主権を(米国は)1950年代から認めている」と説明し、ウクライナ情勢と北方領土問題を重ねあわせて、ウクライナ問題への協力を日本に求めています。

日本政府は、ロシア軍がウクライナ侵攻した場合に実施する対露制裁について検討に入りました。日本は主要7カ国(G7)と足並みを揃えて対応する方針であると政府関係者が話しています。

政府は、ロシアのウクライナ侵攻の際に対露制裁でG7に協調して厳しい措置をとる理由は、台湾や尖閣諸島をめぐる中国による現状変更に反対するのをG7と共同歩調をとるためです。

1月21日、岸田文雄首相はバイデン米大統領とテレビ電話で会談し、ロシア軍によるウクライナ侵攻があった場合、「(ロシアの)いかなる攻撃にも強い行動を取ることを調整する」ことを確認しました。

2月11日、オーストラリアのメルボルンで、日本、米国、オーストラリア、インドの4カ国によるクアッド外相会議が行われました。林外相は会議終了後の共同記者会見でウクライナ情勢について「日本としては、ウクライナの主権および領土の一体性を一貫して支持してきており、引き続き国際社会と連携して適切に対応していきたい」と述べました。

外務省関係者は「制裁が領土交渉にどう影響するか、慎重に見極めなければならない」と話しています。ロシア軍のウクライナ侵攻により、停滞している領土交渉の解決が遠のく可能性があります。

ロシアのガルージン駐日大使は2月2日に日本外国特派員協会で記者会見し対露制裁は「逆効果となり、日ロ関係の前向きな雰囲気の醸成に資さない。日ロ関係に対する責任のある対応を心から期待する」と日本側をけん制しました。

次にウクライナ情勢に対する各国の対応について調べました。

スポンサーリンク

各国の対応は?戦争になるのか?

ロシアはウクライナとの国境に10万人以上の部隊を集結させ、更に隣国ベラルーシと10日間の大規模な軍事演習を開始しました。ロシア政府は、NATOに対して、これ以上東へ拡大しないこととウクライナがNATOに加盟しないことを求めています。

2月10日のテレビインタビューで、ジョー・バイデン米大統領が「アメリカ国民はただちに(ウクライナを)出るべきだ」と述べました。

更にバイデン米大統領は「テロ組織を相手にしているのとはわけが違う。世界最大級の軍隊が相手だ。状況は全く違うし、事態はたちまち制御不能になることもあり得る」と警告しました。

司会のレスター・ホルト氏がウクライナへ米軍を派遣するかと聞いたのに対し、バイデン大統領は、「そういうシナリオはない。アメリカとロシアがお互いに発砲し始めたりしたら、それは世界大戦だ」と答えました。

アメリカ政府高官は、ロシア軍のウクライナ侵攻が北京五輪期間中にもありうると語っています。

2月10日、モスクワを訪れたイギリスのトラス外相とロシアのラブロフ外相が会談しました。会談後、ロシアのラブロフ外相は「ロシアは誰も脅しておらずむしろ脅かされている。欧米側は明らかにロシアとのパワーバランスを崩すためにウクライナの大統領を利用している」と述べ、NATOの拡大は認めらないと従来の主張を繰り返しました。

イギリスのトラス外相は「ウクライナへの侵攻を試みる動きはロシアの国際的地位を著しく損ねている。ウクライナ国境に軍を集結させ威嚇するロシアの行為はウクライナ国民をロシアからさらに遠ざけている」とロシア軍の撤退を求めましたが、ロシアは拒否しました。

2月7日、フランスのマクロン大統領はモスクワを訪問しプーチン大統領と会談しました。フランスはウクライナの危機解決のため多くの取り組みを行っています。

2月8日、フランスのマクロン大統領はウクライナの首都キエフでゼレンスキー大統領と対ロシア危機について協議しました。マクロン大統領のロシアとウクライナの訪問では、ウクライナの対ロシア危機は解決されませんでした。

ドイツは「天然ガスなどエネルギーの輸入元としてロシアに強く頼っている」という理由から、ロシアに強く言えない立場にあります。

2月7日、米国を訪問したドイツのオラフ・ショルツ首相とバイデン米大統領が会見し、ウクライナ情勢への対応で結束することを確認しました。

2月11日、バイデン米大統領は、イギリス、フランス、ドイツ、EUやNATOの首脳と緊急の電話会談を行い、ウクライナの主権と領土保全の支持を表明し、外交による解決の方針を確認し、ロシアがウクライナ侵攻した場合の制裁について話し合いました。

ロシアがウクライナ侵攻した場合、米国を含む同盟国は経済制裁を行うことになります。ロシアが天然ガスの供給を停止することを想定して、同盟国間で天然ガスを融通するように調整中です。

ロシアのウクライナ侵攻どこまで行った?ゼレンスキーは降伏するのか?
ロシアがウクライナ侵攻してから3週間が経過し、戦火を逃れて国内外へ異動した人が1000万人に達し、総人口の2割以上になりました。 さらに1200万人以上のウクライナ人が、戦闘地域から逃れられず立ち往生していると推定されています。 ...
ウクライナキエフからキーウに変更の理由チェルノブイリは何?
外務省はウクライナの首都の呼称を、ロシア読みの「キエフ」からウクライナ語読みの「キーウ」へ変更することを正式に発表しました。 日本政府は、ロシアにより侵略を受けたウクライナとの連帯を示すため、行動の一環として首都の呼称をウクライナ読み...
キエフ総攻撃はいつ?ロシアはどこまで来ている?人道回廊終了後か?
ロシアがウクライナに軍事侵攻してから2週間経過しました。戦況は泥沼化し、両国代表が停戦交渉を行っていますが、合意には至っていません。 ウクライナの首都キエフへ、ロシア軍が迫っています。キエフを北西、西、東の3方向から包囲し、さらに北東...
ウクライナvsロシア停戦協定進展ありか?一時中断?双方の合意内容は?
2022年3月14日、ロシアとウクライナの停戦交渉がオンラインで行われました。 ウクライナ側の代表団のポドリャク大統領府長官顧問は「ロシアはいま、より的確に世界の状況を感じ取り、ウクライナ側の立場に理解を示しつつある」と停戦協議が解決...
停戦協定ロシアが求める条件とは?なぜNATO非加盟を求めるのか?
2022年3月12日、停戦交渉を担当するウクライナのポドリャク大統領府長官顧問は、3回目の交渉後もオンラインによる交渉が続いていると話しました。 ウクライナ側の停戦条件は、ロシア軍の撤退、ウクライナの安全を保証する和平協定と破壊された...
ロシア日本に侵略開始か?北海道北方領土の攻撃か?日本近海どこを通過?
夕刊フジは、最近の記事で、ロシアが北方領土の不法占拠を続け、更に北海道を武力侵略する危険性について指摘しています。 プーチン大統領は2018年12月のモスクワ人権評議会で演説し「アイヌ民族をロシアの先住民族に認...
ウクライナ情勢日本への影響は?巻き込まれの可能性?日本政府は支援するか?
ロシアのプーチン大統領は、ウクライナ東部の一部地域の独立を承認し軍の派遣を命令しました。ウクライナ東部は親ロシア武装勢力が占拠していて、プーチン大統領に支援を要請していました。 プーチン大統領は2014年のウクライナ東部紛争の和平条件...
ウクライナ人道回廊に地雷完了したらロシア本格侵略開始か?ロシアベラルーシ側に多い理由
2022年3月10日、ウクライナのゼレンスキー大統領は、各都市に設定された「人道回廊」を使って、2日間で10万人が避難したと話しました。 南東部の港湾都市マリウポリにおいて、ロシア軍が「人道回廊」を使って避難中の民間人を攻撃したと非難...
人道回廊とは?キエフをロシアはなぜ協定を侵し一般人攻撃をしたのか?
2022年3月8日、ロシアが武力で攻撃しているウクライナの一部都市において、初めて民間人を安全に非難させる「人道回廊」が始まりました。 3月7日に行われたロシアとウクライナの3回目の停戦交渉で、「人道回廊」の設置に合意してしましたが、...
ロシアへの経済制裁の内容は?欧米や各企業の制裁は?製品販売停止措置か
2022年2月24日、ウクライナへ武力侵攻したロシアに対して米欧諸国の経済制裁が本格的に始まっています。 ロシアの中央銀行の資産凍結に合わせて、国際的な決済ネットワークSWIFTからロシアの特定の銀行を排除する措置が行われます。 ...
ロシアがウクライナを侵攻する理由は?NATOとは?プーチンの思惑は?
2022年2月24日、ロシアがウクライナ侵攻を開始し、11の空港を含むウクライナ軍の80以上の施設を攻撃しました。 ロシア国防省のコナシェンコフ報道官は「軍事施設を対象にした攻撃であり、民間人に対する脅威はない」と主張しています。 ...
プーチン大統領が逃げたのは本当か?どこに逃げた?暗殺を恐れたか?
ロシア政治を専門に研究している筑波大の中村逸郎教授が読売テレビの「今田耕司のネタバレMTG」に出演し、ロシアのウクライナ侵攻の陰に、プーチン大統領の病気の影響があると話しました。 中村逸郎教授は「(ロシアのウクライナ侵攻について)プー...
SWIFT排除意味ロシアに対して何をする?政策制裁?日本が行う内容は?
2022年2月27日、米国とヨーロッパ各国は、国際的な決済ネットワークSWIFT(スウイフト)からロシアの特定の銀行を締め出す措置の実行に合意しました。 SWIFTはベルギーに本部がある国際銀行間通信協会(SWIFT)が運営する決済ネ...
プーチン暴走の理由は?精神状態がおかしいのは事実か?ロシア側の主張とは?
ウクライナへ侵攻して、高い警戒態勢への移行を命じ、核兵器の使用も辞さない意思を示しているロシアのプーチン大統領の精神状態を疑問視する声が上がっています。 米国上院情報特別委員会のルビオ上院議員は「本当はもっとお話ししたいが、今言えるの...
ロシアvsウクライナ停戦不可能か?第三次大戦核兵器導入は本当か?
2022年3月3日、ロシアとウクライナによる2回目の停戦協議がベラルーシ西部のブレスト州で行われました。 今回の協議では、2月28日の1回目の即時停戦のテーマに加え、民間人が非難するときの人道回廊の確保について協議されました。今後、人...
レンドリース法とは?アメリカのウクライナ支援の内容は?ロシアは負ける?
米国上院は2022年4月6日、第二次世界大戦で連合軍の勝利に貢献したレンドリース法(武器貸与法)の復活を全会一致で可決しました。 ウクライナのドミトロ・クレーバ外相は、米国上院におけるウクライナ民主化防衛のレンドリース法(武器貸与法)...
スポンサーリンク

まとめ

今回は、ロシアのウクライナ侵攻に対する日本や米国、ヨーロッパ諸国の対応について調べました。ロシアがウクライナ隣国のベラルーシで合同軍事演習を開始し、ウクライナ国境へ10万人規模の軍隊を集結させていて、ウクライナ侵攻の可能性があります。政府からウクライナ在住日本人に対して国外退避の勧告が出ています。

米国を筆頭にヨーロッパ各国がロシアへウクライナ侵攻しないように働きかけていますが、顕著な良い結果が出ていません。

ロシアがウクライナ侵攻を辞めて、領土問題が平和的に解決されることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました