ロシアへの経済制裁の内容は?欧米や各企業の制裁は?製品販売停止措置か

ニュース

2022年2月24日、ウクライナへ武力侵攻したロシアに対して米欧諸国の経済制裁が本格的に始まっています。

ロシアの中央銀行の資産凍結に合わせて、国際的な決済ネットワークSWIFTからロシアの特定の銀行を排除する措置が行われます。

ロシアへの経済制裁の内容と影響について調べました。

ロシアvsウクライナの日本への影響は?各国の対応は?戦争になるのか?
2022年2月11日、ウクライナの隣国のベラルーシでロシア軍とベラルーシ軍の合同軍事演習が開始されました。 緊張が高まっているウクライナについて、外務省は「危険情報」の最高レベル4に上げて、滞在する日本人にウクライナから国外退避するよ...
プーチン暴走の理由は?精神状態がおかしいのは事実か?ロシア側の主張とは?
ウクライナへ侵攻して、高い警戒態勢への移行を命じ、核兵器の使用も辞さない意思を示しているロシアのプーチン大統領の精神状態を疑問視する声が上がっています。 米国上院情報特別委員会のルビオ上院議員は「本当はもっとお話ししたいが、今言えるの...
中国のロシア経済支援はどこまで行うのか?習近平総書記の思惑とは?
2022年3月18日、バイデン大統領と習近平国家主席がテレビ会議で、ロシアによるウクライナ侵攻に関して協議しました。 バイデン大統領は習近平国家主席に対して、ロシアを軍事・経済面で支援した場合、どのような結果がもたらせるか警告しました...
ロシア新興財閥オリガルヒ資産凍結の効果経済制裁は効いている?
ロシアのウクライナへの武力侵攻を終わらせるために、西欧各国はロシアの新興財閥「オリガルヒ」らの資産凍結を実施すると発表しています。 制裁対象のオリガルヒたちは、資産隠しをして資産凍結逃れをする動きを見せています。 ロシアのオリガ...
NATO首脳会議合意事項とは?ロシアに対しての制裁は?ウクライナ加入できるか?
2022年3月24日、NATO(北大西洋条約機構)の首脳会議がブリュッセルで開催され、ロシアに侵略されたウクライナへの支援およびロシアに対する経済制裁について協議しました。 24日にはG7、EUの首脳会議も行われ、いずれの会議にもウク...
スポンサーリンク

ロシアへの経済制裁の内容は?

バイデン大統領は経済制裁について「制裁が彼(プーチン)を止められるとは言っていない。制裁が効果を発揮するには時間がかかるが、ロシアを弱体化させることにつながる」と述べています。

各国のロシアへの経済制裁の内容を説明します。

アメリカの経済制裁の内容

ロシアのウクライナへの軍事侵攻に対して、アメリカのバイデン大統領はロシアの金融機関との取引を制限し、経済制裁を実施しました。

ロシアの政府系銀行で最大の「ズベルバンク」と2位の「VTBバンク」を含む5行の大手金融機関に対して、ドル建ての取引制限、アメリカ国内の資産凍結などを行っています。

これらのロシアの大手金融機関は、ロシアの石油や天然ガス、鉱物などを生産する企業へ融資を行っているので、経済制裁によるロシア経済への打撃は大きい。

アメリカからロシアへのハイテク製品の輸出規制も実施します。

防衛や航空産業に使用される半導体やセンサーなどをロシアへ輸出しない措置で、ロシアのハイテク分野の輸入が50%以上減少します。

ヨーロッパの経済制裁の内容

EUのフォンデアライアン委員長は「プーチン大統領は力でヨーロッパの地図を書きかえようとしているが、かならず失敗するだろう」と述べ、強力な経済制裁により軍事侵攻を阻止したいとの考えを示しました。

英国のジョンソン首相は、すべてのロシアの銀行の資産の凍結を行う計画を示しています。貿易の規制も行い、通信機器や航空関連の部品などのロシアへの輸出を禁止します。資産の凍結や英国への渡航禁止、ロシアのエアロフロート航空の英国への発着を禁止します。

ドイツのショルツ首相は「ウクライナへの攻撃を受け、われわれはさらに徹底した制裁を科す。ロシア経済にとって痛烈な打撃となるだろう」と警告しました

日本の経済制裁の内容

ロシア政府による新規ソブリン債(国債、政府機関債など)の日本での発行・流通禁止、ウクライナ東部の親ロシア派支配組織「ドネツク人民共和国」「ルガンスク人民共和国」の議長・閣僚ら関係者24人の資産凍結、2地域との輸出入の禁止などを実施します。

ロシアに対するSWIFT制裁

欧米諸国は、ロシアの銀行をSWIFT(国際銀行間通信協会)から排除する「SWIFT制裁」を決定しました。

ロシアの7行の銀行を対象にすることにEUが合意しています。対象となるのはVTBバンク、VEBバンク、バンクロシア、オトクリティ銀行、ノビコムバンク、プロムスビャジバンク、ソブコムバンクです。

資産額でロシア第1位のズベルバンク、国営ガス会社系列のガスブロムバンクは対象から外れました。ガスなどのエネルギーの決済に支障が生じないように外されています。

ルーブルの暴落

「SWIFT制裁」とロシア中銀の外貨準備の凍結により、ルーブルに対する信頼性は低下し、ルーブル暴落が生じています。

2月24日、軍事侵攻が始まった日は、1ドル=80ルーブルでした。
日曜日に「SWIFT制裁」と中央銀行への制裁が発表され、翌日の28日には、1ドル=115ルーブル前後に、ルーブルが3割急落しました。

3月3日、アメリカの各付け会社「ムーディーズ」がロシアの長期国債の各付けを「B3」まで一気に6段階引き下げました。

「制裁によってロシアが債務返済能力を維持できない可能性が非常に高い」として、信用不安が起きかねない状況です。

ロシア人は自宅に米ドルを保管しています。ドルを預金していた多くの人は、銀行のATMに並んでいます。モスクワのATMに並んでいたアントンさんは「この先どうすればいいかわかりません。北朝鮮やイランのようになってしまうのではないかと不安です」と行っています。

欧米や各企業の制裁は?製品販売停止措置か欧米の政府の制裁とは別に、企業による制裁が行われています。

アップルがiphone輸出停止

3月1日、米アップルは、ロシアでの製品販売やアップルペイの提供を停止すると発表しました。アップルは声明文に「われわれはロシアのウクライナ侵攻を深く懸念しており、苦しんでいる(ウクライナの)すべての人々の味方だ」と書きました。

エクソンモービル

3月2日、天然ガス・原油採掘事業「サハリン1」の操業停止手続きを開始しました。ロシアでの新規投資は今後実施しないと発表しています。

自動車関連企業

ゼネラルモーターズ(GM)は、年間3000台輸出しているロシア事業を停止しました。

フォードは、商業用バンの生産と販売をしているロシア事業を停止しました。

テクノロジー分野

マイクロソフト、メタ(旧フェイスブック)、グーグル、アップルは、自社のプラットフォームなどからロシア政府が管理・運営しているアカウントやメディア、広告などを排除しました。デルはロシアでの製品販売を停止した。

金融分野

ビザ、マスターカード、アメリカン・エキスプレスは、自社ネットワークからロシアの金融機関との提携を停止または排除した。

モスクワで働くダリアさん(35)は、制裁の影響でアップルペイが使えなくなりました。アップルペイを使って地下鉄に乗れなくなりました。

以上の他にも、企業から制裁が発表されています。

プーチン失脚はもうすぐか?ロシア国内の情勢はどうなっている?大統領の味方か?
プーチン大統領はウクライナを短期間に侵略して、ゼレンスキー政権を打倒し、傀儡政権を樹立することを計画しています。しかし現段階では、ウクライナをロシアの属国にする試みは挫折しています。 ロシア軍とウクライナ軍の戦いが長期化するのに対して...
スポンサーリンク

まとめ

今回は、ウクライナへ武力侵攻したロシアへの、欧米や企業の制裁について調べました。

ロシアへの制裁により、ルーブルの価値が下落し、市民生活に影響を与えていることがわかりました。

ロシアの軍事力によるウクライナ侵攻が終わることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました