ロシア新興財閥オリガルヒ資産凍結の効果経済制裁は効いている?

ニュース
画像出典:yahoo.co.jp

ロシアのウクライナへの武力侵攻を終わらせるために、西欧各国はロシアの新興財閥「オリガルヒ」らの資産凍結を実施すると発表しています。

制裁対象のオリガルヒたちは、資産隠しをして資産凍結逃れをする動きを見せています。

ロシアのオリガルヒは、ソ連時代の社会主義的政治・経済体制から、資本主義体制へ移行する過程で形成され、プーチン大統領を支援しています。

オリガルヒの資産凍結がロシアの経済制裁に効果があるのか調べました。

ロシアvsウクライナの日本への影響は?各国の対応は?戦争になるのか?
2022年2月11日、ウクライナの隣国のベラルーシでロシア軍とベラルーシ軍の合同軍事演習が開始されました。 緊張が高まっているウクライナについて、外務省は「危険情報」の最高レベル4に上げて、滞在する日本人にウクライナから国外退避するよ...
ロシアへの経済制裁の内容は?欧米や各企業の制裁は?製品販売停止措置か
2022年2月24日、ウクライナへ武力侵攻したロシアに対して米欧諸国の経済制裁が本格的に始まっています。 ロシアの中央銀行の資産凍結に合わせて、国際的な決済ネットワークSWIFTからロシアの特定の銀行を排除する措置が行われます。 ...
スポンサーリンク

オリガルヒ資産凍結の効果経済制裁は効いている?

プーチン大統領による新興財閥オリガルヒの支配

プーチン大統領は就任したさいに政治的影響力を行使して、プーチン政権を批判する新興財閥を排除しました。

2000年6月に、全国ネットの民間テレビ局「NTV」(独立テレビ)を設立したオリガルヒのグシンスキーは、プーチン大統領に批判的立場を示しました。オリガルヒ排除の最初の標的になり、横領・詐欺容疑で逮捕された。

民間テレビ「NTV」は、2001年4月に天然ガス企業のガスブロムに買収されグシンスキーは失脚しまいた。

その後、プーチン政権は、「NTV」、ロシア公共テレビ(ORT)、ロシアテレビ(RTR)の全国三大ネットワークのメディアを掌握しました。

政権と新興財閥(オリガルヒ)が円卓会議を開き、プーチン大統領は、財閥が政治介入をしないように釘をさした。

2003年に、石油会社ユコスのホドルコフスキーが政権批判を強めました。さらに野党に資金援助したために圧力を加えました。

ホドルコフスキーは脱税で逮捕・起訴され、刑務所に収監されました。現在は、ロンドンで亡命生活を送っています。

2007年の世界金融危機で新興財閥は没落の危機に瀕しました。

プーチン大統領は、政府の資金で救済する新興財閥を選定しました。選定されたオリガルヒは、プーチン大統領の言いなりになりました。

2014年のクリミヤ危機でローテンベルグらプーチンの親友が経済制裁を受けました。

政府が経済的に補償して、プーチンの親友のオリガルヒを救済しました。

オリガルヒは、経済制裁があっても、今回もプーチン大統領により補償されることを期待しています。

オリガルヒで、プーチン大統領に戦争反対の意見を言える立場の人物はいません。

日本政府が17人のオルガルヒの資産凍結

2022年3月15日、日本政府は、プーチン大統領を支える17人のオルガルヒの資産凍結を発表しました。

17人のオリガルヒの中で、コヴァリチュクという名前が多く見られます。

全てが、すでに日本の経済制裁の対象になっていたユーリー・コヴァリチュクの親族です。

ユーリー・コヴァリチュクは、プーチン大統領がサンクトペテルブルグの副市長になったときからの友人です。

ユーリー・コヴァリチュクはロシア銀行の筆頭株主で、資産は1500億円と言われます。

ユーリーの妻・タチアナ、息子・ボリス、甥のキリルとその妻・キーラ、キリルの息子・ステパンのコヴァリチュク一族が新たに資産凍結の対象になりました。

一族を資産凍結の対象にして、親族間の名義変更により資産凍結を逃れるのを防ぎます。

モルディブに逃避したオリガルヒ

モルディブの近くに、アレクサンドル・アブラモフなどのオリガルヒの所有するスーパーヨットが集まっています。

インド洋にあるモルディブは、アメリカへの引き渡し条約が無いので、資産凍結などの制裁回避のために集まっています。

インド洋のセイシェル諸島には、オリガルヒのアレクセイ・モルダショフのスーパーヨットがいます。

オリガルヒが逃避すると、資産凍結の経済効果がでません。

オリガルヒのロマン・アブラモビッチが英サッカークラブの経営委託、

アブラモッチは、イングランド・プレミアリーグの強豪チェルシーの経営を慈善団体に委託すると発表しました。

ロシアのウクライナ侵攻に対する経済制裁として、英国政府が資産凍結する可能性がありました。資産凍結を回避するために慈善団体を利用しました。

オリガルヒを代表する人物のアブラモッチは「私は常にクラブの利益を第一に考えてきた。だからこそクラブの管理と運営を財団の評議員に託すことにした」と説明しました。

英国は100以上の個人・団体を資産凍結

英国のジョンソン首相は100以上の個人・団体の資産凍結を発表し「これまでに実行されたことのない最大限の制裁だ」と述べました。

プーチン大統領に近いオリガルヒのほか、国営軍需大手ロステックなども含まれる。

英国はアエロフロート・ロシア航空の英国着陸禁止、ハイテク製品の対ロ輸出禁止、英国内で事業を行うロシア系主要銀行の英国金融制度からの除外なども行っています。

米国がオリガルヒの資産の差し押さえ

米国は、プーチン大統領と結びついたオリガルヒの資産の割り出しと差し押さえを行う部署を設立しました。

バイデン大統領は「(不正蓄財による)ヨットや豪華マンション、プライベートジェットを探し出す」と宣言しました。

資産を割り出して差し押さえる部署は、省庁や法律部門をまたがり「クレプトキャプチャー(盗人捕獲)」と命名しました。

欧州の同盟諸国と連携して資産の差し押さえを進めます。

ガーランド司法長官は「ロシア政府による不正な戦争を手助けする者をあらゆる方法で捜査、逮捕、起訴する」と話しています。

ロシアのオリガルヒは、資産の特定と差し押さえを避けるため、資産の名義を変更させて見つからないように対策しています。

オリガルヒと各国政府の調査機関の間の知恵比べになっています。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、プーチン大統領を支えているロシアの新興財閥(オリガルヒ)について調べました。

西欧の各国政府は、オリガルヒの資産凍結のために調査を行っています。一部のオリガルヒは、資産凍結を避けるためにスーパーヨットに乗り、インド洋のモルディブへ逃げていることが分かりました。

オリガルヒと各国調査機関の知恵比べになっています。オリガルヒが抜け道を見つけて逃げると、経済制裁の効果はでません。

ロシアのウクライナ侵攻が、早期に収束することを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました